スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
ウチがいったい何をした!?呪われし国スペイン旅行騒動記~グラナダ市内観光編~
グラナダ3日目。長女もどうにか復活を果たし、やっとみんなでグラナダ市内観光へと繰り出しました
今回の旅行中、ずーっとお天気には超恵まれました。この日も空は朝から快晴。
昼ごろには上着が要らないくらい暖かくなりました


さて、今回もまーたダラッダラと長いので、畳みます。
お時間のある方は、右下のMore…からどうぞ~。
ホテルのビュッフェで朝食をとった後、タクシーで向かったのは「カルトゥーハ修道院」。
市内から10分ほどです(片道10ユーロ程度)OPENとほぼ同時に入ったため、
観光客は殆どおらずゆっくり見て廻ることができました。でも、撮影禁止のため写真が撮れず…。
ゴテゴテとした過剰装飾が特徴のチェゲリラ様式と言う様式で建てられたこの教会内部は、
昨日観たアルハンブラとは対極にあるような雰囲気で、ある意味ちょっと異様でした。
イスラム教国の首都だったこの地でのキリスト教布教活動がいかに困難だったかを主張するように
壁にはイスラム教徒によって惨殺され、殉教していった修道士達を描いた絵画が沢山ありましたが、
頭に斧が突き立てられていたり、胸を槍で貫かれたまま悟ったような、呆けたような表情でたたずむ姿は
今の私達から見ると、かなり悪趣味なブラックジョーク画のようにも見えてしまい、
どう反応していいのか、密かに困ってしまった・・・

P1080731.jpg
これがカルトゥーハ修道院の外観です。私達が館内から出るのと入れ違いに
沢山の団体客が中に入っていきました。ああ、危なかった(笑)
で、地図を改めて見ると車と違い、徒歩なら中心部までまっすぐ歩いて戻れることに気付いたので、
ブラブラと歩いて行くことに。

P1080734.jpg
その途中で見かけたスペインのポスト君。見事なまでに黄色い…。ボディのマークが可愛いし
のんびり歩いて15分ほどで中心部に到着。それにしても犬のフンが多かったなあ…。
危うくイヤな運が付くトコでしたよ…
さて、市内に戻ってまず目指したのは、「サン・ヘロニモ教会」だったんですが、
その前にあった教会にもちょっと入ってみました。「サン・ラファエル」という教会です。

P1080742.jpg
うわ、ちょっ、まぶし…!金ぴかー。ものすごく豪奢な教会でした。
結構沢山人が入っていたので、それなりに名の知れた教会のようですが、
私達の持ってるガイドブックには載ってませんでした。祭壇前の椅子に座ってボエーっと見回していたら
、前に座ってたおばあちゃんがしきりに手招きしてる…。なぁに?と近づいたら前を指さしながらスペイン語で
一生懸命説明をしてくれるんですね。どうやら祭壇脇に設置された、
これまた金ぴかの古い時計の説明をしてくださっている様子。
私達がスペイン語を話せないと分かっているのか、いないのか、
とにかくスペイン語&身振り手振りで「あの時計はとても古いものだけど、
今でもちゃんと動くのよ。ほら、私のしている腕時計と同じ時刻を差しているでしょう?」(推測)
確かにとても古そうな時計でした。「グラシャス」とお礼を言ったら、おばあちゃんは嬉しそうに
ニコニコと笑って「アディオス」と手を振ってくれました。スペイン語がちゃんと分かれば
もっとお話もできたのになあ…。旅行に行くといつも思うんですよね。
「この国の言葉が理解できたら、きっともっと面白いだろうに」って。
まあもちろん言葉が分かることで、不愉快な思いをすることもありますが
そういったマイナス面も含めて、「面白い」体験をもっともっとしてみたいです

P1080747.jpg
こちらが「サン・ヘロニモ教会」内部。「サン・ラファエル教会」より質素なイメージでした。
人の数もこっちの方が少なかった記憶が。

P1080752.jpg
P1080767.jpg
このグラナダと言う町は、ホントにイスラムの国だったのかと思うくらい
教会が多かったです。(裏を返せばに、元がイスラム教国の首都だったからこそ、
それを塗り潰すかのごとく、沢山の教会を建てたのでしょうが…)
他にもいくつか教会に入り、王室礼拝堂にも入ったんですが、
撮り貯めた写真を見返しても、もはやどれがどれやら…←意味ねー。
後日ネット上の画像と照会しつつ、整理します…(いつになるやら)

P1080750.jpg
真昼間の街中で見た光景。道端にゴロリと死体・・・
じゃありませんのでご安心を(おい!)。
酔っ払いおじさん、と~っても気持ち良さそうに大いびきかいて寝てました。
このおじさんの前を通り過ぎる時に長女がぼそりと呟いた
「スペインは今日も平和です」の一言が妙にマッチしていて
思わず吹き出してしまいました(笑)

ホテル近くに戻った頃にはちょうどランチタイムとなったので
ホテルのすぐ側のレストラン街(と言ってもせまい小路ですが、
両脇にズラーっとバルやカフェやレストランが並んでました)
この時食べたスパニッシュレストランがとても美味しかったです!!!
今回は珍しくお料理の写真もちょこっと撮ってきてますが
後日「食べ物編」でまとめてご紹介しますので、お待ちくださいませ~

で、昼食の後はお祭り期間にもかかわらず、みやげ物店以外きっちりとシェスタに入る
この町の習慣に従って、私達もホテルに戻ってシェスタ。
ワタクシ普段はあまり昼寝ってしないんですが、この町ってば何故かやたら眠くなっちゃって
ガッツリ爆睡させていただきました~(笑)

そして、シェスタの時間が明けた午後4時過ぎ、再び外へ出てタクシーで向かったのは
アルバイシン地区。グラナダで一番古い地区で丘の上にあります。
白い壁の家が丘の斜面に張り付くように立ち並ぶこの地区は、車一台がやっと通れる程度の
細ーい路地を抜けていくんですが、とにかく観光客が多くて今にも人を轢いてしまいそうで
コワかった…
丘の上まで運んでもらったんですが、ソコにはもう既に沢山の人が!
この日もとってもお天気が良かったので、タンクトップや水着姿(!)の女性や、
上半身裸の男性も沢山いました…。すぐ脱ぎたがるその習性はどうにかしようか…

P1080773.jpg
丘の上から見える景色。アルハンブラを一望できます。晴れててよかったアルハンブラの左奥に見える雪をいただいた山々はシエラ・モレナ山脈です。綺麗でしたよ~

P1080781.jpg
快晴の青い空に、建物の白い壁が生えて綺麗ですね~。こんな風景の中で暮らしてみたいです

帰りはブラブラと歩いて丘を下り、中心街に戻った頃ちょうどお祭りが始まりました。
最終日とあって凄い人の数。せっかくなのでちょっと見てからホテルに戻ろうということで
しばらく人並みに揉まれながらがんばって見てましたが、このお祭りって確かにキリスト教徒にとっては
素敵な祭りなんだと思いますが、仏教徒(ほぼ無宗教者)にとってはまあその何と言うか…
イマイチよくわかんないっちゅーか、盛り上がらないっちゅーか…(罰当たり)。
てわけで、1時間くらいで飽きちゃったので、会場から退散。ちょうどレストランが開く時間に
なってたので、事前に見つけてあった店に直行して、夕ご飯を食べました~。
このお店も美味しかったんで、後日のレポをお楽しみに~

この日はこれでお終い。とても充実した一日でした。
アルハンブラを見られなかった長女も、満足した様子。体調もすっかり回復して
三食きちんと食べてました。良かった良かった

次回は「コルドバ観光編」です。
スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[スペイン旅行記~グラナダ&コルドバ編~]  thema:スペイン - genre:海外情報
comment
スペインレポ、面白いですe-266
何だか自分が観光に行っているみたい♪
アルバイシン地区ではゆんさんも脱ぎ脱ぎしてタンクトップになって、「ダイエットの成果見てみて~」とすればよかったのに~(笑)
抜けるような青空に白壁の建物、美しいですね~私もヨーロッパに観光に行きたいよー。スペインってお料理は美味しいのね??独身の頃行ったイタリアは料理が美味しかったけど、イギリスは激マズだったので。
スペインもいいなー♪
2010/04/13 09:03 | | edit posted by hana
>hanaさん
わーいv面白いですか?よかった~。
実はちょっとイマイチおっぺけ節が炸裂してない感があったんですが
そんなことないですか?(変なトコにこだわるヤツ)

ワタクシがタンクトップになると、せっかくの美しい観光地から人がいなくなってしまう危険性がありますので…(笑)第一、次女がすぐに寄ってきて、二の腕をスリスリと触りまくるので
暑苦しいんですよー<ぷよぷよしていて冷たいから気持ちいいんだそうです…くそぉう。

スペインでの食事。前回は食事に関してはもう悲惨でしたが、今回はまあまあ
いい感じでした。でも、ゆん家はスペインとはあまり相性がよくないらしく
今回も「ものすごく美味しい!!」と思えたのは一箇所だけだったなあ…。詳細は「食事編」をお楽しみに~♪
あ、イタリアは滅茶苦茶美味しかったですvさすが食の国。ほぼ「ボーノボーノv」でしたv
イギリスは…最近は美味しいお店も増えてきましたよ(^^特にイタリアンとフレンチに侮れないお店が増えてきている気がします。中華とインディアは以前から美味しかったとのコトで、ウチの近所にも美味しいお店があります。とはいえ、イギリス料理はやっぱりまっずいですけどね…(^^;
2010/04/13 22:43 | | edit posted by Yun*ゆん
ゆんさん

スペインレポート、よかったですー。
最近スペイン人のヒトと仲良くしていたりとか、
研修でスペイン人のオジサンがいたりとか、
なにかとご縁がありまして。。
そうそう、現在、伯母がアイスランド火山噴火でスペインに現在も足止めくらってたりとか。。。

全体的に、光の量が多いのでしょうか、写真がとってもきれいです!空の青、壁の白、あふれる太陽の光、そして装飾のキラキラ。。。カリフォルニアでも負けそうですわ。。。(笑)

しかし、教会の装飾はどこに行っても凝っていますよね。ついつい写真をたくさん撮ってしまってあとからなんだかわからなくなるという。。私だけじゃなかったのね、と安心しました。

お嬢さん達の体調はいかがでしょうか?もう回復しましたか?
2010/04/18 12:16 | | edit posted by tobosue
>tobosueさん
スペインレポ、読んでくださってありがとうございます~v
スペインの人って基本的にとても人懐っこくて、にこやかな感じですね。
ドイツやイギリスの人とは全然違うと言うか…面白いです(^^
アイスランドの火山噴火の余波はヨーロッパ各国どころか、世界中に広がってますね。
ヒースロー空港も全面閉鎖が続いていて、人はもちろん貨物などの輸送も
滞っている状態です。tobosueさんの伯母様がスペインで足止め中ですか!?
早く帰れるといいですね。

私達が滞在中はホントに天気が良かったので、綺麗な写真が沢山撮れましたv
空気も、光も空や海の色もイギリスとは全然違って、明るかった!!
グラナダの次に行ったコルドバもとてもいいところでしたv
今がんばってレポ書いていますので、また読んでやってくださいませ♪
おかげさまで、娘たちはもうすっかり元気です。
ノロウィルスはコワいですね。tobosueさんも気をつけてくださいね~。
2010/04/19 05:08 | | edit posted by Yun*ゆん
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。