スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
結局
P1100813.jpg

来ませんでしたよ。テーブル…。
一日中待ってたのにー!しびれを切らして夕方電話したら
「ごめん!ちょっとしたトラブルがあって今日は行けそうにないんだ」
って・・・。ならもっと早く電話してくれよぉう!
ずーっと楽しみに待ってたのにー

とはいえ、まあ多分こうなるだろうとは思ってましたが。
ショップオーナーが好意でタダで運んでくれるわけだし。
ええ、タダで運んでくれるってだけでも儲けモンですからね。
結局届くのが水曜日になっても文句は言えませんよ。あはははは。
・・・・・・あ~あ…(ため息)

上の写真は我が家の暖炉。とうとう耐え切れなくなって
先週半ばから火を入れ始めました。おかげでヌクヌクです
暖炉の上のだるまは次女の合格祈願のダルマさんです。
来年3月、無事両目が入りますように!!

スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:2  
[イギリスらいふ
Wooden antique things
先日行ってきたAdderburyとMiddle Astonのウェアハウスから
連れ帰ってきた木のアンティーク雑貨をご紹介します~。

P1100860.jpg
これはAdderburyで買いました。ごちゃごちゃした背景に埋まってしまってますが
1910年ごろに作られたディッシュスタンドシェルフです。
結構大きいので、お皿だけじゃなく鍋などのフタ収納にも
役立ってくれそう。帰国後マンションのキッチンで使うのです
「車で2時間もかけてきてくれたから」とメチャクチャ安くしてくれたんですよ!
オーナー優しい!!ありがとう!!大事に使うからねー!

P1100859.jpg
そして、こちらはMiddle Astonのウェアハウスで見つけました。
とあるブースの隅に転がってたのを目ざとく発見~
エッグスタンドなんですが、ワタクシはカトラリースタンドか
ユーテンシルスタンドとして使うつもりで買いました。
1940年代くらいのものだろうとのこと。
上の段のジョイント部分が片方外れてしまっているので
後で補修するつもりです。

どちらも木がこなれて、いい色になってますよね~
ウッドワームは怖いけど、やっぱり好きです、木のアンティーク。
(ちなみに、二つともちゃんと専用の殺虫剤で
燻蒸してあるのでウッドワームはいません)

下の風景はMiddle Astonに行く途中の風景です。

P1100855.jpg
丘の斜面にある集落です。全体的にはなだらかなんですが、
こうして見るとけっこう角度があるように見えますね~。

P1100854.jpg
上の集落の真ん中にあった、放牧地(?)。
絵に描いたようなイギリスの田舎の風景ですよね!
思わず、水彩絵の具でスケッチしたくなりました。

んで。実はですね、今日大きな買い物をしてしまいました!
買っちゃいました、ダイニングテーブル!!
1800年代のフランス製、オークのラウンドテーブルです!!
エクステンディングタイプ(左右に引き出して真ん中にはめ板を
プラスすることで、サイズを大きくすることが出来る)で
オークの一枚板を使用した、とってもステキなテーブルなんですよぉう!
しかも、チェア4脚付き!!座面がちょっとヘタってしまっているので
張り替えなきゃいけませんが、背中の部分にとてもきれいな彫刻があります。
明日届けてくれる予定なので、、届いたら写真撮ってUPしますからねー


ブログランキングに細々参加中~。
ステキなテーブルを買っちゃって、
すっかり浮かれ気分なワタクシに愛のポチを一つv↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ

Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[あんてぃーく]  thema:アンティーク大好き!! - genre:趣味・実用
車でブラっとアンティークハント
ちょっと更新サボリ気味になってますが、この間からちょこまかと
車でズンドコとアンティークハントに行っております

11月19日、まず最初に向かったのは一時間半程行った街にある
アンティークパイン専門の家具屋さん。
お目当てはダイニングテーブル。日本の自宅で使うためのテーブルを
探しているんですが、いざとなるとなかなか「コレだ!」というものが
見つからないんですよね…。しかも、今ちょっと迷ってるんですよ~。
「ホントのアンティークテーブルを買うか、リプロダクト(複製品)を買うか」
いえね、最初は「絶対本物のアンティーク!」って思ってたんですが
ネットで検索しててうっかりウッドワーム(木喰虫)の映像見ちゃったもんだから…
ワタクシ、うにょうにょ系大っきらいでね…。しかも、食事に使う家具で…
って考えたら、ちょっと腰が引けてきてしまって…
というわけで、アンティーク家具を扱いつつ、リプロダクト家具のオーダー製作も
やっているお店を見つけては出かけてってるワケなんです。
今日行ったお店、なかなかステキだったんですが、送料が高くて断念…。
この調子だと帰国までに見つけることができるかどうか、微妙な感じです…。

さて。二つ目の目的地はこちら。

P1100822.jpg
小さな町のアンティークセンター。この建物の中に
大小様々なディーラーさんが入っています。

P1100824.jpg
写真が薄らぼけちゃってますね。
アンティークだけではなくリプロ商品や、
自分でデザインした家具を売ってるブースもありました。

P1100829.jpg
アンティークのカーテンばかり並んだブース。
ちょっと気になるカーテンが幾つかあったのでチェック。
日本の自宅の窓のサイズを確認して、改めて買いに行く予定~♪

P1100825.jpg
併設のティールームでクリームティー(紅茶とスコーンのセット)を頼みました~。
大きなフルーツスコーンとクロデットクリーム&ジャムに紅茶(ポット)のセットで
3,5ポンドは安いですよね~。味はまあまあ…ってトコでしたが。

特にスゴイお宝はありませんでしたが、全体的に値段は低めで
比較的状態の良いものが置いてあったと思います。
いくつか連れ帰ってきたので、後日紹介しますね~

P1100830.jpg
センターのすぐ側にもう一件アンティークショップを見つけました。
こちらも質が良くてお値段控えめな品物が多かったです。
初老のステキな紳士がオーナーでした。
この螺旋階段の上にも商品が並んでました。
この日はとりあえず何も買いませんでしたが、一つ気になる
木製の大きなクロスハンガーが。160センチほどの高さがあるので
お気に入りの布をかければ衝立としても使えそう…。
次回行ったときにまだあったら買っちゃおうかなあ…v

P1100831.jpg
街中にあったヴァイオリン専門店。
ジブリの「耳をすませば」の一場面を思い出しました。

P1100835.jpg
帰る途中で通り過ぎたHenley-on-thames。
テムズ川が完全に霧で覆われてました!
ココのところ、ロンドン周辺は良く霧が出ます。
まさに「霧のロンドン」ですね~。。

結局この日は目的のテーブルを見つけることはできませんでしたが
コッツウォルズのちょっと手前まで行ったので、
先日のコッツウォルズ旅行に続き、なだらかな起伏の続く道を
ずーっと走れたので楽しかったです
(イギリスの田舎道を車で走ることが楽しくなってしまいました)

そして、今週の月曜日にも再びコッツウォルズの手前まで
テーブル探しの旅に行ってきました~。

 more...

Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[あんてぃーく]  thema:アンティーク大好き!! - genre:趣味・実用
ものすごーく可愛いホウロウブレッド缶ゲット!!
寒い上に風は強いわ雨は土砂降りだわで
ココ数日出かけるのも億劫になってますが、日本はいかがでしょうか?

そういえば尖閣諸島の映像流出騒ぎが大変なことになってますね。
個人的には「一番知りたいと思っていた部分を見せてくれて
ありがとう」ですが、ただ単純に英雄扱いしていいかというと
ソレはソレで違うだろうとも思うし…。
いずれにしても今の政府のトップを始めとする腑抜け腰抜けな人たちよりは
マトモな感覚の持ち主であろうとは思います。
それにしても、映像流出についてのコメントの中に海保職員の声が
紹介されてたんですが「これで海保の情報管理体制に
問題があることが露呈してしまった」だって。
・・・・・はあ?何言ってんですかね、この人。
問題は「情報管理の甘さが露呈したこと」ではなくて
「情報管理が甘いこと」そのものでしょうが…。
こんなトコロにも、どうしょうもない感覚のズレを感じるのですが…。

なんて、珍しく時事問題に斬り込んでみましたが
所詮脳天気な浅知恵者ゆえ、これ以上続けるとボロが
出ること必至なのでこの辺で切り上げまして。

今日ご紹介するのはこんな可愛いヤツでございます
P1100754.jpg
またか!?と思ったアナタ、はい大正解。

P1100751.jpg
またしてもブレッドビンでございますー。
しかも一抱えもある超特大サイズ。

P1100753.jpg
フタに通気穴。取っ手の接続部分はリペット留めではありませんが
ずっしりと重く、艶のある上質なホウロウ加工がしてあり
ロゴはコールドプレスレタリング(表面より少し盛り上がっている)なので、
多分1940年代後半から50年代前半くらいに作られたものだと思われます。
(売主のおいちゃんは「1930年代くらいだと思うよ」って言ってましたが)
コイツねえ、上の全体写真だと分かりづらいんですが、真ん丸なんですよぉう。

P1100752.jpg
ほらほら。ぷっくりとしたラインがかわいいでしょう~
長女もコヤツを見るなり「あ!コレかわいい!!」って言ったんですよ~。
(大抵の場合一瞥するだけなのに)フタに一箇所アタリがあるだけで
内側もキレイなので、キッチンで食材入れとして活躍してもらっています。
いっぱい入るのでとっても便利なんですよ~。
え?コレは売るのかって?私物です(即答)

ブログランキングに細々参加中~。
このまま行くと、日本の自宅がホウロウ製品で埋まるんじゃないかと
ちょっと怖くなりつつあるワタクシに愛のポチを一つv↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ



Posted by Yun*ゆん
comment:8  
[あんてぃーく]  thema:アンティーク大好き!! - genre:趣味・実用
ついにチャーチチェアげっとーー!!
寒いーーーー!!!
いやもうホントに!寒くて寒くて家の中だっつーのに
ヒートテック&ジーンズの下にストッキング&靴下ですよ!
イギリスの家ってば寒すぎ…!ドイツの家は暖かかったのに~

と、同じヨーロッパでどうしてこう違うのかと愚痴りつつ
今日ご紹介するのはこのコです~。

P1100809.jpg
ふっふっふ…。やーっと手に入れましたよ。
クロスの入ったチャーチチェア!ゲットです!!

P1100810.jpg
P1100811.jpg

ネットで検索して見つけた教会グッズ専門のアンティークショップで購入。
実はショップ自体はもう1年くらい前から見つけていたんですが、
椅子やテーブルなどの家具類は、本帰国のタイミングを見計らって
買いたかったので、ずっと行くのを我慢してたんです。
でも、先日久しぶりにHPをチェックしたら新入荷のページに
このコの写真が!!クロスの抜きと、背面にバイブルボックスがある
チャーチチェア!!ずーっと欲しかったタイプで、
もう居ても立ってもいられず。(笑)行ってみたら、なんと牧場の一角が
アンティーク家具の修理工場になってまして、そこには様々なタイプの
チャーチチェアが山積みに!!正に狂喜乱舞。

日本の自宅でダイニング用として使いたいので、本当は4つ一気に
買うつもりだったんですが、やはりダンナの意見も聞いてみようと
とりあえず一つだけ購入。もちろん買う前に座り心地は確認しましたが
座面も背もたれも体にソフトにフィットしてとても座りやすいです
で、家に持ち帰ってダンナにも娘にも座らせて感想を聞いてみたら
「座りやすい」。ふっふっふっふっふ…でっしょーーー!?
というわけで、来週月曜辺りにもう一度ショップに出向いて
残りの椅子を買ってくるのです!バンザーイ!!
さあ、次はダイニングテーブルだー!(物欲大魔王フルスロットル!)

ブログランキングに細々参加中~。
帰国までにダイニングテーブルと、自分用の作業イスを
見つけようと鼻息も荒いワタクシに愛のポチを一つv↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ



Posted by Yun*ゆん
comment:2  
[あんてぃーく]  thema:アンティーク大好き!! - genre:趣味・実用
コッツウォルズ アンティーク三昧の女二人旅 前編
はい!お待たせいたしました!え?待ってない?
え…コッツウォルズですよ?!あの有名なコッツウォルズのレポートですよ!?
なになに?だって観光なんかろくにしてないから参考にならないって
断言してたじゃないかって?・・・・・・か、観光もしたもん、ちょっとだけ

というわけで!無理矢理スタートさせます「コッツウォルズ女二人旅」!!
秋のイギリスの二日間、コッツウォルズの北と南を車で走り抜けてまいりました~

あ、そうそう。ワタクシ達、この旅行中に立ち寄った数々の
アンティークセンターやショップの写真を、殆ど撮り忘れておりますので
お店の外観等はあまりご紹介できません。ゴメンナサイ…(ダメダメ)

さて、ロンドン郊外の我が家を朝の9時に出発。
最初に目指したのはチッピング・ノートンという
街の近くにあるアンティークセンターです。
ちなみに、これが当日の実際の行程でございます。
(右から左へと進みました)

30.jpg

大きなモーターウェイを外れ、田舎道を走り続けていると
いちいち可愛くてステキな風景に出会うので、飽きないです
DSC_2460.jpg
道端の家や

DSC_2432.jpg
道の名前を書いた看板すら可愛い~

最初のアンティークショップでは、
とても座り心地の良いヴィクトリアン時代の
椅子を見つけたんですが、座面の布の色と
前部の脚の形がちょっと気に入らなかったのでパス。
結局他にコレ!というものも見つからなかったので、
次なる目的地「シップストン・オン・ストゥール」へと向かいました。

P1100701.jpg
その前に腹ごしらえ。このかわいいお店で
昼食用のパンとリンゴを買いました

最初のアンティークセンターから車を北に向けて走らせること
約30分ほどで「シップストン・オン・ストゥール」に着きました。
小さな街ですが、「LONDON HOUSE」というアンティークセンターが。
写真を撮るのを忘れてしまったんですが、イギリスのアンティークセンター
らしく、入り口からは想像もできないほど奥に長く、その中には
ゴチャゴチャと様々なアイテムが。正直アンティークセンターというよりは
「古物屋さん」といった感じもしましたが、ワタクシちゃっかり
こんなお宝ゲットしました

P1100759.jpg
密かに欲しいと思っていたスクエアのケーキスタンドです!
丸いのはよく見かけますが、このタイプはなかなか出てきません。
上段にちょっと傷がありますが、自分で使うので気になりませんし
おかげでかなり安く買うことができたので、大満足です

次に向かったのは更に西に30分ほどの「チッピング・カムデン」です。
ここは古い茅葺屋根の家が点在することで有名なので、
知ってる方も多いのではないでしょうか。

DSC_2457.jpg
こんなおウチがあちらこちらに。日本の茅葺屋根とは
印象がずいぶんと違いますが、どことなくホッコリと
和むという点では同じかもしれません。

P1100707.jpg
セント・ジェームズ教会の入口。
葉っぱのグラデーションが綺麗でした。

この街ではアンテイークショップ巡り以外に
もう一つ重要なミッションが。

DSC_2447.jpg
はい、アフタヌーンティーでございます
Badgers Hallという結構有名なティールームで、
予約無しで大丈夫かちょっと不安だったんですが、
ラッキーなことにちょうど2人席が空いてました
クリームティー(スコーンと紅茶のセット)もあったんですが
せっかくなので、 トラディショナルアフタヌーンティー
(サンドイッチとスコーンと紅茶のセット)を頼みました。
美味しかった~久しぶりのクロテッドクリームが
めちゃくちゃ美味しくて大変でした(笑)
時々、スコーンについてくるクリームが
生クリームなお店があるんですが、コレは許せません。
やっぱりスコーンにはクロテッドクリームでないと!
ダイエットを始めてからあまり食べてませんが、
やっぱりコレは美味しゅうございます~
このお店、内装もとってもかわいかったですよ。
店の奥にはこんなコーナーが。

P1100714.jpg
P1100715.jpg
なんか可愛いですよねえ~!いっそここに住み着きたいとか思っちゃいました(笑)
で、美味しい物を堪能した後はアンティークショップへ。
また外観写真撮り損ねましたが(ダメダメ)ここでは友人がとても素敵な
ピアッシング加工のされたシルバーのティースプーンセットを購入。
私は何も買いませんでしたが、地下室いっぱいにゴッチャリ並べられた
陶器に圧倒されました。その中にイイ感じのC&Sがあって、
ちょっと迷ったんですが、結局買わず。今思い返すとやっぱり可愛くて
「やっぱり買えばよかった…」と後悔中なのです・・・

この後もモチロンまだ旅は続くんですが、ちょっと長くなったので
続きはまた別の日に。なるべく早めにUPしたいな…と思ってます…
イヤ!ホントに!!本当ですから!!
・・・ってあ、そうだ。ココで出会った可愛い子をご紹介。

P1100725.jpg
あまりのブサ可愛さに(失礼)思わずカメラを構えたら
飼い主さん(隣の女性)がわざわざワンちゃんが
前を向くように仕向けてくれました。ありがとうございました~

それにしても、さーむーいーーーー!!底冷えしてます!いきなりなんなのこの寒さ!?
コッツウォルズ旅行中もその後も暖かかったのに、昨日から急に冷え込んできました。
今朝なんか暖炉に火を入れようかと思ったほど。なんとか火を入れずにしのいでいますが
絶えられなくなるのも時間の問題かも…(寒いの嫌い)

Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[行ってきた♪(イギリス国内)]  thema:イギリス旅行 - genre:旅行
今頃カムデン初体験!!
なーんかココ数日妙に暖かいんですよねー。
先日までホントに寒くて、朝なんか車のフロントガラス凍ってたのに(!)
昨日今日なんか軽い上着程度で外に出れるほどです。
寒暖の差が大きくて、うっかりすると風邪ひきそう…気をつけなくちゃ。
(弱っちなマイダンナはすでに風邪ひきました。)
コッツウォルズ旅行記の前に、サボってた分の更新をば。
(ワタクシの備忘録も兼ねてますので、興味ある方のみ読んでやってください)


先日(確か10月24日)初めてカムデンのマーケットに行ってきました!!
イギリスに住んで約1年半で初めて!!あり得ないですねー(笑)
アンティークのお店もあるのは知っていましたが、とにかく
観光客が多いと聞いていたため、「どうせ観光地値段で高いんだろう」と
ほとんど興味を持てませんでした。でも、次女がね。「行きたい!」って
言うし、ダンナも珍しくちょっと行ってみたいって言い出したので
「あたし行かなーい」って言い張った長女以外の3人で、
カムデンタウンへと繰り出したわけでございます。

P1100691.jpg
カムデンタウンは巨大なマーケットで店の数も人の数も凄まじいです。
上の写真は駅を出てスグのところにあるその名も「The Camden Market」
完全バッタモンのTシャツやオリジナリティあふれるアクセサリー類など
服飾品中心のストールが集まっています。(モヒカン&ボディピアスな
方々も沢山いて、まさにパンクの本場でした。あんな大量の生パンク見たの久しぶり…)

P1100692.jpg
んで、この写真の奥に見えてるのが「Camden Rock」というエリア。
この高架の向こう側にある「Stables Market」というのがコレまたカオス!!
正に何でもアリマス状態で、迷路のように入り組んだ建物の中に
無数のストールが並んでおります。(ヴィクトリアン時代の古い産業用の建築物を
利用しているので、建物自体がアンティーク!!)
それにしてもこの人の数!歩道から溢れてるのが分かりますか?
お昼過ぎるとこうなりますので、出来れば午前中に行った方がいいかも。

P1100687.jpg
Stables Market内の一部。とっても元気なお馬さん達(笑)
記念撮影している観光客で大賑わいでした。(Since1854ってありますね。)

マーケットの中をブラブラと歩いてたら、面白いストール発見ーーー!!
突然ですが、皆さん「ドクターフィッシュ」って御存知ですか?
「ドクターフィッシュ」というのは皮膚表面の古い角質を綺麗に食べてくれる
淡水魚で皮膚病などの治療にも効果的だとのこと。
ワタクシ、皮膚病ではないものの、乾燥のせいで足の裏の角質が
ボロボロ剥がれるのでどうにかしたいと思ってたんですね。で、
以前ネットでこのドクターフィッシュを知りまして、興味はあったものの
わざわざ店舗まで行こうとは思っていなかったんですが、
ココであったが百年目!!(笑)

P1100690.jpg
さっそくダンナと二人で「ドクターフィッシュ」を体験してみました!!
沢山のお魚さんが泳ぎ回る水槽に、恐る恐る足を突っ込んだ途端
ワラワラと寄ってくるお魚さん達!!ぎゃー!!くすぐったいーーーー!!
足の裏から指の間まで、ツンツン、サワサワされるので、くすぐったがりの
人にとってはある意味拷問ですが、終わったあとはホントに足の裏が
ツルツルになっておりました!(15分で10ポンドでした)
コレはリピートしたいです!ちなみに、痛みはまったくありません。
(たまーに食欲旺盛なのがいて、ちょっぴりピリっとすることもありますが
痛くはありませんでした)

P1100684.jpg
このマーケットは入ってスグのところにフードコートがあるんですが、その中に
日本人ご夫婦の経営するお弁当屋さんが!!コレが、馬鹿うまーーー!!

P1100683.jpg
旦那が頼んだトンカツ弁当がもうメチャうまでした!!
注文してから揚げてくれるので、衣はサクサク、熱々で
お肉はふんわり柔らか!!ヘタな和食レストランで食べるより
全然美味しいです!!マジで!!しかもこのボリュームで
5ポンドってありえねーーー!!(あら失礼)
ホント、心の底からお薦めです!
あ、ちなみに12時過ぎないと屋台OPENしませんのでご注意。
ご主人曰く「早くから開けてる屋台なんて美味くないって
相場が決まってる」とのこと(笑)
ココのご主人はしっかり下ごしらえをしているので
OPENがちょっとゆっくりなのかなと。
いやもうこれからもそれでお願いします!

さて。今回ワタクシがゲットしたものですが…。

P1100695.jpg
コレと。

P1100694.jpg
コレ。さて、なんでしょう?
P1100693.jpg
スターウォーズのダースベイダーとトルーパー(戦闘員)の格好した
(多分)キティちゃんのTシャツ~(笑)いいのかコレ?的なある意味
最強の組み合わせですが、どうにもこのラブリイさにやられて買っちゃいました。
え?「お前の感覚は相変わらず変だな」って?ふふふ。もっと褒めて(褒めてない)
こういうバッタモンも堂々と売られてますが、そう言うのもひっくるめて
面白がっちゃえる人にはとっても楽しい場所です。カムデンタウンは
あ、そうそう。で、肝心のアンティークはどうだったかというと…。
残念ながら、私的には全くそそられるものはありませんでした。
コレならSpitalfieldのマーケットの方が面白いです。
もっとも、時々お宝も隠れているらしいので、機会があったら
また行ってみようかなとは思いますが。
Posted by Yun*ゆん
comment:8  
[イギリスらいふ]  thema:海外生活を楽しもう! - genre:ライフ
コッツウォルズに行ってきました♪
10月29・30日と一泊二日でコッツウォルズに行ってきました!
今回はドイツにいた頃に語学学校で知り合った若い友人と一緒。
お互いアンティーク好きで感覚も価値観も似ているのか、
年の差を感じず楽しく付き合える、ホントにいい友人なのです

P1100704.jpg
観光なんかほとんどせずに、コッツウォルズに点在する
村や町のアンティークショップやアンティークセンターを
車でひたすらまわるという、アンティーク三昧の
正に夢のような二日間でした~
(家族と一緒じゃ絶対こんなスケジュール組めない!)
詳しいレポは、彼女が撮ってくれた写真のデーターが
届いてからお送りしますので、お楽しみにー
とはいえ、ホンキで観光らしい観光なんかしていないので
観光レポを期待している方には100%参考にならないと思われますが(笑)


写真はコッツウォルズに向かう途中の小さな村の
小さな食料品店で買った「Adam's Apple」
小さくてとても甘酸っぱいリンゴでした。
今のりんごの原種だと聞いた気がして調べてみたら
原種ではないものの、原種に近い物のようです。
日本では「姫リンゴ」になるのでしょうか。

近日中に「コッツウォルズ アンティーク三昧の女二人旅」を
ご紹介しますので、お楽しみにー

Posted by Yun*ゆん
comment:0  
[イギリスらいふ]  thema:イギリス - genre:海外情報
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。