スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
アンティークシルバーのバターナイフ
バターナイフドイツ語学校のそばの古物屋さんで、出逢った子です。いつものようにショーウィンドウを覗き込んだら、ちょこんと並んでました。ホールマークを確認したらちゃんとイギリスはシェフィールド製のスターリングシルバーだということが判明。何年製かがまだ分かりません。それほど古いものではなさそうだけど持ち手のシンプルなリボン柄が可愛いsn2その古物屋さんはシルバーは専門外で、詳しいことは分からないらしいので近々別のアンティークショップのマダムのところに持って行って、鑑定してもらうつもりです。とんでもない偽者だったらどうしよう…(笑)

 それにしても、そのマダムのアンティークショップ、連れて行ったお友達みんな何かしら気に入って買っちゃう羽目に(笑)羽目とは言ってもマダムが強引に勧めるわけでも私が店の回し者であるわけでもないので(笑)誰にも罪はないのだけど。
 アンティークシルバーのモノってステンレスとは違う、どことなくしっとりと艶っぽいような輝きがたまらないですねはーと2こ2こもう何度も書いていますが、アンティークとの出会いは一期一会。手に取った時「しっくり」感があったら、よほど予算とかけ離れていない限り出来るだけ我が家に来てもらうようにしています。だって、そうしないと本当に後で後悔するんだもの…。パリのヴァンプで初めてそれを思い知った時の後悔と悔しさは未だに忘れませんよ…!くぅ
スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:2  
[あんてぃーく]  thema:アンティーク - genre:趣味・実用
comment
そうそう
私も旅先での出会いは、予算内であれば必ず買うようにしています。
「また今度…」が絶対にないわけですもんね。
旅に限らず、Flohmarktでもそれを感じております。
先日、Flohmarktで見かけた手芸用の糸、すごく古めかしくてかわいかったのに「糸なんか使わへんか…」と思って買わなかったのですが、今、思えば糸なんて高くないのにどうして買わなかったんだろう?と、とても後悔しております。
出会いは大切です!笑
シルバーは、よくFlohmarktで出ていますが、かわいいのがたくさんありますよね。
レストラン経営でもするんかい!ってくらいに、集めてしまいそうなので我慢してます(笑)
2008/02/19 18:07 | | edit posted by うさこ
真相
>うさこさん
 特に旅先での出会いって本当にもうそれで最後ですものね。
でも私の場合、使えるものより飾っておくだけのものに魅力を感じてしまうので、ふと冷静になると「これでいいのか?本当に」と思うこともよくあったりします(^^;
 そう!糸とかの小物って結構悩みどころですよね!私も手芸用小物とか台所用品で「使わないけど可愛い」ものに惹かれつつ、買わずに帰って結局後悔の嵐…ってよくありますよ。
 シルバー…うん。本当にコレは難しいです。今日それを思い知ったのですが、ちょっとまだ心の傷が開きっぱなしなので、もうチョットしてからご報告しようかなと…(TTあああああ、未熟者だ~~~!!
2008/02/20 01:07 | | edit posted by う~のすけ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。