スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
イタリア満喫旅行記 3 ☆ミラノはファッションだけじゃないんだね!☆
さて、去年のうちにゲットしたアンティークスたちはご紹介し終わってしまいましたので、今日から次の蚤の市まではイタリア旅行記をお楽しみください~(笑)

 えっと…どこまでご紹介したんでしたっけ…?最後の晩餐は…見た、と。あ、そっかそっか。その後からだ。

 「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」を後にして、ズンドコ向かったのはミラノ中心部にドスンと鎮座まします「大聖堂(ドゥオーモ)」でございます。この「ドゥオーモ」ってどういう風に表記するのか一瞬わかんなくなるんですが…。
あ、そんなこたどうでもいい。スイマセン。では早速。
ミラノドゥオーモ
 
どーも、ドゥオーモです。ちな♪






うひっ
 あ!ごめっ!!!ごめんなさい!!石を投げないでっ!岩もダメ!死んじゃうからっ!


ぷひー。新年早々くだらなすぎて、ヘソでお茶飲んじゃうようなオヤジギャグかましてスイマセンでした…。
 なにはともあれ、これがミラノのドゥオーモです。いまだに表記に一瞬迷います。ちょっと気を抜くと「ヅォーモ」とか「ドォーモ」とかタイプしそうになって…って、だからそんなこたどうでもイイと。早く中を見せろと。はい、スイマセン…。
ミラノドゥオーモ 中2
 ゴシック建築の大傑作と言われるこの聖堂は、14世紀後半に着工。完成は19世紀に入ってからという巨大なもので、その異様さを強調するかのように屋上に135本もの尖塔が立っています。
 何本もの巨大な柱に支えられた内部は、荘厳な雰囲気に包まれていて祭壇を取り巻くステンドグラスは見とれるほど綺麗でした。
ミラノドゥオーモ 中
 この日は残念ながら曇っていましたが、晴れた日にはきっと、このステンドグラスから差し込む光がドラマチックに聖堂内部を照らし出すんでしょうね…。ってなんで解説部分だけマトモな調子なんだろう・・・。
晴れてたら屋上に昇ってみたかったんですが、思い切り曇ってたので断念。ああ残念





スイマセン!スイマセン!スイマセン!!
もうしません!!約束します!
だから岩はやめよう!岩は!!うひっ


ミラノガレッリア
 てなわけで、ヅゥオーモ…あ、やっちゃった…ドゥオーモから出たんですが、ここでいきなり次女が「気持ち悪い」と言い出したため、ドゥオーモ前広場の右手にあるガレッリアでトイレを探そうとしたものの間に合わず持ってたビニール袋にリバース…顔でも、その後はケロッとしちゃって「お腹空いた」とか言い出す始末。結局お昼食べても全然平気だったので(一皿ぺろりと平らげた)「人酔いしたんだろう」ということに・・・。次女ね、あまり胃腸が強くないのに加えてちょっとした匂いとか人ごみとかが苦手。それにちょっとした体調不良なんかが重なっちゃうとすぐリバースしちゃうんですね…。ここしばらくはなかったので油断してました。でもま、この後はまったく問題なかったので良かったですが…
 
 
その後、ガレッリアからスカラ座を回り、(スカラ座は建物見ただけ)ちょっと迷いながらもどうにか「ブレラ絵画館(内部撮影禁止)」に到着したんですが、とっても見たかった「死せるキリスト」という絵がなぜか展示されてなくてがっかりでした~くぅ
 コレでミラノ観光は終わり。この後メトロに乗ってホテルまで戻り、夕飯は何故かダンナの強い希望によりガイドブックに載っていた「台湾レストラン」に行ったんですが、台湾料理というより中華料理なメニューで、しかも美味しくないというダブルパンチを受け、ちょっぴり虚しさ噛み締めながらホテルに戻って就寝いたしました…。jumee☆Feel Depressed4
 それにしても、ミラノというと、ファッションとビジネスの街、というイメージがありましたが、ちゃんと芸術方面も見所があって、なかなか楽しかったです(駅前をはじめとして街自体はモダンすぎて面白みに欠けますが)

 さて、次の日はいよいよローマに移動でございます!!
遺跡都市ローマ!
イタリアでもおっぺけなう~のすけ一家は古代のロマンに酔い痴れることができるのでしょうか!?
待て!次号!!
スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:0  
[イタリア旅行記]  thema:ヨーロッパ旅行記 - genre:旅行
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。