スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
スペインって凄い国だ…~その2~
前回までのあらすじ(笑)
 2007年12月26日午後ドイツからトラブル続きで約8時間、憧れの国スペインはセビーリャに無事たどり着いたう~のすけ一家。スペイン特有の空気と暖かさに誘われてセビーリャの街中探索へと出かけていきましたが…!?

 ホテルの外に出たのはすでに4時過ぎ、カテドラルもアルカサルももうすぐ閉館してしまう時間でしたjumee☆Feel Depressed4でもまあ、とりあえずどこに何があるかを把握しておこうとウロウロすることに。
 んで、まず驚いたのが街路樹がオレンジの樹で、しかもオレンジがモリモリ生ってることでした(笑)だってこんなんですよ!絵文字名を入力してください噂には聞いていましたけど…びっくり。
セビーリャ街中オレンジ

拡大写真↓
セビーリャ街中オレンジUP

で、時々こんなものが落ちてます。
食べてる・・・
・・・・食べとる(笑)
 と、軽くジャブを喰らいつつ(笑)観光の目玉アルカサルやカテドラルのある中心部へ。
それにしても、この時期この時間ドイツはすでに薄闇ですが、さすがスペイン昼間のような明るさです。しかもコートの前をはだけて歩いても平気なくらい暖かいんですよ!ビバ南国。
そんな陽気の中テクテク歩いていると、突然アルカサルの「ライオンの門」が!!アップロードファイル
・・・・・・ぎゃーーー!!アルカサルだーーーー!!
一瞬目の前に現れたものが何か分からず沈黙。直後、思わず絶叫しそうになりました(笑)

アルカサル正門これですよ!これこれこれ!!長いことあこがれ続け、でも実際に見ることは叶わないだろうと思っていた「アルカサル」が目の前に!!おおおおおお!漫画(青池保子作「アルカサル-王城-」 秋田書店)に出てくる風景そのまんまだ~!本当に来ちゃったんだ~~!!!娘たちもさぞかし興奮しているだろうと思ったんですが、「ほらほら!!アルカサルだよ!ライオンの門だよ!!ドンさん(ドン・ペドロ1世)が作ったお城だよ!!」と大はしゃぎする母を非常に冷静になだめすかしてくれました・・・。オノレ今どきのお子様sめ…。
でも、非常に残念なことに、すでに閉館時間が迫っていたため中に入ることは出来ず…(係員は仕事終了間際の入場者を無情にも手で払って追い返してました。スペイン人は就業時間きっちりしか仕事しないって本当だったんだ…)でもまあ、おかげで観光客のいない門の写真を撮ることが出来ましたちな♪きっと、ドンさんが生きていた頃もこんな色の空が広がっていたんだろうなあ…。
 その後、周辺を歩き回ってカテドラルの位置なども確認し、喉が渇いたのでスタバ(・・・)で一休み。
セビーリャ夜の街
6時半過ぎ。ようやく暗くなった街の様子です。でも、人の姿はこれからどんどん増え始めます。小さな子供たちも親に連れられてかなり夜遅くまで出歩いていました。ドイツではあまり見ない光景にちょっとびっくり。

夜のカテドラル暗闇の中、ライトアップされたカテドラルです。手前の街頭がちょっと邪魔ですが、キレイでしょう?

 この後、さすがに疲れたしお腹も空いたのでどこかで食事をしてホテルに帰ろうという事になりました。ところが!!レストランは8時過ぎないと開店しないらしく、軽食を出すカフェも8時までは食事の提供はしないとのこと!半ば唖然としつつ、仕方なくホテルに戻りホテルのレストランで夕食をとりました。・・・・が、凄まじく高い値段とはどう考えても釣り合わない味にがっかり。部屋に戻ると色んな意味で一気に疲れが襲ってきましたが、頑張ってお風呂に入り、明日に期待をかけながらベッドに入りました・・・。
 続く・・・。絵文字名を入力してください
スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[スペイン旅行記~セビーリャ&バルセロナ編~]  thema:スペイン - genre:旅行
comment
お城
いや~、飛行機の搭乗、乗り継ぎハラハラドキドキしましたね~。
でも荷物がなくなったとかそんなんじゃなくて良かったわ。。。ほっ。
あこがれのアルカサルだったんですね。感動が伝わってきました。あのヨーロッパのお城って、ほんとおとぎ話の絵本や、漫画に出てきたそのまんまで、実際に観ると感動しますね。
私はこのお城の形を見ると「ドラクエ」を思い出します。^^;)
2008/01/06 11:16 | | edit posted by momo*
うらやましい~
懐かしさに胸が苦しくなりました。
街の匂いや陽の光、暖かさまで思い出されます。
札幌では雪が積もっていたのに、あのアンダルシアの暖かさときたら…!
アルカサルは王様の時代にも同じようにあの場所にあったんですよねぇ。通行人のほとんどいない早朝に、無人のライオンの門あたりをウロウロして当時に思いをはせていましたよー←不審人物
私が行った頃にはオレンジの実はたたき落とされ、踏みつぶされて街中がオレンジの香りで満ちていました。…たぶん自然落下の危険性があったので事前に落としていたんでしょうね(笑
2008/01/06 12:28 | | edit posted by くみぞう
時を越えて
>momo*さん
 荷物は無くならなかったんですけどね~。体力と気力が無くなっちゃいました(笑)でも、憧れのアルカサルが見れたおかげで大分復活!思い入れが深い分、感動もひとしおでした!
 ヨーロッパの城見るとドラクエ思い出す…確かに!(笑)

>くみぞうさん
 そう、スペインはとても暖かくて、南国のにおいに包まれてましたよ。遙か昔から不動でそこにあったお城を見ながら、王様もきっとこうして青い空の下で自分のお城を見上げただろうとか思いながら感慨に浸っていました。ファンならすることは同じですね!(^^
 オレンジ、ものっすごい勢いで生っておりました。たわわを通り越してモリモリでした(笑)このオレンジに関してはこの次の記事でまた書いておりますので、お楽しみに!♪
2008/01/06 23:07 | | edit posted by う~のすけ
こんばんは☆う~のすけちゃん♪
スペインのお城かっこいい!!スペイン広場も素適!!
アルカサルは堅牢ってか、堅固ってか
青池保子の描く世界そのまんま!!
中世ヨーロッパの香りがプンプン匂ってきますねー
実際に見ることができたなんて
う~のすけちゃん、How lucky you are!!ですよ(><)
私も時々、きれいな空を見上げる時
昔の人も同じ夕日や同じ青空見ていたんだなって
シミジミ思いを馳せたりします。
う~のすけちゃんが立ったその場所に、ドン・ペドロも立ったかも!
なんてロマンティックなの~
2008/01/08 20:10 | | edit posted by さくら
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。