スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
初めてのフランス珍道中(2007.4.4 第二弾)

 予定よりかなり早くホテルに着いてしまった為(4時ごろ)、とりあえずでっかい荷物だけ部屋に置き、近くの町に観光に行く事に。

それに、チェックイン時に「今日はお客が少ないためホテルでのディナーが無い」との衝撃の事実を知らされ(ある程度お客さんがいないと作らないことになってるんだってー。へー、そーなんだ。へー…)いきなり見も知らぬフランスの片田舎の町で何も情報を持たないまま、夕食するレストランを探すハメに。


今日、夕飯食べられるのかなぁ…


という一抹の不安を家族それぞれが心の片隅に抱えながら、誰も声には出さずにホテル出発。

「大丈夫だ!こんな事もあろうかと途中のドライブインでレーズン入りマフィン買っといたから!」

という旦那の心強いような気がする言葉が虚しく車内に響いたが、誰も反応を返すものはなかったという…(笑)


 で。何はともあれはじめてのおフランスを楽しもうということで、沢山の古城が点在する事で有名な「ロアール地方」の町「トゥール」を見て歩きました!

 まずは町の中心にある大聖堂へ。ステンドグラスがとぉっても綺麗でびっくり。修復や増築を重ねたため色んな時代のゴシック建築が混在しているそうです。
トゥールスの大聖堂ステンドグラス1
ほら、綺麗でしょうvv

トゥールスの大聖堂パイプオルガン
ここのパイプオルガンもとても素晴らしいものでした。一度パイプオルガンの生演奏を聴いてみたいなあ…。

こういったゴシックな建造物は中世好き人間にはたまらないものがありますvうふふふふvv日本のお寺や建造物も落ち着いていて好きですが、海外の歴史的建造物はロマンを掻き立てられますね。

でもやっぱりここでも「後ろめたい気持ち」からは逃れられず。キリスト様、信者の皆様ゴメンナサイm(__)m


トゥールスの大聖堂 てっぺん
 大聖堂のちょっぺんです。カッコいい…vvちょっと雲が出ていましたが、基本的にはこの日一日よいお天気でしたv


 この後、お隣の美術館に入ったんですが「閉館まであと30分しかないわよ」と受付のおねーさん。仕方ないので綺麗なお庭を見て街中へと出ました。

 そしたらね、なんとまあ!!この街ってば結構都会だったんですよ!でかいファッションビルやデパートもあるし、歩いている人たちも皆お洒落さん!!そしてそして!ちょっと路地に入るとアチコチにアンティークショップがーーー!!


ぎゃー!♪


 と、小躍り。いそいそと入った一軒のイギリスアンティークショップでとぉっても可愛いバラ柄のエッグスタンドを見つけたんですが、値段聞いてビックリ。しょげ返って店を後にしました…ひーんo(;△;)o

 結局、沢山アンティークショップを見つけたものの私如きの手が届く品物は見つかりませんでした…がくーっ

 くそぅ。夏にはパリのクリニャンクールに行こうとお友達と計画してるからいいもん!ヴァンプにも行くもん!掘り出しモン見つけてやるんだもん!!ちっくしょー!!…そういえば「小梅太夫」って今もいるんですか?(笑)


 などと地団駄踏みつつ、お腹も減ったのでレストランへ。魚介料理フグやら肉料理ぶーぶーやら何でもありでしたが、私たちの席の担当になった兄ちゃん英語が殆どできない…。や、やばい…(゜д゜;)必死でフランス語と格闘すること十数分。なんとかオーダー成功!つ、疲れた…。料理の方は決して美味しいとは言えなかったんだけど(^^;でも、担当の兄ちゃんはじめ、お店のスタッフ皆とってもいい人達でした。一生懸命説明してくれたしね。

 「フランス人は有色人種に冷たい」なんて聞いてたけど、少なくともこの旅行中そういうことで嫌な思いをしたことは無かったです。言葉に関しても、とにかく最初の一言をフランス語で話しかけるようにしてたからかもしれないけど、よく噂に聞くような「フランスに来たらフランス語しゃべれ!」みたいな態度をとられる事はありませんでした。


 んでドイツ同様、夜8時を過ぎてもほの明るい状態の中、パン屋でクロワッサンなどを買ってお城に戻りました。(正しくは「ホテルに戻った」ですが、「お城に戻った」ってちょっと言ってみたかったオトメ心vうふふふふふ…←バカ)

 ホテルの部屋には当然テレビなんかもありません。窓の外見てもすぐ側のでっかい木とお馬さんの遊び場が見えるだけだし…。ボケーっとしてても仕方ないので明日のプランを練って早めに寝る事に。

 で、それぞれシャワーを浴びましたが前述の如く私は排水溝からあふれ出した大量の髪の毛と格闘する羽目になるし、旦那はお湯が出なくなってわざわざ欧州で行者の水ごりドクロ体験させられるしで大変でしたヽ(;´ω`)ノま、過ぎてみればコレもイイ思いでです。

 寝る時は最初私ら夫婦で一部屋、子供らで一部屋と割り当てたんですが(次女の提案)「お休み」を言ってしばらくした頃様子を見に行った旦那が「怖くて寝れないんだって…」(笑)やっぱりな…。つーわけで、結局私と次女、旦那と長女という組み合わせで初日の夜を過ごしました♪ピンクの「ロマンティックルーム」(オーナー言)のベッドはマットが何故か真ん中に落ち込んでいて寝ずらかったなあ…(^▽^;)

 

 さて。二日目はまた後ほど。

スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:2   trackback:0
[行ってきた♪(ドイツ国内&近隣)
comment
■無題
きゃ~素敵なホテル♪
お部屋もピンクでカワユイなぁ~vv
しかし、髪の毛逆流と旦那様の水ごりは大変だったね;風邪は大丈夫だった?
ゴシック様式の教会とステンドグラスも素敵♪
鳥肌モノよね!
アンティークショップはクリニャンクールでリベンジだね!
「小梅太夫」超ウケた。


2007/04/11 22:23 | | edit posted by まりも
■>まりもちゃん
 そうなのよー。雰囲気は良かったのよー。ただ使い勝手が悪かったの~(^^;「それが古城ホテルというものだ」と言われればそうなんだろうけどねえ…。値段の割りに…ってことで今一納得がいっていないワタクシでございます(;´▽`A``
 大聖堂はマジでステキでした!「ちょっと見てみようか」程度で入ったんですけどね。広くて荘厳でしたよv
 アンティークはクリニャンクールでリベンジ!!いい言葉だわ!がんばってお金貯めなきゃね!
「小梅太夫」…結構好きだったんですけどね。あのキモチ悪さが…(笑)


2007/04/12 00:15 | | edit posted by う~のすけ
comment posting














 

trackback URL
http://uunosuke.blog104.fc2.com/tb.php/96-39fd176a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。