スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
アイアンのハウスナンバー A38
先日、「小さなアンティークフェアに売り手として参加してみたい」
と書きましたが、おかげさまで実現する運びとなりました~
先週頭にいくつかの質問をメールで送ったんですが、なかなか返事が来なくて、
半ば諦めていたんですね。でも今日、返事が来まして!!
参加申し込みは電話のみとのことだったので、すぐに気合入れて電話したら
電話に出た方が「あら、メールをくれた人ね?」って察してくれて、
と~っても丁寧にゆっくりと説明してくれて、無事エントリー終了~~~!!
来たる5月2日の日曜日!!
「ぷちよろ庵」、イギリスのアンティークフェアにデヴューですー!!
あああ、どうしよう。何持ってけばいいかしら。
ドイツとかフランスとかスペインとかオランダとかで
買い付けたコ達でいいかしら~。あわあわあわあわ
なんかもー嬉しいのと「やっちゃった」ってのがごたまぜになってますが
エントリーしちまったモンは引き返せないので、玉砕覚悟でがんばってみます!(笑)

場所についてはまあちょっと内緒vってことにさせてください。(恥ずかしいし~)
ヒントは…Ruislipという町のどこか…です。うひょひょひょひょ・・・・

と、かなり舞い上がりつつ今日ご紹介するのはコチラ~。

P1080425.jpg
古いアイアン製のハウスナンバープレートです。
「A 38」と並べちゃいましたが、実際は多分「38 A」でしょうね。
経年による加工の剥げがありますが、それでも充分アジが出ていて素敵です
こういうアイアンや金属のフルモノって、渋くて苦みばしったような魅力が
あるんですよね!サビも剥げも歪みも全部アジになっちゃって、
好きな人間が見ると、もうたまりません。好きじゃない人から見たら
只のガラクタなんでしょうけどね~(ex ウチのダンナとかね)
このコはショップに出す予定です。あと少し眺めさせていただきますが…(笑)

ブログランキングに細々参加中~。
あと2ヶ月弱で英会話のスキルを上げなくちゃ!と
意気込みだけは素晴らしいワタクシに愛のポチを一つv↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ



スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[あんてぃーく]  thema:アンティーク大好き!! - genre:趣味・実用
comment
おーっ、とうとうアンティークフェアにデビューですか!
やっぱりイギリス以外で買って来たものの方が絶対に
売れると思います。出店報告が今から楽しみです~。

多分さ、このブログを読み逃げしているロンドン界隈に
在住の方って結構いると思うから、たくさん来るかもよ。
でも新しいお友達が出来るかもしれないしいいかも~。
2010/03/17 06:45 | | edit posted by みーちゃん
>みーちゃん
えへへー。まあ、フェアと言ってもホントに小さな会場でやってる
こじんまりした物なのだけど。
でも、その方があまり大仰に構えずにできるかなと…。
もちろん、出店するからにはきちんと準備して
しっかりやりますけどね。
最初だし、儲けようなんて思わず楽しみます♪
いや、儲かるんならその方がいいんだけどさ(笑)

いやー、どーだろう~。
会場もちょっと分かりにくいトコにあるし
おおっぴらに宣伝しているフェアじゃないので、
かなり積極的に捜さないと見つからないと思うんだけどな~(笑)
もしわざわざ来てくださる方がいたらそりゃもう嬉しいわぁv
多分テンパってて、何もおもてなしはできないと思いますが…(^^;
(目に見えるようだ)
新しいお友達かーvこっちのディーラーさんとかとお友達になれたらいいなあ~v
英語での会話もがんばりますよ!やっぱり失敗を恐れず話さないとね!
2010/03/17 07:06 | | edit posted by Yun*ゆん
イギリスでのフェアデビューおめでとうございます。
思わず、拍手をクリックしました。
とても貴重な経験ができそうですね。
「売る」のは、「買う」のより大変でしょうが、
売ってる方の話をきくと、自分がいいと思って
仕入れたものを、気に入って買ってくれるのが一番うれしい
そうです。
スペインやオランダでも仕入れたのですね。すごい!
近いうちにスペインにもいらっしゃるんですね。羨ましい。
大昔にマドリッドのナントカという蚤の市で買い物したのが
とても楽しかったことを想い出しました。
2010/03/17 14:04 | | edit posted by rumba
>rumbaさん
ありがとうございますvなんかかなり無謀な気もしますが
何事も経験ですし、せっかくのチャンスなので
がんばってみます!
実際に相手と向き合ってアンティークを売るのは初めてなので
(しかも英語!!)できるだけ、商品の説明は紙に書いて表示しておこうとか、
ちゃんと計算機持って行かなくちゃ!とか
対応策は万全にしておこうと思っています(^^;

ドイツにいた頃にフランスやオランダには蚤の市目当てで行きましたし、
スペインには旅行で行った時に偶然二箇所で蚤の市に遭遇し、
(ダンナと娘たちには「執念だ」と言われましたが)ちゃっかり
買い捲ってきました♪
 そんなに凄いものはありませんが、「面白い」と思ってもらえそうな
モノを中心に持っていこうかなと。

スペインはリベンジで(笑)理由は過去記事の「スペイン旅行記」を
読んでいただけばわかります~。(お時間のある時にでも読んでやってください)

マドリッドは実はまだ行ったことがないんですが、蚤の市あるんですね!
いいなあ、何をゲットされたのかしら。もし機会があったら
ブログで見せてくださ~いv
2010/03/17 18:03 | | edit posted by Yun*ゆん
デビュー!おめでごうとざいます
ゆんさん

す、すごいではありませんか、イギリスでアンティークフェア売り手デビューとは!

当日はきっと目立つから、人が寄ってきますよ~
各商品の簡単な説明をあらかじめ作ってカードにして張っておいたらどうでしょうかね?いつごろのものでどこで買ってどこが気に入ってる~みたいな、簡単なもの。わーってお客さん寄ってきたら一度に対応できないし♪(と、地球の裏側で、勝手に盛り上がっております♪)

「日本語、英語、ドイツ語対応可」
ってサイン出したらもっと寄ってくるかも~

私の少ないフリマ売り手経験から、ですが、
なぜかお客さんはわーっと一度に寄ってくるんですよね、客が客を呼ぶというか・・・・で、暇なときはモーレツ暇。。お客さんが聞きたいタイミングで情報を提供して疑問を解消するのがポイント、タイミングこそ重要、って思いました。価格はその次、かな、と。

5月2日だったらゴールデンウイークだし日本人観光客もねらい目ですよ~きっと。


すみません、なんだか、盛り上がりまくりのコメントでした。
(マーケティングなんで、つい職業病が出てしまった。。) v-133
2010/03/20 01:58 | | edit posted by tobosue
>tobosueさん
いやいやいや!そんなすっごいフェアじゃないんですよ~(^^;
観光客なんか絶対来ないし!てゆーか、場所的に来れないし(笑)
地元のアンティーク好きな人がこっそり集うような、そんなフェアなので
あまり売り上げも期待はしてません~。

でも、商品の説明とかはあらかじめカードに書いていこうとは思っていました~。
だって、イキナリ質問されても絶対テンパるもん(断言)

> 「日本語、英語、ドイツ語対応可」
墓穴です。墓穴(笑)全然対応できないから!
JARO呼ばれちゃうから!(イギリスにJAROは無い)
電子辞書片手にひたすらアワアワしているだけだと思います。あははー。

でも、タイミングこそ大事って言うのは確かにそうですよね!
ありがとうございます。チャンスを逃さないように、がんばりたいと思います!

> すみません、なんだか、盛り上がりまくりのコメントでした。
いえいえ、とても嬉しいコメントでしたvvvv
がんばりますので、応援してやってくださいvvv
2010/03/20 03:31 | | edit posted by ゆん
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。