スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
お待ちしておりました♪
カップボードうふふふふふふふ。とうとうやってきましたv 念願のカップボードが!うひひひひひひvv 今、彼女はエスチィマー(ダイニングルーム)側のキッチン入り口脇に収まっております(^^ 元はたぶん濃い茶系だったのだろうと思いますが、今は白くペイントされていましてなかなかシャビーな雰囲気醸し出してていい感じですv
これ運び込んでもらうのがまた一苦労でした(^^;エントランスのベルが鳴って、鍵を開け、玄関ドアを開けて待ってたんだけど 待てど暮らせど上がってこないので(ウチは3階)どうしたのかと思ってたら、階下から何やら呻き声や奇妙な掛け声が…。「な、何!?」とちょっぴりビビリつつ待ってたら真っ赤な顔したマリオ似のおっちゃんと筋肉隆々のマッチョおっちゃんが現れました。二人でカップボードを持ってきたようですが、どうやら物凄い重いらしく、階段一段上がるごとに「ふぉっ!」とか「ふむぅっ!」とか唸っていました(^^;

 必死に部屋まで運び込んでくれたおっちゃんが一言「これ90キロ有るんだよ」って…ええっ!?90キロですか!?そ、そりゃあ重いはずだ…( ̄Д ̄;;

 それでも、嫌な顔ひとつせずちゃんと設置までしてくれたおっちゃん達に、冷えたコーラを一杯ずつあげたんですが、そのマリオおっちゃんが面白い人で飲み終えたコップを私に渡す時「おわわわわわ」って言いながら凄い勢いで右腕震わせるんですよ。(きっと「重すぎて右腕が震えちゃうよ~!というジェスチャーであろうと思われ)なので私も「あわわわわ」っていいながら受け取って、三人で笑ってました。変なの(笑)んで、帰り際に頑張ってくれたお礼として少しばかりのチップをそれぞれに渡しました。それにしても、ドイツの人って噂と違って楽しい人が多いんですよ♪誰だ?「ドイツ人なんて皆仏頂面で不親切だ」なんて言ってる奴は┐( ̄ヘ ̄)┌


 それにしても、せっかくお気に入りの家具を買ったというのに、飾るお気に入りの食器が殆ど無い、という現実に気付き、愕然としております(気付くの遅すぎ)
仕方ないので、ドイツに来てすぐに買いそろえた真っ白な食器セットや、日本から持ってきた和食器を並べてありますが、少しずつお気に入りの食器を買い集めて飾りたいなあ…と新たな野望(&物欲)に燃えております。頑張って稼いでねvダーリンvv(旦那にとってはただの底無し地獄)

スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:0   trackback:0
[あんてぃーく
やっと会えたv

 ようやくカップボードを買いましたvうふふふふ。入居以来ずっと食器一式キッチンにあった作り付けの引き出しにしまっていたんですが、これが開け閉めするたびにガッチャンガッチャンぶつかり合って、欠けるわ割れるわ…(TT

その度にがっかりする私を見て心優しいマイダーリンvが「食器棚買いに行こう」と言ってくれたのでした~!!о(ж>▽<)y ☆

うひょひょひょひょ♪もちろん頭飛んでっちゃうんじゃないかと思うような勢いで首を縦に振りまくって、ワタクシ好みのカップボードを手に入れんが為まずはでっかい家具専門店に…。

と~こ~ろ~が~。

IKEAを含め3件まわったんですが、イザ見つけようとするとなかなか希望通りの物が見つからない…。以前来たときにはあったのに…とか、もう少し幅が狭ければいいのに…とかこの色じゃなきゃいいのに…とかとかとか。日本の自宅には既に数年前にオーダーして作ってもらったカントリーカップボードがあるため、とりあえず300~500オイロくらいで帰国する時は置いて行ってもいいような物でいいや…と思いつつも、やっぱり自分の住処に気に入らないものは置きたくないし…とは言ってもこれ以上食器が割れたり欠けたりするのも困る…。で、迷ってたらまたしてもやさし~いダーリンの一言がv

 「じゃあ、この前見つけたあのアンティーク家具の店に行ってみる?もし手頃な値段で手頃なサイズのが見つかったら日本に持って帰ってもいいし」

え・・・・


ま・・・・



 

マジですかっ!?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


 やたーーー!!

 そうと決まればさあ行こうすぐ行こうやれ行こうほれ行こう!!旦那の気が変わらぬ内に!!(笑)

 つーわけで、以前から気になってたアンティークショップに直行!そこで見つけました!手頃な値段とサイズのカップボードを!!当然それほど古い年代のものではありませんが、形も雰囲気も好みだったので即行買い!我が家の車に乗るような大きさではない為、配送をお願いするとなんと「あさってには届けることが出来る」との言葉が。「また2~3週間待たされるんだろうな・・・」なんて思ってただけに嬉しさ倍増♪配送料もI良心的。なかなかいいお店でございます(^^

 それにしても、この店のおねーさんてばゲンキンな方でね。店に入った時点では「どうせ見るだけで買わないんでしょー」って感じで一瞥くれただけだったのに「これ下さい」って言った途端ニコニコしちゃって(笑)こういう素直なわかりやすさは好きです♪

 てなわけで、あさってには我が家に念願のアンティークなカップボードが届くのです!楽しみだー!!!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

Posted by Yun*ゆん
comment:0   trackback:0
[あんてぃーく
今ソコにある危機~上を向いて歩こう~

 私は背が低です。とても低いです。えらい低いです。(しつこい)日本人女性の中でも多分低い部類に入ります。そんな私が滅多にしない場所に怪我をしました。どこか。デコです。そう、デコ。デコと言えば額です。同じ境遇の人ならわかると思いますが、身長150センチ以内の場合、外を歩いていてデコをぶつけるということはまず殆ど無いに等しいです。まあ、歩きながら携帯メールに夢中になって、目の前の電柱に気付かずがっぷり四つに組んじゃったことはありますが。負けました。当然。思えば小学校の遠足の時にものんびり歩いてたらいつの間にか遅れちゃって、慌てて走ってる最中に他のクラスの友人に声をかけられふと横を見た瞬間に道路標識のポールにギャグ漫画のキャラクターみたいな格好で体当たりしたこともあったけな。あの時は痛いわ恥ずかしいわで…って、おっと話が逸れました。ともかく、背が低いと上の方に何かあっても大抵は屈まなくても通れるんです。特にここドイツに来てからというもの、ワタクシ当然の如く外で屈んだことなんかゴザイマセンでした。 

 ところが。

 危険というものは思わぬところに潜んでいるものです…。そんな「背の不自由な」(旦那言)ワタクシが、Uバーンの某地下駅構内で予想外のモノから攻撃を受けたのです!Σ(・ω・ノ)ノ!(いや、勝手にぶつかってっただけですが)

 あの日は小春日和でごぜーやした。(誰!?)あっしはちょいとお洒落して帽子なんざ被って出かけてやしてね、ドイツに来たばか(中略)まぁ用事も済んだんでそろそろ帰ろうかと地下鉄の駅に入ったんでさぁ。んで、まっつぐ前向いて歩いていきゃぁいいものを、ふと切符をチャンとしまったかが気になって、歩きながらバッグの中を確認したんでさぁ。

当然下向くことになるじゃないですか。(ヤクザもん口調に疲れた)しかも帽子のつばで前が良く見えない。でも、何も気にすることなく切符が有ることを確認して頭をヒョイと上げたその瞬間・・・。

ゴスッ!!!

 すっごい鈍い音と衝撃と共に、目の前に星が!!一瞬何があったか判らんかったですよ!!(竹山風)もうね、ものっすごい痛くてね。でもね、なんででしょーね~。日本人って不思議ですよね。あ~言う時どうして「何事もなかったような顔」、しちゃうんでしょうね~。( ̄_ ̄ i)痛くて痛くてしゃがみ込みたいくらいなのに、何故か案内板を見上げてました。涙で霞んで良く見えなかったけどね!(ばか)

 とりあえず哀しい日本人の性をひしひしと感じながら、何にぶつかったのかを確認しようと「さりげなく」引き返したんですが…ソコで見たものは案内板の端っこの高さ150センチくらいに取り付けられた『消火器ボックス』でした…。

ぬぅわんで『消火器ボックス』がそげな中途半端な位置にあるとやーーーーーーー!!!???あぁーーーー!?

日本じゃ消火器は下にあると相場は決まっとうがや!!え?ここはドイツじゃ!?そうかそうか!!ほんじゃあ、100歩譲って上にあってもええがよ、ぬぅわんであげな角のあるボックスに入れとうが!?あぶにゃーじゃにゃーか!!(何語だよ)ああそうじゃ!あたしゃーその「カド」にしこたまデコぶつけたんじゃ!キシャーーー!!(威嚇)


 というわけで。他の何者でもなく、ワタクシ自身の不注意により前を歩いていたドイツ人青年が思わず振り返るような音がするほど、Uバーン地下駅構内の『消火器ボックス』の「カド」でデコを強打した次第であります。痛みを堪え乗り込んだ車内でこっそり帽子の下に手を差し入れて確認したところ、見事なでっかいタンコブ&流血しておりました☆-( ^-゚)v幸い出血量は少なかった為、帽子が吸収してくれて他の乗客には気付かれませんでした。帽子が分厚い生地で出来てて良かった♪(そういう問題ではない)その後娘らと旦那に驚かれ呆れられ笑われて(酷い)、更に内出血の為の皮膚の変色が徐々に下に下がっていくというキモチワルイ状態を数日間にわたり経験。(一時は顔半分だけ色が変わってて某ネオロマゲームの陰陽師みたいだった…)10日ほどでようやくフツーの顔色に戻れました。

 皆様もドイツのUバーン地下鉄構内の消火器ボックスには充分に注意してください。

Posted by Yun*ゆん
comment:0   trackback:0
[武勇伝
ココはドコ…~見ないでオーラvsおっぺけオーラ~

 私たちが住んでるところの近くにある街は、ドイツの中でも日本人が多い。とても多い。とにかく多い。街の中心部には日本食材屋も日本の本屋も和食レストランもかなりある。まだ日本がバブルの真っ只中で、日系企業がこぞってドイツに進出していた頃の名残らしい。今は当時より大分少なくなったらしいがそれでも街中を歩いていると驚くほどの頻度で日本人とすれ違う。週末の日本食材店の周辺なんか「ココは日本か!?」と思っちゃうくらいだ(いやほんとに)それ自体はイヤではないし、ましてや私たちのような海外生活初めて組にはとても心強いことなのだが、何故か道行く日本人は皆絶対目を合わせようとしない…。それどころか視線逸らすし!「見ないでオーラ」迸っているし!!何故だ!?あたしはちょっと聞きたい事があるだけなのに!道を聞きたいだけなのに!!あたしが不審者に見えるのか!?それともおっぺけオーラが迸ってるからか!?(その可能性はデカイ)まあ、あたしの場合それでもめげずに声かけちゃうんですけどね(笑)迷惑ですね。ゴメンナサイm(__)m

 んで、結局何が言いたいのか。遠い異国ですれ違う同国人の「見ないでオーラ」がちょっと寂しいっちゅーことです。はい…ちょーん。

Posted by Yun*ゆん
comment:2  
[つぶやき
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。