スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
でっかい移動遊園地なり♪
 自宅からUバーンでちょっと行くとライン川があるんですが、その河川敷で毎年春から夏にかけて「Kirmes」という移動遊園地が何度かやってきます。先週から来ている「Kirmes」はその中でも最大のもの。
 娘たちは既にそれぞれのお友達と遊びに行っちゃいましたが、私はUバーンの窓から「楽しそうだなー」と眺めてるだけでした。(前に小さいのには行ったけどね)なんたって、今回のKirmesは規模が違う!小Kirmesはゴーカートやちょっとした絶叫マシン「風」の乗り物があるだけだったのに対し、今回は本格的な絶叫マシーンが盛り沢山!「ウォータースライダー」やら宙ぶらりん(床が無いやつ)のジェットコースターやらビックショットやら絶叫マシンだらけでした。最初は「組み立て式のジェットコースターって…安全性は大丈夫なのか!?」とか思ってたんですが、日本みたいに常設で安全点検怠けて事故起こすより、組み立ての度に点検できる方が安全かも・・・とか思うようになってしまいました(笑)
 ともかく、動いてるトコ見てると面白そうです。(グルグル系や激しいアップダウン系は最近乗れなくなっちゃったけど…汗;
 んで、金曜日に花火が上がるということで、娘連れて行って参りました♪

ぐろーすKirmes花火2綺麗でしょちな♪日本人祭の時より規模的には凄かったかも。


ぐろーすKirmes夜のKirmesKirmesのすぐ傍の橋の上から見たんですが、Kirmes自体もこんなに綺麗キラキラ(オレンジ)この上空に花火ですから、ホントに凄く綺麗でしたよ!

この日は花火だけ見て大人しく帰りました。(夜遅かったし)

 

 more...

スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:2  
[ドイツで住んでたトコロ
日本人祭り




JAPAN Tag2 JAPAN Tag
 自宅からわりと近いところで「JAPAN Tag」というお祭りが開催されてたので行ってきましたまつり写真を見ると分かると思いますがかなりの人出でビックリでしたよ~!このあたりは日本人率が高いためか、ドイツの中でもかなり日本人に優しい街で、日本の文化にも素直に興味を持ってくれてるドイツ人も多いみたいです。弓道の実演や、着物の試着コーナーには本当に多くの日本人以外の人が集まっていて凄かったな~(^^漫画コンテストコーナーなんかもあって、ドイツの若い女の子達が一生懸命4コマ漫画に挑戦していました。なかなか上手な子もいましたよ~にこ*」の実演講習コーナーなんかもあって、テントの中では実際に碁を打ち合うドイツ人が・・・!ちょっと面白い光景でした(笑)

碁を打つドイツ人

 そして、夜にはライン川の河原で日本製の花火花火が打ち上げられたんですが、コレがまた素晴らしかった…!!ドイツの花火もキルメスの時に見たことがありますが、やっぱり全然違うんです。ドイツの花火は比較的パッと上がってパッと散っちゃう感じだし、色も単調ですが、日本の花火は打ちあがって消えるまでの変化の仕方がバラエティに富んでるし、消える時も余韻があるし、何よりその色の艶やかさが格段に違います。技巧を凝らした花火が打ち上がる度に、周りのドイツ人観客から拍手と完成が沸き起こり、その度になんとなく誇らしい気持ちになってしまいました♪自分が作ったわけでもないのにね(笑)ラストの十尺玉数十連発はまさに圧巻!!空一面が花火で埋め尽くされた感じでしたよ!!

 また来年も是非この素晴らしい花火を見せて欲しいものです花火

Posted by Yun*ゆん
comment:2   trackback:0
[ドイツで住んでたトコロ
「バラの月曜日」という名のバカ騒ぎ♪
今日はとっても大きなカーニバルが催された日でした~!街中の人が仮装して街に繰り出し、巨大で派手な山車に乗ったパレード参加者から沿道に詰め掛けた数万人の人々に向かって沢山のお菓子が投げられます。その名も「Rosenmontag」(ローゼンモンターク『バラの月曜日』)という年に一度のお祭りです(^^「Rosen」は本来バラという意味ではなく「バカ騒ぎする」という意味の単語がなまったものだという説もあるようですが、どちらにしても凄まじい騒ぎでした。ええ、もうそれはそれはビックリ!日本人の感覚では「ついていけない」と感じる人も多いそうです。 え?ワタクシ・・・?当然ドイツ人と一緒になってバカ騒ぎしたに決まってるじゃないですか!!(爆)しかもしっかり仮装までしましたよ。家族揃って(激爆)。
カーニバル家族フォト
 真ん中の魔女(鼻付)がワタクシで、左のチビ魔女が次女、右の猫耳ムスメが長女、で、後ろでトナカイの気ぐるみ着てるのが旦那(42歳)です(大爆笑) 夫婦揃ってメイクまでしております。こんな日本人他に見かけませんでしたが、どうしてでしょう。もしかして本気で私たちだけだったなんて事は無かったと思いたいんですが…(笑)だって、せっかくのカーニバルですよ?もったいないじゃないですか!お祭り大好き、バカ騒ぎ大好きな私達夫婦にとってはおおっぴらにおっぺけなコトができるまたとないチャンス!!独特の掛け声をかけながらしっかり沢山お菓子ゲットしましたv(ワタクシが持っているカゴはそのためのものです♪) 家族で参加したのは本番前日のminiパレードで、翌日の本番は友人と二人で中心街まで繰り出しました。 カーニバル写真ちょっと出遅れてしまったため、最前列を陣取ることが出来なかったんですが、パレードが始まってしばらくした頃、前に立っていたとても背の高いおじいさんが、ふと後ろの私たちに気付いてくれて「君たちは小さいからそこじゃ何も見えないだろう?いいから前においで」と言って一番前に出してくれたんです~!!ダンケシェーン!!なんてジェントルなおじいさんなんだ!!というか、ドイツ人みんなこんな人ばかりですv本当にみんな良い人!!帰る時に道を尋ねたドイツ人のお父さんも、少し酔っていたのかもしれないけど、すごくノリのイイ人で、「あっちに行くとライン川があるよ~」って言いながら踊ってました(笑)もちろん私も踊りました(爆)
 私が思うにですね、ドイツの人達は自分の国が好きで、誇りを持っている人が多いんだと思うんですよ。だから、こちらがこの国に馴染もうとする姿勢や、敬意を持って接すれば、きちんとそれをわかってくれて受け入れてくれようとするんじゃないでしょうか。 逆を言えばドイツに馴染もうとせず、「ドイツなんて」と思っているようではいつまで経っても受け入れてもらえないのではないかと思います。相手の懐に飛び込んでいく、位で丁度イイんですよ。きっと。「ドイツ人は頑固で無愛想」という一面ももちろんあるでしょうが、そればかりではないんだとつくづく感じました。  とにかく、二日間楽しくて楽しくてますますドイツという国が好きになりましたヨ!ちなみに、ゲットしたたくさんのお菓子は自宅に持ち帰り、おいしいものもそうでないものも家族で頂きました(-^□^-)  「来年は殿と姫というテーマで仮装しよう!」と旦那と熱く誓いつつ、私たち家族の始めての「Rosenmontag」は終わりました。ああ、本当に楽しかった!!(^^
Posted by Yun*ゆん
comment:0   trackback:0
[ドイツで住んでたトコロ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。