スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
君はアルプスで「クララが立った!」と叫ぶことが出来るか!?~スイス&ちょこっとフランス旅行日記~その2
 え~、食洗機のおっちゃんにココロ奪われてたおかげで更新が滞っておりましたが(ウソだってば)、スイス旅行記第二弾でございます~。
 Bernの夜は、汗だくになるほど暑くて思わず窓開けて寝ました…。部屋にクーラー無いんです。ソース無しの肉も辛かったけど、30度近い気温の中、クーラー無しの部屋も辛かったです…ここはスイスじゃないのか。うおお。
 というわけで、朝目が覚めたら隣で旦那が腐乱してましたが容赦なく叩き起こし、ホテルでのビュッフェを食べて本日の目的地、「Montreux(モントルー)」へと出発~。
 Bernからは車で高速を1時間半くらいです。で、スイスって面白いことに同じ国の中でも、地方によって話す言語が違うんですが、道路標識もやっぱり違うんですね。
出発したBernあたりはドイツ語圏でしたので標識もドイツ語でしたが、Bernから少し西に走った辺りから、突如フランス語表記に変わるんです!
 例えば高速道路の出口。ドイツ語では「Ausgang(アウスガング)」ですが、フランス語圏に入ると「Sortie(ゾルティ)」に変わります。
 使う言語が地方によって違うのは知ってましたが、突然キッパリと(併記も無し)変わるのを見ると面白いなあと思ってしまいました。境目付近の町の人たちはどっちもしゃべれるのかしら…。凄いなあ…天然バイリンガル…うらやましい…(未確認です)
などと、言ってる間に到着したモントルーは、私達には別世界のセレブレティな街でした・・・。

モントルーせれぶー見てくださいよコレ!え?綺麗な湖だなあ…?そこじゃなーい!(え)このボートですよ!これプライヴェートボートなんですよ!どこぞのセレブな一家が水上スキーなんかしてるんですよ!!むがー!オノレ金持ちめ!これ見よがしに楽しみやがってー!!
 お願いだから私も乗せてください土下座(ソコかー!)


モントルーCasino旦那卑屈にねたむのはコレくらいにしまして…(笑)そもそもどうして、モントルーなのかというと…旦那の憧れの地だからであります。旦那も私と同様ハードロック、ヘヴィメタル大好きなのですが、「DeepPerple」というバンドの有名な曲「Smoke on the water」の舞台となっているのがこの街のこの「カジノ」なのでございます!1971年にこの街で開催されたフランク・ザッパと言うアーティストのライブで興奮しすぎたファンが、会場だったこのカジノに火を放ってしまい、全焼してしまいました。その出来事を曲にしたのが「Smoke on the water」なのです。旦那はその地に来たかったわけですね!ほらほら見てやってください、このおバカ写真(笑)

モントルー 「フレディくん」ちなみに、この湖のほとりには、かの有名な「Queen」の伝説のヴォーカリスト「フレディ・マーキュリー」の銅像も建っています。(モントルーが大好きだったそうです)
 来る前に、「彼と同じポーズで写真撮ろうよ」と言ってたのですが、各国からの(セレブな)観光客が沢山いる中、チキンな旦那は「恥ずかしくて」普通のオヤジとして写真におさまってました。ええい、このコンジョ無しめが。
 え?ワタクシ?もちろん私はしっかりこの前でフレディ君と(友達ですか)同じポーズで写真を撮りました。ええ、もちろん笑われましたとも。ほっといてください。

日本?のようなモントルーの風景このレマン湖を渡る遊覧船に乗りたかったんですが、なんと故障中で乗れず涙でもね、綺麗でした。ほんと~に綺麗でした。横の写真は端っこに写ったススキモドキのせいで中禅寺湖っぽく見えるけどレマン湖ですから。(笑)
「いつか、またここに来て、その時は必ずプライヴェートボートに乗って水上スキーで盛大にこけて笑いを取るんだ・・・!」 と余計な野望を固くココロに誓いながら、モントルーを後にしました。

 でもね、この街のマクドナルドでお昼食べた時、日本円で4000円(!!)という合計額に卒倒しかけた私達は、きっと現世でセレブにはなれない…っと思ったのでした(笑)
来世だ来世に賭けよう(賭けんでいい)

ニヨン ローマ遺跡モントルーから次に向かったのはジューネブに程近い「Nyon(ニヨン)」という街です。ここもホントに小さな街ですが、ローマ時代から建ってる石柱などが残っているというので見に行きました。左の写真がそれです。コレがある場所は古い城壁の側なんですが、ホントにただコレだけがポツンと建っています。背後は市民の集まる広場になっていて、実際この日も地元に住む人たちが沢山集まってて、生バンドの演奏に合わせてランバダ(懐!!)なんか踊っていました。私も飛び入りで参加したかったんですが、娘たちに強硬に反対されまして泣く泣く諦めました…おおうくぅでも、せっかく沢山人がいて楽しそうなのに、全く交流が無いのも寂しかったのでテントの飲み物売り場にジュース買いにいくフリして、地元のイケメンなおにーちゃんとちょっとお話しちゃった(笑)フランス語圏なのでジュースの注文は頑張ってフランス語で。でも、「暑いね」「そうだね。でもいい日だよね」っていう会話は英語でした(笑)
 広場の前方にはレマン湖と対岸のフランス領の小さな村が。更に奥にはモンブランの山々が・・・!残念ながら綺麗に撮れた写真が無くてお見せできないんですが、ホントにほんと~~に素晴らしい眺めで、思わず4人揃ってベンチで30分くらいボ~ッと景色を見ておりました…。

 ローマ博物館にも寄ったんですが、なんとこの日は月に一度の無料の日で入館料タダ!展示内容は特筆すべきものではありませんでしたが、ローマ時代の本当に小さなカメオ(直径1センチも無いくらい)などの装飾品類は圧巻でした。何であんな小さなものに彫刻が出来るんだ…!?

 Nyonを出た後は「Vevey(ヴヴェイ)」という湖のほとりの小さな街に。日本でも御馴染みネスレの本社があるということで「もしかしたらおいしいコーヒーの飲めるcaféがあったりするかもしれない」と期待して行ったものの結果は空振り…。その代わり湖のほとりに広がる公園で水着でくつろぐ大量の人々を見ることが出来ました(笑)
 それにしても暑かった…!この日の最高気温なんと30度。スイスで30度ってありえないでしょ…!?と思ったものの、寒いの苦手な私としては却って嬉しいくらいで音符でもえらい焼けました。日焼け止めしっかり塗っていったのに…。
 
 水着軍団とお別れし、Bernに戻ったのは午後6時くらい。ホテルのフロントのおねーさんに近所でオススメのレストランを紹介してもらって行ったんですが、なんと「ギリシャ料理」の店。
一瞬「あちゃー!」と思ったんですが、モノは試しということで勇気出して入店。地元の住宅地にある店なので日本人なんか当然いないし、英語メニューすらない!でもドイツ語メニューだったのと、マスターが気さくな人で英語もしゃべれる人だったので、説明してもらって注文。
 美味しかったよ~~~~!!ギリシャ料理って正直あまり美味しくないってイメージがあったんですが、すっごく美味しかったです!魚介も臭みが無くてプリプリだったし!
 「日本人が来たのは初めてだよ」と言ってたマスター、一見強面だけど笑うととっても優しい眼になる人でした~vやっぱり観光客相手の店よりこういう小さな地元の店に行くべきだと改めて思ったワタクシでしたsn2

 さあ、明日はBernを出てThunersee(トゥーン湖)の端っこにある「Spiez(シュピーツェ)」という街に。ここには3日間泊まるのですが、ガイドブックにもあまり出ていないようなちっちゃな街。これが吉と出たか凶と出たか…。
 それは次回のお楽しみでございます(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ←タイトルが長すぎる!と思った人もそうでない方もクリックプリーズ。ぽちっとなv
スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[スイス旅行記]  thema:ヨーロッパ旅行記 - genre:旅行
comment
スイス
「隣で旦那が腐乱」・・・・・ごめん、ここでまず爆笑。
いや~、スイスといえどもかなりの暑さでしたんですね。イメージでは青い空にアルプスの雪山、という感じでしたが、雪なんて溶けちゃってますよね、きっと。
う~のすけさんはドイツ語も、フランス語も英語も出来るんですね。すごいです。ヨーロッパに住んでいると、ちょっと行くと言語が変わってくるから大変だけど、でも実際に使える環境にいると語学力は進歩するっていいますもんね。
こっちはメキシコ人とか南米の子供たちも学校にはいるので、スペイン語やるのもいいかなぁ~。と思います。(いや、その前に英語マスターせねば。ね。^^;)
2008/08/20 04:02 | | edit posted by momo* (U.S.A.)
挨拶と数字だけ
>momo*さん
 禁止ワード事件ではご迷惑をおかけしました~(^^;懲りずにコメント入れてくれてありがとうございますvv
 旦那ね。暑さに弱いものですから、比較的しょっちゅう腐乱しかけてます(笑)かといって寒さに強いかというと…そうでもないのでうっとおしいです。
 とりあえず「旅行に行ったら現地の言葉でご挨拶」と「現地の蚤の市では現地の言葉で値切る!(笑)」をモットーにしてるので、挨拶と買い物基本用語と10までの数字だけは覚えるようにしてますが、ホントにそれだけでございます(^^;ドイツ語に関しては生活上ある程度覚えないと不自由なので必死で基礎中の基礎だけはどうにか覚えましたが(完全にではないけど)フランス語・スペイン語などの他言語はホンキで定型文の丸覚えです。応用なんて出来ません(^^;英語は怖いです(笑)
 とりあえず「通じりゃいい」の精神で頑張っております!相手にとっては迷惑でしょうが(笑)
2008/08/20 05:38 | | edit posted by う~のすけ
う~のすけちゃん こんばんは☆
スイスの首都がベルンなんて、知らなかった!
じゃ、どこって思ってたの?って聞かれても
チューリッヒかな?ジュネーブかな?どこかな~?
としか答えられないんだけど。
楽しい旅行記、Smoke on the waterを脳内BGMに、一気に読ませて頂きました^^
食洗機の修理のいかしたオジちゃんのお話も♪
スイスの気温だけじゃなくて、HOTな毎日をお過ごしだったのね。
中学生の頃QUEENに夢中な時期があったので、この銅像他人事とは思えない(><)
ドイツ語で生活できちゃう上に、フランス語でジュースのオーダーしたり
英語でお話したり、う~のすけちゃん、カッコ良すぎる☆
ホームスゥイートクラフトvol4 しっかり買っちゃった♪
知ってる人(=う~のすけちゃん)が掲載されるってワクワクでした♪

2008/08/20 21:13 | | edit posted by さくら
うひゃ~~~!
>さくらちゃん
 さくらちゃんも仲間だ~(笑)<スイスの首都勘違い
きっと中学校くらいで習ったんだろうケド、綺麗さっぱり忘れてました(笑)旅行記も楽しんでいただけたようで嬉しいですvまだ続きますのでお付き合いいただけたら更に嬉しい~v
 帰ってくるなり色々あって、ハラホレヒレハレな毎日ですがなんとか頑張っています~。
 いやもう、ホントにドイツ語もフランス語も英語もホンキで挨拶程度しか出来ないんですよ~ぅ(^^;注文たって「カトル ジュ ドランジュ シルブプレ」(オレンジジュース 4つ お願いします)って単語並べるだけだし(しかも注文前には電子辞書ガン見&完全カタカナ発音/笑)ドイツ語だってね、長い会話はできないんですから!こんなんで「しゃべれる」なんて言ったら語学学校の先生に首絞められますって(^^;
 ホームスィートクラフト、見てくださってありがとうございます~vヘッポコなりに頑張ったので、嬉しいです!(^^
2008/08/20 22:45 | | edit posted by う~のすけ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。