スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
初めてのフランス珍道中(2007.4.4 第一弾)

 イースターでございます。「キリスト様の復活祭」です。ひと月ほど前から、街中「イースターウサギ」と「タマゴの飾り」だらけになっていましたが、本番はクリスマスと同様こちらのキリスト教徒の人々は各家庭で家族、またはお友達同士でおごそかに静かにお祝いするのが習慣のようですね。


 で、我が家はこの休暇を利用して初めての「おフランス」に行く事に致しました!!(どんどんどん!ぱふぱふー♪)←古っ

4泊5日の予定で移動は全てダーリンの運転する自家用車でございます。

 まずは初日の宿泊予定地までレッツらゴー♪なんたって休憩、食事含めて移動時間12時間。がんばれ旦那(・ω・)/

てなわけで、朝の7時に家を出て、アウトバーンをかっとばし途中オランダ、ベルギーを抜けて走り続ける事約3時間(途中休憩含む)。フランスに入りました。ドイツやベルギーではアウトバーンってタダですが、フランスではしっかり通行料金取られます。ううむ。おケチな…(;^_^Aとは言っても日本の高速料金に比べたら全っ然安いですけどね。

 基本的にヨーロッパって平原なので、フランスも例外ではなく、花のパリからちょっと離れれば、だだっ広い田園風景が遙か彼方まで続いてたりします。 地平の彼方まで続くその風景を一応デジカメで撮ったんですが、旅行の途中でメモリーカードの残量が無くなってしまったため、泣く泣く消去するハメに…。えーん(ノДT)その辺全部北海道平野のど真ん中…って言えば分かりやすいでしょうか(いいえ、分かりにくいです)

 んで。とりあえずフランスに入ったんだからということで、昼食を取るために入ったレストランではがんばってフランス語でオーダー!(つっても、ガイドブックに載ってる簡単な旅行会話ですが)あてづっぽうな発音の妖しげなフランス語大爆発させながら、なんとかミッション成功(笑)いやー、フランス語むずかしーわー(^▽^;)でも、そこで食したカルボナーラの美味かったことv普通のドライビングハウスのセルフレストランなのに…。さすが食の都フランス!!恐るべしフランス!!セ・ボーン!エクセレンツ!(煩)

 あ。そうそう。この旅行中、一度も料理の写真は撮れませんでした。何故か…?ふふふ…あまりにがっつきすぎて料理が運ばれてくると「写真」の事などすっかり忘れてあっという間に平らげてしまうからでした。アハハハハーだ!…えーん(T▽T)

 で。我が家の愛車に付いている、とんでもなくマニアックな道を案内するナビゲーションシステムの導きにより、凄まじい田舎道を通って今日明日と宿泊する「古城ホテル」に到着!


そう、古城ホテル!!


憧れの古城ホテール!!


日本にいた頃は憧れでしかなかった古城の


ホ・テール!!(煩)


 必死こいて良さげでかつ手頃な値段の古城ホテルをネットで見つけ、予約を入れてワクワクしてこの日を待っていました!!それがココです!!

ジャロンジェ城への道

でっかい古い門をくぐり、こんな道通って向かいます。イヤが応にも高まる期待!!

そして…。

ジャロンジェ城外観

どーん!!

 コレが我々が泊まった古城ホテルJ城です!!おおお、こうやって写真で見ると何だかすごくいい雰囲気ですね♪・・・え?「写真で見ると」ってことは実際はどうだったんだ?え?…えーっとぉ…あはははは。

 いや!雰囲気は良かったんですよ!静かだし!薄暗いし、部屋や廊下に置いてある調度品も「基本的には」古いものばかりで部屋にあるテーブルなんかちょっと体重かけると脚が折れそうになるし、ドアや床はすげー軋むし、トイレの鍵は閉まらないし、しかも旦那がシャワー浴びてる途中でお湯が出なくなっちゃったりしてねっ♪・・・・・・おおおおお(泣)

ジャロンジェ城部屋1
ほら、泊まったお部屋も写真で見るとめっちゃ綺麗・・・vちなみにフランスでは12歳以上は大人扱いされ「大人三人と子供一人」だと一部屋では人数オーバーになるそうで、二部屋取らされました・・・。

 でも、この上の写真の部屋には奥のドアの向こうに小部屋があって、そこに小さなベッドが二つ置いてありました。そのベッド使えば4人一部屋で泊まれたんじゃあ…ううう(せこっ)。
ジャロンジェ城部屋2
 こっちがもう一部屋のほう。こちらの部屋の方が好みでした。ドアもちょっとマトモだったし♪テーブルにうっかり手をついて壊しかけましたが…。ああ、ビックリした。奥のドアの向こうがバスルームです。何故かバスタブの排水溝が詰まっちゃってシャワーの途中で大量の髪の毛が逆流してくるという恐ろしい思いをしたこともいい想い出にしようと必死になりました♪(泣笑)

 

 とまあ、期待が大きかった分正直相当がっかりした初めての古城ホテル体験でしたが、オーナーさんご夫婦がとてもいい人達だったので、良しとします。また泊まりたいかと聞かれたら、首を横に振りますけどね…(^^;

ジャロンジェ城朝食

 コレが朝食を食べた部屋。クロワッサンと手作りのママレードが絶品でしたvママレードはお土産として買ってまいりました♪

でも全体的には非常に質素(クロワッサン数種と冷えたトースト、ジャム数種、パウンドケーキ一種、シリアル、ミルク、コーヒー、紅茶)で、これで一人12ユーロ(朝食代)は高いなあ…と思ってしまった…( ̄ー ̄;
ジャロンジェ城展示部屋
 朝食部屋のお隣にあった展示ルーム。私の大好きな古いアイアン製のアイロンが一杯!!
奥の窓際には古ーい鉄製の乳母車が。写真には写ってませんが、色んな年代のキャセロールも沢山並べてありました。

大きな暖炉に火が入ってて暖かかったです。
ジャロンジェ部屋の窓から
 部屋の窓から見えた風景。オーナーが飼ってると見られる馬が二頭、草を食んでました。

古城ホテルの紹介はこのくらい。観光はまた後ほどUPします~♪

 

スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:2   trackback:0
[行ってきた♪(ドイツ国内&近隣)
comment
■ええー!!
写真で見ると、とっても素敵なのに!
半分壊れてるなら、新しいの買って、
古いのは、私に頂戴♪って、言ってみたいです。
おもしろ旅行記、次も楽しみにしてまーす♪
あぁ・・フランス、行きたいo(;△;)o


2007/04/11 19:28 | | edit posted by hana
■>hanaさん
 でしょでしょ!?そーなんです。写真に撮るとすっごい綺麗に写るんです、このホテル!(笑)なので、HPの写真もこんな感じでした…。
 もともと、セカンドハンドで売りに出ていた城を今のオーナー夫妻が買い取って、コツコツと補修しながら営業しているようなので、仕方ないのですが…(^^;結構いいお値段したので、もうちょっと綺麗だったら良かったんだけどなあ…。
 珍道中まだまだ続きますのでお楽しみに~♪


2007/04/12 00:08 | | edit posted by う~のすけ
comment posting














 

trackback URL
http://uunosuke.blog104.fc2.com/tb.php/95-d2b92256
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。