スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
理由
蚤の市戦果報告を…(その前にスイス旅行記は!?という突っ込みはナシでお願いします/笑)
と思ったんですが、ちょっとその前にコレはどうしても書いておきたいと思ったことがあったので…。

 今、娘たちが通っている学校では運動会の練習の真っ最中です。その練習の中で「笛(ホイッスル)」を使ってリズムをあわせる、というものがあったのですがある理由で「笛」の使用をやめることになりました。
 ご近所に住むご年配の方から「一生懸命練習しているのに申し訳ないんだけど、笛を使うのは止めてくれないか」という電話があったそうです。その理由とは…
 「私達のような高齢者は笛の音を聞くとどうしても反射的にヒトラーを思い出してしまって、とても辛い気持ちになってしまう」
 ということでした・・・。私は、近所からの電話で…と聞き「またうるさいからやめろとか文句が来たのか」と思ったんですが、娘から理由を聞いてなんとも言えない気持ちになってしまいました。
 平和な時代になっても、未だ残り続ける心の傷や、辛かった日々の記憶が日常のちょっとした出来事で呼び覚まされてしまうんですね。きっと私達戦争を知らない世代にとっては計り知れないくらい辛くて悲しいことなのだろうと思います。
 運動会の練習に使ったホイッスルの音が戦争と結び付いてしまう…。本当に複雑な気持ちです。
悲惨な過去をもう二度と繰り返してはいけない、と思うとともに、今こうして平和にのほほんと過ごしていられるのは、そんな辛い日々を送り、そしてソコから立ち直り這い上がってきた人生の先輩たちがいるからこそなんだと、改めて尊敬の念をも感じたわけです。
 子供たちとも話をしましたが、「こんな平和な時代なのに、そんな風に戦争を思い出しちゃうのは辛いだろうね…」としんみりしておりました。
 日本でも先日終戦記念日がありましたが、「知らないから」と眼をそむけず過去を振り返り事実を知り、反省し鎮魂を願うと共に、これから先また悲惨な歴史を作らないために、子供たちにもしっかり話をしていかなきゃいけないなと、改めて思ったのでした。

 今回はちょっと真面目な内容でした。
スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[これがドイツだーーー!!
comment
辛い話ですよね。でも、ドイツの戦争に対する教育や今尚ユダヤ人に対する対応はすごいと思います。それほど酷い世界だったんですよね。
日本の歴史でさえ、何が本当で何が嘘なのか分からなくなる時があります。自分自身もっと勉強しないといけないと思います。
授業でこの手の話題は、皆好きなことを言うし、自分自身も知識が不足していて意見をきちんと言えないのが辛いですもの。
2008/08/26 15:48 | | edit posted by rosearoma
「本当のこと」の大切さ
>rosearomaさん
 時が経つにつれて、戦争に対する感覚っていうのは変わってしまっても仕方が無いのかもしれないんですが、事実から眼をそらしたり、子供たちにウソを伝えていくことはしちゃいけないと思いますね。日本の戦後教育はそういう意味では決して正しいとは言い切れない部分がたくさんあると思っています。どちらか片方からの視点だけではなくて、色々な方向からの見方考え方、そしてきちんとした事実関係を含めて伝えていかなくちゃいけないんだろうと。
 私もまだまだ知識不足で、娘たちに突っ込まれても答えに詰まることも良くありますが、一緒に考えることが大切だなと思います。
2008/08/26 20:16 | | edit posted by う~のすけ
同感です
「戦争」「自然保護」などは本当にできるだけ多くの立場視点から考える必要がありますね。特に子供に教えるときは「自分はどう思うかも大切だけど、他の意見に耳を傾けることや自分が知らないこともたくさんあることをいつも覚えておくべき」と自分自身にも言い聞かせながら話さないといけないな、と思います。そうでないと、立場の違う人同士、必要もないのに憎み合うことになりますから。笛の件、「やめてほしい」と言ってきた方も勇気がいったことでしょう。子どもたちは笛の競技はできなくなっても、大切なことを学んだのではないでしょうか。
2008/08/26 20:57 | | edit posted by 温泉地のネコ
いろんなことを
>温泉地のネコさん
 ホントにそう思います。戦争も自然保護も、自分だけではなく世界中がつながっていることですから、当然立場が違えば意見も価値も変わってくるわけで…。
 皆が納得して丸く治める事はなかなか難しいことではあるけれど、それでもいがみ合うことなく、お互いを認め合うこと。それが結局は自分を含めた全てのためになるんだと子供達には話しています。
 今回の笛の件は、様々な意味で子供たちにも私達大人にも色んなことを考えさせてくれるものでした。特に海外で生活していると、良いことも悪いことも含めて、日本では得難い経験をしますね。私達大人ももちろんですが、子供達にはより強く、それらを出来るだけ吸収して生きる為のエネルギーにしてくれたら…と願ってたりします。

2008/08/26 22:42 | | edit posted by う〜のすけ
複雑ですね
私達のように戦争を体験していない者には
分からない事ってたくさんあるんでしょうね。
このお話を聞いて何とも複雑な気持ちになりました。
貴重な経験談をシェアしてくださってどうもありがとう。
2008/08/27 04:00 | | edit posted by みーちゃん
きっと
>みーちゃんさん
 そうですね、私達には想像することしかできませんが、私も子供の頃から、祖母の戦争経験をよく話してもらいました。
子供心に「怖い」と思いながら聞いていましたが、大きくなるにつれ、「きっとおばあちゃんはもっと怖かったんだろうな」とも思うようになりました。「話を聞いて考える」ということは、きっと大事なことだと思います。
 こちらこそ、コメントしてくださって嬉しく思っています。ありがとうございましたv
2008/08/27 04:24 | | edit posted by う~のすけ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。