スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
君はアルプスで「クララが立った!」と叫ぶことが出来るか!?~スイス&ちょこっとフランス旅行日記~その3
ちょっと間があいてしまいましたが、スイス三日目でございます~。音符

 Bernを離れる前に、旅行前からチェックして楽しみにしてた蚤の市に寄ったんですが、前出の記事で書いたとおり、出ているのは生活雑貨ばかりで、アンティークもあるにはありましたがお値段がとっても高い~戦利品は市の隅っこのブースで見つけた陶器のソープディッシュ一つだけ…。スイスの蚤の市、結構楽しみにしてたんですが…。時期が悪かったのか場所が悪かったのか。おまけに旦那と娘らも一緒だったのであんまりノンビリも出来ず。もーメッチャテンション下がりました絵文字名を入力してください
 あ!!そうそう!!前回の記事で書くの忘れてたんですが、2日目の夜、ギリシャ料理の店で夕飯食べた後、まだまだ明るかったのでBernの中心部のスタバまで路面電車でお出かけしました!(だって、キャラメルマキアートが飲みたかったんだもん!!)ドイツのトラムとはちょっとシステムが違ってましたが、なんとか行って帰ってこれました!スイスのトラムは乗り心地が良かったですよ~(揺れない、猛スピード出さない、急ブレーキかけない…って、センセーこれって公共交通機関としては当たり前のことですよねー?・・・ひくっ

 さて、この日から三日間、Bernからちょっと南に下った「Spiez(シュピーツェ)」という街に滞在しつつ、Jungfrau Joch(ユングフラウヨッホ:山の名前)近辺の山やら町やらに遊びに行く予定なのですが、BernからSpiezまでは車でホンの1時間半くらい。予約したホテルのチェックインまで大分時間があるし、その町には観光できるような場所は無いに等しいということで、ちょっと足を伸ばしてチューリッヒの街を見に行くことにちな♪
 首都であるBernより有名な大きな街ですから、そりゃもう色々楽しめるだろうと思ったわけですが、正直あんまり…顔お買い物メインの旅行だったら楽しいと思います。スイスブランドのお店も沢山あったしね。チョコレートのお店も沢山あって、二件ほど買ってみたんですが・・・・・・あ~う~…。ごめんなさい。ベルギーチョコの方が好きです…。一応スイスグッズのお土産屋さんにも入りましたが、どれもこれも高ーーーっ!!額に入った可愛らしい切り絵が沢山あって、気に入ったのがあったんですが値段を聞いた瞬間に置いてあった場所に戻しましたよガーンスイスマジで物価高っ!!何でも税金が殆ど無い分、物価が高いのだとか…。どっちがいいのかなあ…う~ん。
 シルバー製品のお店にも入ったんですが、超セレブ相手のお店っぽく、ものの見事に相手にもしてもらえず(笑)そそくさと退散し、グロースミュンスターとフラウミュンスターという教会を見に行きました。

 more...

スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[スイス旅行記]  thema:ヨーロッパ旅行記 - genre:旅行
快晴蚤の市☆ホーローとかアイアンとかミルクガラスとか☆
今日日曜日(24日)は珍しく日中ずっと晴れていましたjumee☆sun1そんな中、近くで開催された大きな蚤の市に行ってきました~。
 今日もなかなかの戦果でしたちな♪いつもの如く、ズラズラっとご紹介していきますので、お時間のある方はお付き合いくださいjumee☆SaturdayNightFeverL

 more...

Posted by Yun*ゆん
comment:12  
[あんてぃーく]  thema:アンティーク - genre:趣味・実用
理由
蚤の市戦果報告を…(その前にスイス旅行記は!?という突っ込みはナシでお願いします/笑)
と思ったんですが、ちょっとその前にコレはどうしても書いておきたいと思ったことがあったので…。

 今、娘たちが通っている学校では運動会の練習の真っ最中です。その練習の中で「笛(ホイッスル)」を使ってリズムをあわせる、というものがあったのですがある理由で「笛」の使用をやめることになりました。
 ご近所に住むご年配の方から「一生懸命練習しているのに申し訳ないんだけど、笛を使うのは止めてくれないか」という電話があったそうです。その理由とは…

 more...

Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[これがドイツだーーー!!
明日は久々に蚤の市へ!!
 てゆーか、とっととスイス旅行記書いてしまえって感じですが、明日(ドイツ時間24日)近場で大きな蚤の市があるのでせっかくだから行って来ますちな♪なんたってスイスでもフランスでも蚤の市での収穫が殆ど無かったもんですからね、フラストレーション溜まっとります。
もっとも、明日の蚤の市は「その日によって当たり外れが大きい」市なので、更にフラストレーション溜めて帰ってくる可能性もあるんですが(笑)
 とりあえず雨だけは降らないでほしいですが、それもここのところ毎日のように降ったり止んだりなので、晴れ間は期待薄。今日も寒かったしなあ…(^^;

 ま、どんな結果になるか分かりませんが明日も頑張ってお宝探しに行って来ます!いいコに出会えるといいな~~~!!sn2

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ←ブログランキングに細々参加中~。涼しい季節をあっという間に通り越して一気に寒くなってきたドイツですが、めげずにお宝探してきます!どうかポチッと一つ(笑)
Posted by Yun*ゆん
comment:3  
[ドイツらいふ
Over the Reinbow
Over the Reinbow!先週、バケツをひっくり返したような雨が降っては止む、という日が続いたんですが、ふとお家の窓から見上げた空にとんでもなく綺麗で大きな虹が!!rainbowちょうど我が家のロフトの窓から真正面。ブログにUpすると写真が暗くなっちゃうので、ちゃんと見れるかどうか分かりませんがそれはそれは綺麗な半円を描いていました。本当はその半円を全部写真に収めたかったんですが、大きすぎてムリでした…。。

二重の虹しかも、見えるかなあ…。二重なんですよ。この虹。はっきり写ってる虹の外側に、薄~く写っているんですが…。画像をクリックして拡大すれば見える…かな?(お使いのモニターによるかも…)
 数分後にはすぅっと消えていってしまいましたが、このちょっと後に帰ってきた旦那も車の中から見たそうです

 子供の頃、虹の端っこってどうなってるのか見たくって、虹が出るたびに友達と一生懸命走ったのに、いつも途中で消えちゃってがっかりしてたことを思い出しました。雨が続くと何となく気分も沈みがちになりますが、こんな綺麗な風景が見れると元気が出てきますねちな♪
 日本にいた頃は、あまり空など見なかったんですがドイツに来てからはとてもよく空を見上げるようになりました。高い建物が少ないから、空がとっても広く感じるからでしょうか。
Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[ドイツらいふ
君はアルプスで「クララが立った!」と叫ぶことが出来るか!?~スイス&ちょこっとフランス旅行日記~その2
 え~、食洗機のおっちゃんにココロ奪われてたおかげで更新が滞っておりましたが(ウソだってば)、スイス旅行記第二弾でございます~。
 Bernの夜は、汗だくになるほど暑くて思わず窓開けて寝ました…。部屋にクーラー無いんです。ソース無しの肉も辛かったけど、30度近い気温の中、クーラー無しの部屋も辛かったです…ここはスイスじゃないのか。うおお。
 というわけで、朝目が覚めたら隣で旦那が腐乱してましたが容赦なく叩き起こし、ホテルでのビュッフェを食べて本日の目的地、「Montreux(モントルー)」へと出発~。
 Bernからは車で高速を1時間半くらいです。で、スイスって面白いことに同じ国の中でも、地方によって話す言語が違うんですが、道路標識もやっぱり違うんですね。
出発したBernあたりはドイツ語圏でしたので標識もドイツ語でしたが、Bernから少し西に走った辺りから、突如フランス語表記に変わるんです!
 例えば高速道路の出口。ドイツ語では「Ausgang(アウスガング)」ですが、フランス語圏に入ると「Sortie(ゾルティ)」に変わります。
 使う言語が地方によって違うのは知ってましたが、突然キッパリと(併記も無し)変わるのを見ると面白いなあと思ってしまいました。境目付近の町の人たちはどっちもしゃべれるのかしら…。凄いなあ…天然バイリンガル…うらやましい…(未確認です)
などと、言ってる間に到着したモントルーは、私達には別世界のセレブレティな街でした・・・。

モントルーせれぶー見てくださいよコレ!え?綺麗な湖だなあ…?そこじゃなーい!(え)このボートですよ!これプライヴェートボートなんですよ!どこぞのセレブな一家が水上スキーなんかしてるんですよ!!むがー!オノレ金持ちめ!これ見よがしに楽しみやがってー!!
 お願いだから私も乗せてください土下座(ソコかー!)


モントルーCasino旦那卑屈にねたむのはコレくらいにしまして…(笑)そもそもどうして、モントルーなのかというと…旦那の憧れの地だからであります。旦那も私と同様ハードロック、ヘヴィメタル大好きなのですが、「DeepPerple」というバンドの有名な曲「Smoke on the water」の舞台となっているのがこの街のこの「カジノ」なのでございます!1971年にこの街で開催されたフランク・ザッパと言うアーティストのライブで興奮しすぎたファンが、会場だったこのカジノに火を放ってしまい、全焼してしまいました。その出来事を曲にしたのが「Smoke on the water」なのです。旦那はその地に来たかったわけですね!ほらほら見てやってください、このおバカ写真(笑)

モントルー 「フレディくん」ちなみに、この湖のほとりには、かの有名な「Queen」の伝説のヴォーカリスト「フレディ・マーキュリー」の銅像も建っています。(モントルーが大好きだったそうです)
 来る前に、「彼と同じポーズで写真撮ろうよ」と言ってたのですが、各国からの(セレブな)観光客が沢山いる中、チキンな旦那は「恥ずかしくて」普通のオヤジとして写真におさまってました。ええい、このコンジョ無しめが。
 え?ワタクシ?もちろん私はしっかりこの前でフレディ君と(友達ですか)同じポーズで写真を撮りました。ええ、もちろん笑われましたとも。ほっといてください。

日本?のようなモントルーの風景このレマン湖を渡る遊覧船に乗りたかったんですが、なんと故障中で乗れず涙でもね、綺麗でした。ほんと~に綺麗でした。横の写真は端っこに写ったススキモドキのせいで中禅寺湖っぽく見えるけどレマン湖ですから。(笑)
「いつか、またここに来て、その時は必ずプライヴェートボートに乗って水上スキーで盛大にこけて笑いを取るんだ・・・!」 と余計な野望を固くココロに誓いながら、モントルーを後にしました。

 でもね、この街のマクドナルドでお昼食べた時、日本円で4000円(!!)という合計額に卒倒しかけた私達は、きっと現世でセレブにはなれない…っと思ったのでした(笑)
来世だ来世に賭けよう(賭けんでいい)

ニヨン ローマ遺跡モントルーから次に向かったのはジューネブに程近い「Nyon(ニヨン)」という街です。ここもホントに小さな街ですが、ローマ時代から建ってる石柱などが残っているというので見に行きました。左の写真がそれです。コレがある場所は古い城壁の側なんですが、ホントにただコレだけがポツンと建っています。背後は市民の集まる広場になっていて、実際この日も地元に住む人たちが沢山集まってて、生バンドの演奏に合わせてランバダ(懐!!)なんか踊っていました。私も飛び入りで参加したかったんですが、娘たちに強硬に反対されまして泣く泣く諦めました…おおうくぅでも、せっかく沢山人がいて楽しそうなのに、全く交流が無いのも寂しかったのでテントの飲み物売り場にジュース買いにいくフリして、地元のイケメンなおにーちゃんとちょっとお話しちゃった(笑)フランス語圏なのでジュースの注文は頑張ってフランス語で。でも、「暑いね」「そうだね。でもいい日だよね」っていう会話は英語でした(笑)
 広場の前方にはレマン湖と対岸のフランス領の小さな村が。更に奥にはモンブランの山々が・・・!残念ながら綺麗に撮れた写真が無くてお見せできないんですが、ホントにほんと~~に素晴らしい眺めで、思わず4人揃ってベンチで30分くらいボ~ッと景色を見ておりました…。

 ローマ博物館にも寄ったんですが、なんとこの日は月に一度の無料の日で入館料タダ!展示内容は特筆すべきものではありませんでしたが、ローマ時代の本当に小さなカメオ(直径1センチも無いくらい)などの装飾品類は圧巻でした。何であんな小さなものに彫刻が出来るんだ…!?

 Nyonを出た後は「Vevey(ヴヴェイ)」という湖のほとりの小さな街に。日本でも御馴染みネスレの本社があるということで「もしかしたらおいしいコーヒーの飲めるcaféがあったりするかもしれない」と期待して行ったものの結果は空振り…。その代わり湖のほとりに広がる公園で水着でくつろぐ大量の人々を見ることが出来ました(笑)
 それにしても暑かった…!この日の最高気温なんと30度。スイスで30度ってありえないでしょ…!?と思ったものの、寒いの苦手な私としては却って嬉しいくらいで音符でもえらい焼けました。日焼け止めしっかり塗っていったのに…。
 
 水着軍団とお別れし、Bernに戻ったのは午後6時くらい。ホテルのフロントのおねーさんに近所でオススメのレストランを紹介してもらって行ったんですが、なんと「ギリシャ料理」の店。
一瞬「あちゃー!」と思ったんですが、モノは試しということで勇気出して入店。地元の住宅地にある店なので日本人なんか当然いないし、英語メニューすらない!でもドイツ語メニューだったのと、マスターが気さくな人で英語もしゃべれる人だったので、説明してもらって注文。
 美味しかったよ~~~~!!ギリシャ料理って正直あまり美味しくないってイメージがあったんですが、すっごく美味しかったです!魚介も臭みが無くてプリプリだったし!
 「日本人が来たのは初めてだよ」と言ってたマスター、一見強面だけど笑うととっても優しい眼になる人でした~vやっぱり観光客相手の店よりこういう小さな地元の店に行くべきだと改めて思ったワタクシでしたsn2

 さあ、明日はBernを出てThunersee(トゥーン湖)の端っこにある「Spiez(シュピーツェ)」という街に。ここには3日間泊まるのですが、ガイドブックにもあまり出ていないようなちっちゃな街。これが吉と出たか凶と出たか…。
 それは次回のお楽しみでございます(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ←タイトルが長すぎる!と思った人もそうでない方もクリックプリーズ。ぽちっとなv
Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[スイス旅行記]  thema:ヨーロッパ旅行記 - genre:旅行
復活っっ!
 我が家の壊れてた食洗機が、無事復活しました~~~!バンザイ
 「朝9時から午後3時までの間に行きます」というかなりアバウトな予定に内心「ホントに来るんかいな…」と疑いつつ待っていたんですが、11時ごろに来てくれました。
 んで、結局原因は前回と同じ「詰まり」。ちゃんと掃除はしていたんですが、今回は前回よりさらに奥の方で詰まっちゃったみたいで、「ここをドライバーでまわして外してから掃除してね」って言われました。ううむ。
 それにしても、今回来てくれたメーカーの修理のおっちゃんがとってもいい人でしてね!おしゃべり好きでずっとしゃべってて、私も話の内容は半分くらいしか分からないものの、時々妙におかしいコト言うので爆笑したりして(笑)
 「この食洗機はいつ買ったんだい?」って言われて 「前の住民が置いてったからわかんない」と答えたら「二年以上経ってる?」と聞いてきたので「私達が入居して2年近くになるから…」って返したわけです。したらおっちゃん大げさに首を振って「そうか~!残念だなあ、二年以内ならメーカー保証でただで直してあげられたんだけどなあ」って…。
 まあ、端っから保証なんて期待してなかったけど「え!そうなの!?残念だなあ~」って泣く真似したらこれまた大笑い。で、修理が終わり、修理費の請求書を作成しながらまたしても「二年経ってたらよかったんだけどなあ~」って意味ありげに呟き、ひょいと私に手渡した請求書の金額欄にはなんと「0.00Euro」の文字が…!
 「え?」って見上げたおっちゃんはウインクしながらニヤリと笑い、一言「サーヴィス」。
おっちゃん、いかしてるーーーーーー!! 
 前回、もっと簡単な修理内容で1万円近くも取られたので、今回もそれ以上の金額を覚悟してただけにすっごいうれしくて、ものすごい喜んじゃったら、おっちゃん人差し指を立てて更に一言。
「内緒だよ」
 うおお!やっぱおっちゃんいかしてるーーーーーー!!!
 というわけで、すっかりおっちゃんのファンになってしまったワタクシでした(笑)
 ドイツにだってこんなステキなおっちゃんがいるんだよ!
おっちゃんバンザーイ!!! バンザイ(笑)
Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[ドイツらいふ
君はアルプスで「クララが立った!」と叫ぶことが出来るか!?~スイス&ちょこっとフランス旅行日記~その1
相変わらずみょうちくりんなタイトルでスイマセン(笑)要は只の「スイス&ちょこっとフランス旅行日記」でございます。はい。

 2008年8月2日、朝9時ごろに自宅を出発。快晴の空の下、一路スイスのBernへと向かいました。なんつっても人生初スイス、初アルプスですから、もうドキがムネムネ!!(古っ)だっておっきい山なんて登った事無いですもん!富士山ですら7合目までがやっとだったというのに、いきなりアルプスですよ!アルプス!日本アルプスじゃないんですよー!!(うるさい)
 と、このように出発直後からはしゃぎまくったおかげで途中うっかりぐっすり眠りこけ、旦那に呆れ果てられたりしましたが、ともかく無事スイスに入国!
スイス入国ほらほら、スイス国旗!ちょっと雲が出ちゃってますね。青空ならとてもきれいに映えるんだろうな~。
 スイスに入って気がついたドイツとの違い。
「高速道路に制限速度がある」これだけ(笑)だって、公用語がドイツ語だから標識も看板も殆どドイツ語だし、国境って言っても形ばかりで殆どノーチェックだから他の国に来たって実感がわかないんですよ。しかも、国境付近は景色もドイツと変わりませんからね。


 初日はとりあえず素直にホテルにチェックイン。なんたって、移動時間8時間ですから旦那もさぞかし疲れただろう…と思ったら、「まだ明るいから街の中心に出て散歩してみよう!」とか言い出しましたよこのオヤジ(笑)じゃあ、ということで、夕食を食べる店を見つけるついでに町をプラプラ散策することに。ホテルからポクポク歩いて10分ほどで町の中心部に到着。実はスイスの首都だったりする、このBern。(そう!チューリッヒやジュネーブじゃないんですよ!!びっくりデスヨね?!ほらほら、ソコの人、「知ってたよ」って顔しない!/笑)小さい街ながらもちゃんと連邦議会議事堂があったりしてしっかり首都としての機能を持ってます。でも、人々はノンビリしてて穏やかで人懐っこくてとても親切でした鐔
んで、小さな町だったため有名ドコロの各種噴水などはあっという間に制覇(笑)でも、その時撮った噴水の写真は空が暗くなってきたせいもあって、細かいところが殆ど見えない…!だー昔そのあたりにあった堀に子供が落ちる事故が頻発したために子供を怖がらせて遠ざけるために作ったという「子供食いの噴水」などは結構生々しくて一見の価値ありなんですが、残念ながらここにのっけてもよく見えないので、どうしても見たい!という方は「子供食いの噴水 Bern」で検索してみてください。多分色々写真見れると思います(他力本願か!)
 でも、Bernでの写真を全くのっけないのも悔しいので、「Bernで見っけた変なモノ&可愛いモノ 」をご紹介(笑)

ベルン「テレビ教会?」テレビが沢山…。しかも、窓から差し込む光を浴びて、妙に神々しい雰囲気…。これ、ドコに置いてあると思います?チッチッチッチッチ…(イキナリクイズか!)
え?粗大ゴミ置き場だろう?ブッブー!!残念!実はこれ、教会の中。(えー!?)何故か入り口入ってすぐの一番良さげな位置に…。一瞬「ここはテレビを崇め奉っておるのか!?」と思っちゃいました。そんなワケ無いけどどうしてテレビが沢山あったのかは結局謎のまま…。不思議な教会でした(笑)

にこちゃん!?ベルン 消火栓ロボット「消えるクン」(嘘)

続いて街中。左のはBernの街中を走るトラムの高架線にいた「ニコちゃん四角いバージョン」。車で走ってる最中になんだか視線を感じてふと見上げた先にコヤツが(笑)多分何かのマークだと思いますが、妙にかわいいでしょ?んで、右のは「消火栓」ですが、ちっさなロボットに見えませんか?火事が発生するや否や自力で地面からズボッと抜け出て、短い腕を振り回しながら現場に駆けつけたはいいけど、パニックになっちゃって自分の機能も忘れて「大変ダー!火事ダ!火事ダヨ!!消防士サァァァン!!焦る3」ってグルグル走り回った挙句に到着した消防士さんに「やかましい」って踏ん付けられてそうじゃないですか?…え?説明が長い?スマンスマン(笑)

というわけで(だからどんなワケ!?)この日は結局旅行ブログで見つけておいたお薦めレストランに入ってお食事を。事前に「スイスのレストランは観光客には飲み物を沢山飲ませようとして料理に塩を沢山入れるから、食事がとても塩辛いので注文時に塩を少なめにしてくれと頼んだ方がいい」と情報を得ていたので(By旦那)(←重要)自分の分として「ソースが自慢の」ローストビーフを注文したタイミングで「あ、そうそう。料理の味はあまりしょっぱくしないで下さいネ」と頼んだら、ワタクシのローストビーフだけ本気でソース無しで来ちゃいまして…。牛肉本来のお味が楽しめましたヨ。ええ、しっかりとね。涙で、他のお料理がどうだったかと言えば、特にしょっぱすぎるということも無く、ごく普通に美味しくいただけましてね。要するに余計なコト言ったばっかりにワタクシの「ソースが自慢の」ローストビーフだけが「ソース抜きで」牛肉本来の・・・・・・旦那アァァァァ!!ほほう
 それにしてもおかしい!ドイツ語電子辞書に入ってた「レストランでよく使う会話」の中の「塩分を少なくしてください(Nicht zu salzig bitte)」をそのまま使ったのに!「塩分少なくして」、であって、「塩分まるっきり無しで」って言ったわけじゃないのにーーー!じたじたじた!だー
ええい、もう電子辞書の「旅行ドイツ語会話」は信じないぞ!信じるもんかーーー!!・・・と雄叫び上げつつ一日目はこれにてお終い。
 二日目は旦那の憧れ「モントルー」に行きまする。





Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[スイス旅行記]  thema:ヨーロッパ旅行記 - genre:旅行
アンティークな灯り&日本から
とっととスイス旅行記を…と思ってはいるものの、旅行中に撮った写真の量が思った以上に膨大で、整理するだけでも一苦労…。更に、またしても壊れました食洗機…。修理を呼びましたが来てくれるのは3日後の金曜日…それまでまたしてもあのせっまいシンクでの手洗いしなくてはならないのです~。えーん!
 更に更に、玄関ドアも歪んでることが判明!!どうやら旅行中に歪んだらしいのですが、原因は不明。場所が場所だけに、万が一空き巣狙いとかの犯行だったら怖いので、(侵入された形跡や取られたものはありませんでした)一応警察にも来てもらい調べてもらいましたが「犯罪の可能性はない」とのことで一安心
 とはいえ、直さないといけないことには変わりないので修理会社に連絡して今さっき見積もりして貰ったんですが、結局玄関ドアは全部総とっかえしなくちゃいけないことに…。しかもいつ出来るかまだわからないって…ううううう。とりあえずなんとか鍵はかかる様になったので、お出かけは出来るようになったけど・・・。
お願いだから早く直しに来てーーーー!! 
 てなわけで旅行から帰るなり踏んだり蹴ったりな我が家ですが、気を取り直して楽しい話題を。
先日日本の母から嬉しい荷物が届きました。
色々入ってたんですが、その中でも特に嬉しかったのがこの和菓子!!干菓子というヤツです。ワタクシこれが大好物でして…ai和三盆の優しい甘さと口の中で溶けちゃう感じがと~~~っても好きなのです~。ドイツでは和菓子といってもせいぜい冷凍のお饅頭がイイトコ。久しぶりの本格的な和菓子の味にものすごく幸せになれました。こういうの食べるとやっぱり日本っていいな、帰りたいなって思うんですよね。
ありがとう!おかあさーん!! 
干菓子ときどき行くアンティークショップで買った1800年代のシャンパングラスに入れてみました。こんな繊細なグラスにはやっぱりこんな小さくてキレイなお菓子が似合います3はーと


そして、先日スイスでゲットしたアールヌーボーなアンティークシェードにロウソクを入れて灯してみました。
アンティークシェードにロウソクの光フロストグラスを通した柔らかなロウソクの灯りが、ガラスに施されたグラビィールをほんのりと浮かび上がらせて、すっごくいい感じですよねsn2周りに置いた雑貨たちもほのかに照らされて、なんだかノスタルジックな雰囲気に。うん、やっぱりアンティークってステキだわ!


にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ←ブログランキングに細々参加中~。アンティークな雑貨は自分流の使い方が出来ることも魅力の一つですよね。お気に入りのコを毎日眺めてはうっとりしている同志の方々、どうかポチッと一つ(笑)
Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[あんてぃーく]  thema:アンティーク - genre:趣味・実用
恒例!~旅行蚤の市戦果報告 スイス&フランス~
 うふ(イキナリ)行ってまいりました、スイス!そしてフランスアルザス地方!旅の詳細は膨大な量の写真の整理をしてからゆっくりご紹介するとして、まずは恒例の(?)「旅行に行ったら蚤の市にも行かなきゃねご当地蚤の市戦果報告」でございます~~!!jumeejumeeドンドンドンパフパフパフ~
 今回、実は肝心の蚤の市自体には大幅に期待を裏切られちゃったんですが羔思わぬところで思わぬお宝に出会うことが出来ました!
 とりあえず、ちょっとがっかりだったスイスはベルンとフランスのアルザス地方の小さな町コルマールでの蚤の市の成果を…。
ベルン「ソープディッシュ」こちら、スイスの首都Bern(ワタクシ恥ずかしながらずっとスイスの首都はチューリッヒだと思い込んでおりました…)の蚤の市で出会ったコです。1930年代の陶器のソ-プディッシュ。一見ホーロー製に見えるんですが陶器です。こじんまりとした佇まいが妙に気に入ってしまいました。欠けもヒビも入っていないイイ状態のコです。水を張って小さな花を浮かべても可愛いかもしれません。


仏 ナイフで、このコはフランスアルザス地方のColmarという町の蚤の市で見つけました。ちょっとジョイント部分がぐらついているんですがブレード部分の柄が可愛らしかったし、このコをじっと見てたら売り主のおじ様が、イキナリ半額を提示してくれたのでお持ち帰り決定しました(笑)フランスのアルザスということで掘り出し物を期待していたんですが、蚤の市での戦利品はこれだけ…。でもね、でもね!ここはホントに小さな、でも素敵な町で是非もう一度行ってみたいと思わせてくれた素晴らしいトコロでした!詳細は後日、旅行記にて


 蚤の市での戦利品はホントにこれだけです…バカンスシーズンということが影響したのか、それとも普段からこんな感じなのかはわからないんですが、スイスBernの蚤の市は生活雑貨が中心で、ときどき見かけるブロカントやアンティークものはかなり値段が高く、手が出ませんでしたし、フランスのColmarの蚤の市は出店数わずか4つ(!!)という規模の小ささで、もうどうにもこうにも…

 で~も~…えへへ~。最初に書いたとおり、今回は思わぬトコロで思わぬお宝に出会うことが出来たので、ご紹介させていただきます~
 お時間ある方はお付き合いくださいまし

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ←ブログランキングに細々参加中~。たとえステキな出会いが無くても諦めちゃいけないアンティーク道!ウンウンと頷いてくださる方はどうかポチッと一つ(笑)



 more...

Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[あんてぃーく]  thema:アンティーク - genre:趣味・実用
明日からスイスに!もちろん蚤の市も…(笑)
 なんだかもう無駄にクソ暑い(下品)日が続いておりますドイツですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。今日はちょっと風があって曇ってるので、少しだけ涼しいですが、この1週間ドイツ全体が暑くて普通じゃありませんでしたあまり早く夏が終わってしまうのも嫌ですが、むやみやたらと暑いとそれはそれで腹が立つという我が侭勝手な人間の見本のようなワタクシでございます(笑)

 さて、今年の夏休みですが明日(8/2)から8/8までスイスに行ってまいります~人生初スイス!緑の草原で「クララが立った!!」って叫んできます(やめれ)子ヤギのユキちゃんも1頭こっそりさらって来たいです。(犯罪)そしてアルプスの山の斜面を駆け下りたあげくに勢いあまってゴロゴロとふもとまで転がり降りてみたいと…!(死)
 とまあ、阿呆な野望は置いといて、初のスイスを家族で存分に楽しんできます!そしてもちろん旅行中に立ち寄れそうな蚤の市(スイス国内では二日目のベルン、帰りに1泊するフランスのコルマール)もしっかりチェックしてありますので(執念)ガッツリ行って来ます!!お宝ゲットできますよーに!←既に何が目的なのか見失ってる感あり。

 んで。前回の記事で図々しい告白をしておりますワタクシですが、図々しいついでにもう一つ過去の栄光を。(恥の上塗り/笑)マジで時間の無駄なので、暇でしょうがない方&多少怖いものでも平気な方のみ読んでやってください(笑)

 more...

Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[ドイツらいふ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。