スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
車でブラっとアンティークハント
ちょっと更新サボリ気味になってますが、この間からちょこまかと
車でズンドコとアンティークハントに行っております

11月19日、まず最初に向かったのは一時間半程行った街にある
アンティークパイン専門の家具屋さん。
お目当てはダイニングテーブル。日本の自宅で使うためのテーブルを
探しているんですが、いざとなるとなかなか「コレだ!」というものが
見つからないんですよね…。しかも、今ちょっと迷ってるんですよ~。
「ホントのアンティークテーブルを買うか、リプロダクト(複製品)を買うか」
いえね、最初は「絶対本物のアンティーク!」って思ってたんですが
ネットで検索しててうっかりウッドワーム(木喰虫)の映像見ちゃったもんだから…
ワタクシ、うにょうにょ系大っきらいでね…。しかも、食事に使う家具で…
って考えたら、ちょっと腰が引けてきてしまって…
というわけで、アンティーク家具を扱いつつ、リプロダクト家具のオーダー製作も
やっているお店を見つけては出かけてってるワケなんです。
今日行ったお店、なかなかステキだったんですが、送料が高くて断念…。
この調子だと帰国までに見つけることができるかどうか、微妙な感じです…。

さて。二つ目の目的地はこちら。

P1100822.jpg
小さな町のアンティークセンター。この建物の中に
大小様々なディーラーさんが入っています。

P1100824.jpg
写真が薄らぼけちゃってますね。
アンティークだけではなくリプロ商品や、
自分でデザインした家具を売ってるブースもありました。

P1100829.jpg
アンティークのカーテンばかり並んだブース。
ちょっと気になるカーテンが幾つかあったのでチェック。
日本の自宅の窓のサイズを確認して、改めて買いに行く予定~♪

P1100825.jpg
併設のティールームでクリームティー(紅茶とスコーンのセット)を頼みました~。
大きなフルーツスコーンとクロデットクリーム&ジャムに紅茶(ポット)のセットで
3,5ポンドは安いですよね~。味はまあまあ…ってトコでしたが。

特にスゴイお宝はありませんでしたが、全体的に値段は低めで
比較的状態の良いものが置いてあったと思います。
いくつか連れ帰ってきたので、後日紹介しますね~

P1100830.jpg
センターのすぐ側にもう一件アンティークショップを見つけました。
こちらも質が良くてお値段控えめな品物が多かったです。
初老のステキな紳士がオーナーでした。
この螺旋階段の上にも商品が並んでました。
この日はとりあえず何も買いませんでしたが、一つ気になる
木製の大きなクロスハンガーが。160センチほどの高さがあるので
お気に入りの布をかければ衝立としても使えそう…。
次回行ったときにまだあったら買っちゃおうかなあ…v

P1100831.jpg
街中にあったヴァイオリン専門店。
ジブリの「耳をすませば」の一場面を思い出しました。

P1100835.jpg
帰る途中で通り過ぎたHenley-on-thames。
テムズ川が完全に霧で覆われてました!
ココのところ、ロンドン周辺は良く霧が出ます。
まさに「霧のロンドン」ですね~。。

結局この日は目的のテーブルを見つけることはできませんでしたが
コッツウォルズのちょっと手前まで行ったので、
先日のコッツウォルズ旅行に続き、なだらかな起伏の続く道を
ずーっと走れたので楽しかったです
(イギリスの田舎道を車で走ることが楽しくなってしまいました)

そして、今週の月曜日にも再びコッツウォルズの手前まで
テーブル探しの旅に行ってきました~。




今日行ってきたのはまたまた車で一時間半ほどの
Adderburyというちい~さな村にあるアンティーク家具の
ウエアハウスです。ebayで検索していて見つけたんですが
きっと昔から変わっていない、のどかな村のど真ん中でした。

P1100841.jpg
アンティーク家具のリペアや、リプロ物の制作をしている工房でした。
残念ながら、ebayで見つけた超好みのテーブルはすでにSOLDでしたが
前からメッチャ欲しかったアンティークウッドのディッシュスタンドシェルフ
を激安で売ってもらえたので、大満足~
「君の探しているタイプのテーブルが入ったら、メールで連絡するよ」と
工房のオーナーさんが約束してくれました~。見つかるといいなー。

P1100840.jpg
通りからしばらく写真をとっていたら、何者かの視線が。
キョロキョロと視線の主を探してみたらば、窓からワンちゃん(笑)

さて、村を後にして次は車で30分ほどの所にある工房へ。
そしたらその途中で「Antique Centre Open」の看板発見!!
ふらふらとその看板の指し示す方向に行ってみると、
こんな素敵なお店を発見しました~。

P1100846.jpg
Diddingtonという、コレもまた小さな町でした。
ちなみに、イギリス英語では「センター」の綴りが
「Centre」になります。イタリア語みたい。

P1100844.jpg
中は迷路みたいに入り組んでて、ディーラーごとに
小さな部屋に分かれています。
この部屋には沢山のアンティークレースがありました。
気になるブックシェルフを見つけましたが値段聞いて断念…。
なんだかんだ結構いいお値段のものが多かったです。

P1100848.jpg
二軒目のウェアハウスに行く途中の道。
イギリスの田舎道って感じでしょ~?
あ、この写真はちゃんと路肩に車を止めて撮りました(笑)

P1100851.jpg
ウェアハウスの外観を撮影し忘れましたが(だめじゃん)
丘の斜面にある農場の一角でした。
厩舎を改築した内部はちょっとしたアンティークセンターに
なってました。ここでもテーブルは見つけられませんでしたが
いい感じのビンなどいくつかゲットしました~

とまあ、こんな感じで帰国までの間、ガツガツアンティーク巡りをする予定です!
テーブル、見つかるといいんだけどな~~~。

ブログランキングに細々参加中~。
ホンキでガッツリアンティーク巡りを計画してますが、
ダンナに「目的のもの以外をむやみに買ってこないでね、
お願いだから」って懇願されたワタクシに愛のポチを一つv↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ



スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[あんてぃーく]  thema:アンティーク大好き!! - genre:趣味・実用
comment
あぁ~いいですね~行きたいわぁ。お店めぐりしたい。でも通訳としてゆんさんに一緒にいてもらわないと買い物できないけど(爆)
スコーンもいいなぁ。日本でアフターヌーンティを食べようと思ったらメチャ高いものね。今のうちに思う存分食べてきてください(笑)
2010/11/28 16:37 | | edit posted by hana
>hanaさん
いや、ワタクシ通訳としては全く、これっぽっちも役に立たないですから。
自信持って言えますから、そこは(笑)
私はイギリスに来るまでどっぷりコーヒー派だったので、
日本でアフタヌーンティーとかしたこと無いんですが
やっぱり高いんですね~(><;
クロデットクリームさえ手に入るなら、おウチでスコーン焼いた方が
いいかもしれないですね。
ううう、刻一刻と帰国の日が近づいていますよ…。
もう殆ど強迫観念に近い感覚で「アンティーク巡りに行かねば!!」って
なってますが、娘の受験準備やらなにやらもあるし、
気忙しくてなんとなく心から楽しめてないですが(^^;日本に帰ったら
また遠い国になっちゃうので、今のうちにガッツリ行っときます!
2010/11/28 18:50 | | edit posted by ゆん
アンティーク三昧だ~いいなぁ・いいなぁ~私も行きたい~v
うにょうにょ系は嫌だよね。
コンテナで運んでる間に高温になるから、きっと死ぬんじゃないかな~。と思うけどダメ?
いいのゲットできるといいね!
2010/11/28 21:38 | | edit posted by まりも
>まりもちゃん
うひひvいいでしょ~♪
もうね、時間が無いから大急ぎだけどね(^^;
うにょうにょ系はどーしてもダメなのよぅ(><;
Wood wormで検索すると勘弁して下さいってくらい
恐ろしい映像が出てきますよ(TT

フッフッフ、いいのゲットできたわよ~。
パイン材とかは日本の気候に向かないと
アンティークショップのおじ様が教えてくれたので
オークのテーブルにしました♪

明日、届くと思うのでそしたらお披露目しますからね~♪
2010/11/29 06:28 | | edit posted by ゆん
ショップ巡り最高だったんですね♪

ショップだけじゃなくって、本当にかわいい家が多いなぁ。
見ているだけで癒されます!

他の人のコメントで、テーブルをゲットしたと!!!
写真を楽しみにしていますぅ~♪
2010/11/30 12:16 | | edit posted by セイン
>セインさん
ショップ巡り、楽しいです~v
ショップだけじゃなくて、周りの景色とか
家並みなんかも、ほんとにステキなんですよ♪
ただし、実際に住むとなるとね…色々ありますけどね(苦笑)

はい!テーブルやっとこさゲットしました!!
明日(水曜日)来るはずですので、
楽しみにしていてください~♪
2010/11/30 23:31 | | edit posted by ゆん
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。