スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
恒例!~旅行蚤の市戦果報告 スイス&フランス~
 うふ(イキナリ)行ってまいりました、スイス!そしてフランスアルザス地方!旅の詳細は膨大な量の写真の整理をしてからゆっくりご紹介するとして、まずは恒例の(?)「旅行に行ったら蚤の市にも行かなきゃねご当地蚤の市戦果報告」でございます~~!!jumeejumeeドンドンドンパフパフパフ~
 今回、実は肝心の蚤の市自体には大幅に期待を裏切られちゃったんですが羔思わぬところで思わぬお宝に出会うことが出来ました!
 とりあえず、ちょっとがっかりだったスイスはベルンとフランスのアルザス地方の小さな町コルマールでの蚤の市の成果を…。
ベルン「ソープディッシュ」こちら、スイスの首都Bern(ワタクシ恥ずかしながらずっとスイスの首都はチューリッヒだと思い込んでおりました…)の蚤の市で出会ったコです。1930年代の陶器のソ-プディッシュ。一見ホーロー製に見えるんですが陶器です。こじんまりとした佇まいが妙に気に入ってしまいました。欠けもヒビも入っていないイイ状態のコです。水を張って小さな花を浮かべても可愛いかもしれません。


仏 ナイフで、このコはフランスアルザス地方のColmarという町の蚤の市で見つけました。ちょっとジョイント部分がぐらついているんですがブレード部分の柄が可愛らしかったし、このコをじっと見てたら売り主のおじ様が、イキナリ半額を提示してくれたのでお持ち帰り決定しました(笑)フランスのアルザスということで掘り出し物を期待していたんですが、蚤の市での戦利品はこれだけ…。でもね、でもね!ここはホントに小さな、でも素敵な町で是非もう一度行ってみたいと思わせてくれた素晴らしいトコロでした!詳細は後日、旅行記にて


 蚤の市での戦利品はホントにこれだけです…バカンスシーズンということが影響したのか、それとも普段からこんな感じなのかはわからないんですが、スイスBernの蚤の市は生活雑貨が中心で、ときどき見かけるブロカントやアンティークものはかなり値段が高く、手が出ませんでしたし、フランスのColmarの蚤の市は出店数わずか4つ(!!)という規模の小ささで、もうどうにもこうにも…

 で~も~…えへへ~。最初に書いたとおり、今回は思わぬトコロで思わぬお宝に出会うことが出来たので、ご紹介させていただきます~
 お時間ある方はお付き合いくださいまし

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ←ブログランキングに細々参加中~。たとえステキな出会いが無くても諦めちゃいけないアンティーク道!ウンウンと頷いてくださる方はどうかポチッと一つ(笑)



 え~、まずはスイスでの出会い~。
Bernの蚤の市での散々な結果にがっくり気落ちしてたワタクシですが、その日の夕方に観光に出かけた先からホテルに戻る途上でとんでもなく寂れたお店が目に留まり、その店先に出された品物から木工品の店だと思い込んで、ちょっと立ち寄ったのですが…。そこでなんともステキなお宝に出会うことが出来ました~~~!!浮かれるあまりうっかりお店の写真を撮り損ねてしまったことが悔やまれます…

スイス「ユーゲントスティール ランプシェード」1800年代後半から1900年代のアールヌーボー様式のランプシェードです。上部が少し欠けちゃってますが、フロストガラスに施された繊細なグラヴィールと柔らかく色づけされたガラスがたまりません~!ランプシェードとしてもステキですが、中にろうそくを入れてもきれいかも…。今度やってみます3写真クリックすると模様のUpが見れます。

スイス「シェード」このシェードもかなり古いものだと思います。指で弾くと「キィン」という澄んだ高い音が響きました。これは鉛の含有量が高いためだそうで、ガラス製のシェードなどの古さを図る目安になるとのことです。女性のフレアスカートを思わせる優美な形にやられちゃいました!!(笑)

スイス「茶色キャニ」お店の窓際に一つだけポツンと置かれていたフランス製のキャニスターです。ロゴがプリントなので、それほど古い時代のコではないと思いますが、柔らかな茶色のグラデーションといい、アタリの入り方といい見事にドツボでした。この先、どこかでこのコの仲間達に出会えたら嬉しいな~鐔


 さあ、続いてフランスでの出会いです。旅行最終日の朝、早くに起き出して、そそくさと事前にチェックしていた蚤の市会場に出かけたものの、何故かそこはガランとしてて蚤の市の「の」の字も無い…。(結局この後、蚤の市会場は見つかったんですが)
コルマール アンティークショップ「ここも空振りか~」とがっかりしてホテルに引き上げる途中で見つけたのがこのお店!(クリックで違う商品が見れます。)開店前だったので外から覗き込んでみたら、これがもう!私のツボ直球ど真ん中なコばっかりで、思わず一緒にいた旦那に「開店する10時までこの町にいさせて!!」と頼み込んでました(笑) で、開店と同時に飛び込んだお店で選びに選んだのがこのコ達です~Heart



仏サボンラック正真正銘フランス製のサボンラックです~~!!しかもホーローではなく陶器!!かわいいでしょ~!?写真をクリックすると内側の画像が見れます。欠け割れもなく、とてもいい状態です。このクリーム色に水色のロゴという組み合わせにトコトン弱いですね。見た瞬間お持ち帰り決定してました(笑)

仏 ホーローキャニ3個セットフランス製キャニスター3個セットです!このコ達もロゴがプリントなので年代的にはそれほど古くはなさそうですが、とても微妙で柔らかいリラ色に惹かれました!写真だときれいに再現できていないんですが、本当にステキな色なんですよ~!!


 このお店、他にも本当に沢山ステキな品物が溢れてました。カフェオレボウルも結構ありましたが今回は残念ながら「このコ!」と思える出会いは無し。有名な釜印の入った小皿やホウロウのポットなども沢山!でもね、さすがにアンティークショップだと値段もそれなりだったので沢山買うことはできず、グッと我慢の子でした…でもでも、もしまた行くことが出来たらしっかりお金握り締めて、またこのお店に買いに行くと思います!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ←ブログランキングに細々参加中~。アンティークとの出会いはホントに偶然の賜物よね!と同意してくださる方は、どうかポチッと一つ(笑)
スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[あんてぃーく]  thema:アンティーク - genre:趣味・実用
comment
きゃ~っ *^^*
今回もかわいい子達に巡り会いましたね~。
特にこのフランスのお店の画像にバキューンと
ハートを射止められましたよ~。いくらお金が
あっても足りなそうなこのお店、行ってみたい(><)
でも全財産使っちゃいそうでかなり危険。。。
2008/08/12 09:47 | | edit posted by みーちゃん
あた~り~♪
>みーちゃんさん
 はい~vおかげさまでアンティークの神様、スイスまで付いて来て下さったようです。一瞬ドイツでお留守番されてるのかと思いましたが…(笑)
 フランスのお店、ホントに素敵でしたよ!もう少しお値段が安ければ…でしたが、マダムも優しくて親切な人でしたv
 今度は是非大きな蚤の市にも行ってみたいものです(^^
2008/08/12 17:12 | | edit posted by う~のすけ
すごいなー相変わらずう~のすけさんは。
しっかり、お宝ゲットされてるじゃないですかー。
キャニスターのグラデーション奇麗ですねー。
何だかドイツでは見かけないような色合い&デザインです。
やっぱりフランスはオシャレなのかなー。今だフランスは一歩も行った事のない国なので頭の中が妄想でいっぱいです(笑)。

さあさあ、今度はドイツの蚤の市ですね。
蚤の市も冬に向い終盤戦に入りますよー。お互いまたお宝ゲットしましょうね!
2008/08/13 05:25 | | edit posted by m-sa
ドコでもお宝探し♪
>m-saさん
 えへへー、ホントにどこに行ってもお宝探して鵜の目鷹の目状態なので家族にも呆れられております(笑)
 フランスのキャニ達は、心なしか他の国のものよりちょっとお洒落でおすましさんな気がしますね(^^ドイツのコはがっしり真面目な感じ?
 フランスも最近のアンティークショップは日本のそれとお値段的に殆ど変わらないものも沢山あるようで、蚤の市でもやっぱりちょっと高いなと感じました。今回行ったコルマールはアルザス地方の田舎町(一応観光スポットですが)でしたが、やっぱり他の国の田舎のアンティークショップに比べるとちょっとお高めでしたよ(^^;でも、品揃えはさすがでしたv
 そうそう。そろそろ季節が変わるので、また掘り出し物が見つかる可能性の高い時期が来ますね!お互い頑張りましょう~vv
2008/08/13 16:20 | | edit posted by う~のすけ
ソープデッシュー良いわよ~素敵^^*
じ~と見つめて半額は最高です♪
どこに行ってもお宝探し楽しいですね^^
ポチっと☆
2008/08/13 23:07 | | edit posted by nanoseisei
フランスの紳士
>nanoseiseiさん
 ありがとうございますーvソープディッシュ、シンプルですが可愛いコです(^^バターナイフ、私が何も言わないのにイキナリ半額ですよ!口ひげのステキな紳士でしたv
 そうそ、ホントにドコ行っても目がアンティークを探していますvうっかり「Antik」(ドイツ語表記)の文字が目に入ろうものならもう一目散ですわ(笑)
2008/08/14 18:38 | | edit posted by う~のすけ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。