スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
今更なんですが…プラハの春は素敵でした♪~その1~
ぎゃー!!うっかりUPし忘れておりました!2008年5月のプラハ旅行記!!しかもまだ途中までしか書いてない!!(最低)すっかりタイミングを逸してしまった感ありありですが、とりあえず第一弾を本日UPします~(^^;


5/1~5/3までプラハに家族旅行をしてきました!プラハなんて、日本にいるときは名前くらいは知ってたけど、正直ヨーロッパのどの辺にあるのかもよく分かっていなかったですよ(笑)
 でも、ドイツに来てからやたらと「プラハっていいよ」という言葉を聞く様になり、しかもアンティークの宝庫!と知ったらもう行きたくてたまらなくなっちゃいまして…(単純)
 で、とうとう行ってきました。春にプラハって最高なんだそうです♪本当は毎年この時期に行われる「プラハ音楽祭」に合わせて行きたかったんですが、それでなくても凄い観光客の数が更に凄くなると聞いて、あっさり断念。「プラハの春」には少し早い、早春のプラハ旅行記、お時間のある方はお付き合いください~ちな♪

*また例の如くダラダラと長いので、興味とお時間に余裕のある方だけお付き合いください(笑)
 5/1、ケルン・ボン空港から一路飛行機でチェコのプラハ空港へと向かいました。飛行機での旅行は個人的にはあまり好きじゃないんですが、前回のスペイン旅行で密かに「車より楽だ」と味をしめたらしい旦那に押し切られました…。実際、ケルン・ボンからプラハまでたったの1時間。小型のエアバスで、しかもちょっと気流が荒れていたので、娘らはちょっと酔ってしまいましたが確かに車で延々と走るよりは楽でしたニコッ(でも、飛行機は時間的に拘束されるのでやっぱり好きじゃないです…)
 空港からホテルまではホテルの送迎サービスを利用。(なんとタダでした!)今回は初めてレジデンス(アパートメントタイプ)のホテルをネットで予約したんですが、チェックインはなんと市のインフォメーションセンター!(笑)でも、スタッフはとても優しくてすごく印象が良かったですちな♪
で、いきなり「ご予約いただいたホテルが水道の故障で修理中なので、別のホテルにお泊りいただけますか?」とのこと…。一瞬「うわ、やられた」と思ったんですが、行ってみたらなんと、予約していたホテルより豪華でした。広さは1.5倍だし、しかも料金そのまま。超絶ラッキー! jumee☆yippee3Ljumee☆yippee3R(スタッフのみなさん、疑ってごめんなさい)ほらほら、見てくださいよ!凄いんですよ!(はしゃぐはしゃぐ)

プラハホテルドアこれ玄関のドアです。3メートル近くあるんじゃないかと…。ほら、よく映画なんかで出て来るリッチな方が泊まるホテルの部屋の入り口みたいな…!(表現がチープだ)入り口から既に大騒ぎなボンビーう~のすけ一家でございます(笑)そして、中がまた広い広い!!

プラハのホテル部屋こちら、リビングでございます!この写真だと分かりませんが、広さは約20畳くらいか…!?いや、もっとかも。天井もこれでもかってくらい高いし。大型テレビにコンポ、ソファセットにでっかいダイニングテーブルも完備でございました。いやはや広すぎて声反響しまくり(笑)

プラハホテルムハ絵寝室とバスルームが二つずつ付いてまして、こちらも広くてリッチ感いっぱいキラキラ(オレンジ)左の写真は片方の寝室にかかっていたムハ(ミュシャ)の絵でございます。これ、喉から手が出るほどこっそり持って帰りたかったんですが、ドイツから来た日本人がドロボウを働くのはイカンと思いまして、やめときました(笑)

 キッチンとバスルームの写真ははしゃぎすぎるあまり撮影し損ねております。貧乏人はこれだからイヤだわ~(笑)
さて、豪華なお部屋に大満足したう~のすけ一家は、早速市内観光に出かけました~。今回はスペインの二の舞を避けるべく、きちんと下調べをしておりますよ~ふふふ
 まずは腹ごしらえということで、選んでおいた「市民会館」の1階にあるcaféに行ってお昼ごはんを食べました。いや~、美味しかった!コーヒーは薄めでアメリカンな感じでしたが、お料理はとっても美味しかったです(^^ここでは、ケーキも食べたんですがこれがまたものすごく美味しかった!!
チョコレートケーキは味わいが深くてコクがあるし、フランボワーズタルトはフレッシュで甘さ控えめでなんとも優しい甘さでした。ドイツのボソボソとした大味ケーキを食べなれてしまった身には、衝撃的な美味しさでしたよ!ここはホントにオススメです~sn2
 
火薬塔さて、お腹もいっぱいになったところで市内観光開始~。まずは、市民会館脇にある「火薬塔」へ。画面奥に聳え立っているのがそうです。かつては宮廷の門でしたが、17世紀には火薬庫として使われたのでこの名が付いたのだとか。1458年から1836年までの長きにわたり、歴代の王たちはここを起点にプラハ城まで戴冠パレードを行ったそうです。(この道は「王の道」と呼ばれ、今でも残っています)


次に向かったのが街の中心部分にある旧市街広場です。ここには見所が沢山!

旧市庁舎矢印これは「旧市庁舎」。横の壁には「スグラフィット」というボヘミア独特の壁面装飾と↓複雑な仕掛けのある「天文時計」があります。旧市庁舎壁
天文時計矢印これが「天文時計」です。これを見に行った時、ちょうど4時になるところだったので、仕掛けを見ようと集まった人たちでいっぱいでした。で、私達もワクワクしながら最前列に陣取り待ってたのですが、イザ動き出した仕掛けというのが上のほうの窓が開いてその中に12使徒が順番に現れては消えていくというものだった為、あまりに時計台に近すぎた私達には、ソレを見ることが出来ませんでした…。どうりでみんな後ろの方に溜まってたわけだ…ぶーこの写真は翌日改めて撮ったものです。


ティーン教会こちらは「ティーン教会」です。もちろん中にも入ったのですが、内部は撮影禁止だったため、旧市庁舎の上の展望台からの写真を。プラハの可愛らしい町並みの中に凛とそびえる姿はなかなか素敵でしたはーと2こ2こ


プラハ城遠景そして、今回の旅行中1,2を争う写真がコレ!!展望台から見たプラハ城です。ど~ですか!ちょ~っと画面が暗いですが、なんか「ジブリ」作品に出てきそうな風景じゃありませんか?!とろろお城の上に浮かぶ雲がいい感じでしょ~!?雲が!!(そこ?)



 ・・・・・・と、とりあえず今日はここまで…。あまりに記憶が飛んでいるので、のだめ式催眠療法で強制的に思い出しながら、近日中に続きを書いてUpします~焦る3
うわー、やばい!マジで色々忘れてるー!!!
記憶、カムバーーーック!!
スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:0  
[プラハ旅行記]  thema:ヨーロッパ旅行記 - genre:旅行
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。