スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
パリ~蚤の市&バーゲン買い漁りツアー~その3
 今日はドイツに戻る日です。パリにさよならしなきゃいけない日です! か、哀しい…っ!
 でも!でも私達に悲しんでいる時間は無いのです・・・!! この日もとっとと早起きし、目指すは北の地、アンティークファンの聖地クリニャンクールッックールッールッ!!(エコー)
クリニャンクールのお店1


週末限定の蚤の市ヴァンヴと違って様々なアンティーク商品を扱うお店がひしめき合うこの地区は、多種多様な人種が住む地域でもあるため、ちょっと治安が悪いと聞いていました。私達自身は怖い目には遭いませんでしたが、信号のポール部分が見事にひしゃげちゃった交差点で信号待ちしていたところ、目の前で当たり屋と思われる車による追突事故を目撃!ビックリしました…マジですか
 
 で、「クリニャンクール」という地域は一つのアンティーク街ですが、扱う商品によってそれぞれまとまった地区を形成しています。私達の目指す「VERNAISON(ヴェルネゾン)」という地区は、小さなお店が沢山集まっている三角地帯です。雑貨から家具、リネンまでお店の種類が幅広く、比較的お手頃な品物が多かったので初心者向けと言えるかもしれません。
 さて、行き方です。メトロ4号線の終点、Porte de Clignancourt駅から出て、大きな道路沿いにまっすぐ歩いて行くと、土産物屋通りがあります。このあたりはちょっと怪しげな人も多いので、充分気をつけてください。出来るだけキョロキョロオドオドしないで、逆に顔を上げて堂々とパリの住民の様な顔をして歩く方が付け入られなくていいかもしれないですね。何か声をかけられても「ノン」とすげなく答えて歩き続けましょう。とにかく、荷物にだけは気をつけてください。出来るだけ斜めがけのバック(口がしっかり閉まるもの)がいいですよ。リュックサックは絶対避けてください。(どうしても、な場合は取られてもいいようなものだけ入れておくこと)で、土産物通りがちょっと途切れたあたりの左側の路地が「VERNAISON(ヴェルネゾン)」の入り口です。(本当はもっとわかりやすい入り口があるようなのですが、私たちは見つけられませんでした顔
 路地に入るとそこはもう目くるめくアンティークの世界です。買う気満々でイザ突入!! 
 私たちが到着したのは午前9時半頃でしたが、この時点では開いているお店は全体の半分くらいでした。どうも、店主によって開店時間、閉店時間はバラバラのようですね。でも、11時くらいにはほぼ全てのお店が開店していたと思います。
 気をつけないといけないのは、この「VERNAISON(ヴェルネゾン)」、三角地帯で何本もの小さな路地が入り組んでいるので、余程方向感覚のしっかりした人じゃないと「あっというまに」迷うということです顔幸い私達の中に、凄く方向感覚の良い人がいたので今回は迷わずに済みました。次に一人で来た時が怖いなあ…(^^;
 
 ここは私にとっては本当にお宝の山、極楽浄土でしたキラキラあまりの極楽浄土ぶりに、またしても写真を撮り損ねましたが。(ド阿呆)
 そこで半分昇天しかけながらゲットしたものたちがこちらですはーと2こ2こ 茶色ホーローキャニスター&椅子キャニスターの下の椅子。店主の素敵なおばあちゃまが「1920年代に作られた、一寸した作業用の椅子だったのよ」と教えてくれました。しっかりとした作りです。半円形の座面が可愛く、木の柔らかい色もとても気に入りました。ドイツから来た日本人だよ、と言ったらとても驚いて、何故か凄く値引きをしてくれました。はーと

ホーロータブ1900年代のもの。アンティーク家具屋さんの建屋の脇の棚の下から見つけ出しました(笑)店主の上品なおば様も笑いながら説明してくれて、「貴女の根性を見習わなきゃね」と言いながら提示した値段はまさに破格値!ヤマト魂万歳!(違う)

カフェオレボウル1写真左のカフェオレボウルです。1930年代。お友達と一緒に買ったらだいぶ安くしてくれました。底に有名な窯元「Luneville-St Clement」(リュネヴィル サンクレモン」の刻印が入っています。状態は良好で、目立ったチップもありません。


 この他にイニシャルテープとシルバーメッキの小物入れも買いましたvリネン類のお店で、1890年代の素敵なクロスステッチの小さなサンプラーも見つけたんですが、値段が高くて今回は断念。でもやっぱり帰ってから「買ってくればよかった」と後悔してます…。
 
 で、見てわかるかと思いますが、最終日に大物を二つも買ってしまいました…(椅子とタブ)どうにか持ち帰り可能なギリギリの大きさです(^^;後は無事飛行機に「手荷物」として持ち込めるかどうか…。後先考えずに行動するのはいい加減よした方がいいな…としみじみ思いました。はい(笑)

 とりあえずこれで、今回の旅の大きな目的は達せられました!本当に楽しかった!!一寸した後悔もありますが、それはこの次に生かします!!

 で、他の珍道中についてはまた違う記事としてのっけますので読んでやってください。この記事も多分後で修正したり付け加えたりすると思います(タブと椅子がどうなったかなど…(笑))

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:0  
[あんてぃーく]  thema:雑貨・インテリアの紹介 - genre:ライフ
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。