スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
イギリスでおかき
 今日は久しぶりに食べ物話です。
 海外で暮らす日本人はたいてい、安くて美味しい「和」の味というものに飢えてると思います。少なくとも我が家は飢えまくりです(笑)。日本人の多く住む地域には和食レストランもあるし、ロンドンの中心には和菓子の専門店なんてのもありますが…高いんです。いや、ホントに
 だって、直径十センチ程度の白桃ゼリーが9ポンド(約1400円)ですよ!!一口サイズでも一つ3ポンド(約450円)ですよ~!ありえないでしょ。・・・え?高級和菓子なら日本でもソレくらいするゼリーはある?確かに。でもそれは「高級」で味もそれなりのものですよね?味がそれなりなら納得もしましょう。で~も~・・・はっきり言ってその白桃ゼリーってば舌触りも味も全然美味しくな(以下自己規制)
 とにかく。日本だったら「何じゃこりゃあ!!」ってちゃぶ台投げ飛ばしかねないようなシロモノでさえ、こちらではありがたがられてしまうという現状なわけです。
 更に度し難いのが「エセ和食」の横行。日本人じゃない「シェフ」が見よう見真似で作ったような「創作なんちゃって日本料理」(当たり前のように味は最悪)をさも「コレが和食でございます」といった顔で提供するレストランがあちこちにあるんですよ!(代表が「WAGAMAMA」っちゅー史上最悪の「エセ和食レストラン」です。ヒースロー空港にも堂々と支店がありますが、どんなにひもじかろうとあそこだけには入っちゃいけない。他にも「OKAWARI」など、いかにもといった名前の「エセ和食レストラン」があります。要するに西欧人にも「和」のイメージが伝わりやすく、お手軽感いっぱいの「いかにも」な店は要注意ということです。)味オンチで世界的に有名なイギリス人はその手の店で行列作ってますが。(コレがまた腹の立つ原因の一つなんだな)はっきり言ってそんな店で金払うくらいなら、油でギトギトの生臭いフィッシュアンドチップス食べてトイレに駆け込む方が何ぼかマシです(ソレもイヤだが)
 

 とまあ、前置きが長くなりましたが、とにかく日本以外の国で日本人以外の作った「和の食べ物」でまともなものを見つけるのはかなり難しいわけです。
 そんな中、かなりまともなモノを先日とあるフードショップ(チェーン店)で見つけました!
 

 ソレがコレŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢
P1050443.jpg
 
「マ~メ~お~か~き~」

(ドラえもん風にお願いします)


はい。ごく普通のマメおかきです。でもね、コレのすごいところは作ってるのが日本の会社じゃない(オランダの会社です)のに「普通に美味しい」というところなんです!!ちょーっとしょっぱいんですが、そんなの良いんです!だって、ちゃんとポリポリしてるんですよ!しけってないんですよ!すごいです!!
そんなの日本のおかき製造会社なら当たり前だって思うでしょ?でもね、こっちで作られたせんべいなんてね、たいてい食えたもんじゃないんですよ。袋開けたばかりなのになんとな~くしけってたり、しょうゆ味だろうがピリ辛味だろうが、味は果てしなく表面的で、二、三回噛み砕くとあっという間に無味になるんです。ええ、そりゃもういっそ潔いほどにさっぱりと!
 その点このおかきは合格です!リピートしております!
普通のスーパーなどでは取り扱っていないようなのが残念ですが、仕入れてるフードショップはチェーン店なので、そこに行けば買えます。(その店の名前をうっかり忘れてしまいました…。思い出したら追記します)値段はたしか1ポンド70くらいだったかな。日本食材店で日本から輸入した(安い)おかきの約4分の一ですよ!
 まあ、「和のお菓子」にこだわらなければ、それなりに美味しいお菓子はありますが、やっぱり日本人ですから、緑茶にせんべいは基本ですよね‚¿‚ȁô
スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:0  
[イギリス食事情
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。