スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
じじちゃんばばちゃんとドイツ旅行!(その5~トリーヤでローマ遺跡を~)
 ロマンチック街道の旅を終えた翌日はちょろりと近所のスーパーに買い物に行き、ドイツのスーパーを体験してもらった後、家でノンビリしてました。rirakuma

 そしてそして、7/11はあいにく朝から雨模様でしたが、特急で約3時間ほどのところにある「トリーヤ」という国境近くの町に行ってきました~!jumeeネット予約したICE(特急)に地元の中央駅で無事乗り込みイザ出発。コンパートメント(個室)が取れてたのでとってもラクチンでした
モーゼル川 電車はライン河とモーゼル河に沿って走っているため、車窓からの景色はず~っとこんな感じ。でも、電車の移動に慣れてない為か飽きませんでした。川沿いには古い街が多いので、途中途中に現れる小さな街の佇まいを眺めているだけで面白いし、
ドイツの車窓から~トリーヤ途上~途中にはこんな雰囲気のある古い駅舎や、半分崩れかけたレンガ造りの家が残っていたりするわけです。ね?たまらんでしょ?(笑)写真には撮れなかったんですが、対岸の小高い丘の上などには、観光化されていない廃墟と化したような古いお城や物見台のようなものがポツンと建っていたりするん
モーゼル川ほとりの町です!廃墟ファンのワタクシとしてはむしろその廃墟に行ってみたい!!いいなあ、廃墟…ロマンだわ…うっとり…(トリップ中)はっ!し、失礼…!(笑)それにしてもこの水量の豊かな事。今年は特に雨が多いこともあって溢れちゃいそうですよね~。

 ちなみにこのモーゼル川沿い一帯は、ドイツの白ワイン「モーゼルワイン」の産地として有名です。コブレンツやリューデスハイムなど、ワインが大好きな方なら一度は聞いたコトのある地名ではないでしょうか?
 途中コブレンツでスイッチバックがあることを知らず、前後が逆になったことで「え!?何で引き返してるの!?まさかコブレンツで折り返し?え?え?」とかちょっとビビリながらも貸切状態のコンパートメントで柿ピーとかアラレせんべい詰め合わせとかバリボリ食べながら(笑)過ごすこと約3時間。本日の目的地「トリーヤ」に到着。
 このトリーヤという街にはローマ時代の遺跡「ポルタ・ニグラ(黒い門)」や、「カイザーテルメン(公衆浴場跡)」があります。
ポルタ・ニグラこのポルタ・ニグラはドイツ国内でも最も重要なローマ遺跡とされており、観光の目玉。私達は既に一度見に来ていますが、やっぱり何度見ても圧倒されます。(写真は以前に行った時のものです)

 見学後街の中心にあった地下のドイツ料理レストランでお昼ご飯を食べたんですが、味も量も無理なく食べれました。ずっと、しょっぱくて量の多いドイツ料理しか食べていなかった両親もちょっとホッとしたようです
お昼を食べて外に出ると、なんとざんざん降りの雨!!でもめげずに大聖堂へと向かいました~。
この大聖堂、私達も今回初めて。正直「大聖堂」と言ってもポルタ・ニグラの影に霞んであまり有名でもなかったので、それほど期待していなかったんですが…。

トリーヤ大聖堂ところがギッチョンさにあらず!!(古っ)見てください!この素晴らしさ!!この天井の装飾は絵ではありません!全て彫られているんです。深い深い紺に白。まるでカメオのようで本当に綺麗でした。

パイプオルガンこれ、パイプオルガンですよ。どうですか、この威容!(て、別に私が造ったわけじゃ…)写真だとイマイチよく分かりませんが、ものすごい大きいんです。色々パイプオルガンも見てきましたが、こんなワケ分からない装飾(ド失礼)の施されたものは初めてです。長女曰く
 「下から見ると昆虫みたいでキモチワルイ…」
・・・ううむ。そう言われればそう見えなくも…ない?(笑)この大聖堂、私的にはポルタ・ニグラよりもツボでした。旦那も連れて、もう一度行きたいです


 この後「リープフラウエン教会」という小さな教会にも行ったんですが、ここは地元に根付いた素朴な教会でした。でも入り口がものっそい分かりづらくてグルグルしてしまった…
 この日は結局一日中雨でしたが、雨にぬれた遺跡や街や川沿いの森の木々なども風情があってステキでした。帰りの電車もコンパートメントが取れていたのでラクチンだったし、両親もドイツの自然や古い遺跡を見れて満足してくれた…と思います!jumee




スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:0  
[ドイツらいふ
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。