スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
バーミンガムに行ってきました!
11日から12日の1泊2日、家族でBirminghamに行ってきました~。
家族全員でのイギリス国内旅行はもうこれが最後になると思います。ううう。

Birminghamへは車で約二時間半くらいですが、途中でKenilworthという町に寄り、
今は廃城となってしまったKenilworth城を見てきました!

P1100961.jpg
Kenilworth城は12世紀からあるお城で、
かつてはエリザベス1世とその愛人と言われたダドリー卿の
愛の城などとも呼ばれていましたが、後年打ち棄てられ、
廃城となってしまいました。
今はEnglish Heritageという団体に管理保存され、イギリス国内でも
人気の観光スポットになっています。
で、このお城は私の大好きなスペインの王様「ドン・ペドロ 1世」の
次女「コンスタンシア」のダンナである「ジョン・オブ・ゴーント」さんとも
関わりが深く、彼が塔や城壁の一部などを建設したのだそうです。

P1100974.jpg
「in 1371 Gaunt married Constanza, doughter of the spanish king, Pedoro 1」
と書いてあります(^^ 今回このお城の中の説明文を見て
初めてこのお城との関わりを知ったんですが
思わぬところでドンさんのお名前を見れて、嬉しかったです~

P1100985.jpg
廃墟ファンのワタクシにとってはたまらんトコロでした。
この日はちょうどいい感じに曇っていて、更にいい感じに
風が吹き荒んでおりまして、雰囲気満点でございました~

P1100988.jpg
お城の周りの風景。こういう景色はきっと数百年前から変わっていないのでしょうね。

んで。Kenilworth城を後にして向かったのは、
今回の旅の目的地Birminghamです。
なんで、この時期にわざわざBirminghamかと言うと…。

P1100996.jpg
コレです。クリスマス・マーケット。
本場のドイツからやって来た各種屋台が沢山出て、
街の中心部の広場は凄まじい人出でした。
(マトモに歩けないくらいすごかったです

P1100999.jpg
P1100998.jpg
P1110001.jpg

懐かしい風景。でも、やたらと安かったのはどうしてだろう…?
本場ドイツより安いって…もしかしたらニセモノかも…!?
と思いつつも、ドイツにいた時に結局買わなかったパイプ人形を
ココで買っちゃうアタリがダメダメな感じですね、ハイそうです(笑)

泊まったのは「Plough and Harrow Hotel」というホテルでした。
ネットで検索していて見つけました。建物の外観写真が
すごくいい雰囲気だったんですが、中はちょっと
鬼怒川の大型温泉旅館ぽい構造でした…(やたら入り組んでて
階段を登ったり下ったり…フロントから部屋までがやたら遠かった…
中心部からはちょっと離れているので車じゃないと不便です。
安いのでそれほど期待していませんでしたが、
まあまあいい感じでした。(スタッフは優しかったです)

翌日、帰る前にストークオントレントという陶器工場が沢山あることで
有名な街に。ココにはウエッジウッドや、ロイヤルドルトンなど
有名な窯のアウトレットファクトリーも沢山あり、日本人の駐在奥様にも
大人気な場所です。わざわざ自宅から行くつもりはなかったものの、
せっかく近くまで来たんだからと、寄ってみることにしまして、
結局ウェッジウッドのティーカップとケーキ皿のセットを買いました。

P1110009.jpg
駐妻に大人気の「ワイルドストロベリー」も可愛くて好きなんですが、
「皆が持ってるのと同じの買ってもつまらない」というわけで
こんな、ちょっとシンプルで大人っぽい感じのセットにしてみました。
ウェッジウッドのこのシリーズについてはよく知らなかったんですが、
使ってみるととても持ちやすくて、いい感じです。
残念ながらポットなどはありませんでした…。アウトレットなので、
全てのシリーズが必ずセットで置いてあるとは限りません。
でもまあ、現行品なので追々ポットやクリーマーなども
揃えようと思っていますちなみに写真のスイーツは
「Lanka」の「アールグレイのクレームブリュレ」です。
大変美味しゅうございました~

P1110003.jpg
で、ちゃっかりワイルドストロベリーのお皿も買っちゃいました~。
だってこの形、お尻みたいで可愛すぎるんだもん(笑)

一時帰国間近の慌ただしい中での旅行でしたが、
赴任生活最後の家族旅行はとても楽しかったです


スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:10  
[行ってきた♪(イギリス国内)]  thema:イギリス旅行 - genre:旅行
コッツウォルズ アンティーク三昧の女二人旅 後編
コッツウォルズ旅行記、本当は前・中・後の3部作にするつもりだったんですが、
忘れないうちに上げてしまおうというわけで、今日、一気にUPします。すんごい長いです。
決して面倒になったからというわけでは、いえホントホント。ゴメンナサイ(笑)


えーと、前編はチッピング・カムデンでアフタヌーンティー喰らった
したトコまででしたので、今日はその後から…。

P1100717.jpg
写真中央の建物が昔マーケットホールとして使われていたもので
今でも当時の姿のまま残っています。隣接する公共の駐車場は
有料(70ペンス/1h)ですが、街の中心部なので
観光にもお買い物にも便利ですし、停めやすいのでおすすめ。

P1100723.jpg
お花屋さんの店先。何気ない風景が妙に絵になると思うのは
「旅行者」の目線で見ているからなのでしょうか?

お茶し終わって店の外に出たら、なんともう午後4時すぎ。
まだ今日の予定の半分しか消化していないのに…。
というわけで、慌てて出発。本当はあと二つ街を回る
つもりだったんですが、どう考えても時間が無いので
そのうちの一つだけに行くことにしました。

P1100729.jpg
で、30分ほどで着いたのがStow-on-theWoldという街。
ココでもアンティークセンターがお目当て…だったんですが
到着した時間が時間だったため、ほんのり薄暗いわ、
もう人影もまばらだわ…。おまけにアンティークセンターも
閉店時間ちょっと過ぎてた…。あきらめ悪くショウウィンドウ
から覗き込んでたら、ちょうどスタッフが鍵をかけに出てきたので
話しかけたけど「ゴメンナサイ。もうクローズだから、明日来て」
・・・・・・ガクーッ明日は来れないです…。
他にもアンティークギャラリーと銘打つお店に入ったんですが
ケタ違いのプライスカードに驚愕し退散(笑)

P1100728.jpg
でも街の中心の教会で、アンティークフェアやってました!
ストール数20前後の小さなフェアで、戦利品は何もなかったけど
とりあえず楽しかったです。(ファイヤキングのジェダイの
シュガーポットがあったんですが、とても高くてびっくり!)

暗くなり切る前にホテルに着かないとヤバいので
(ホテルは小高い丘のてっぺん。イギリスの田舎道には
街頭なんか殆ど無いので、夜はホンキで真っ暗です)
とっととホテル目指して出発しました。
で、どうにか真っ暗になる前ギリギリにホテルに到着。
今回泊まったのはCleev Hill HouseというB&Bです。
ネットで評判の良いB&Bを探したら、ここがヒットしました。
駐車場から玄関までちょっと長い階段を登らなくちゃならなくて
大きなトランクの友人は大変そうでした…。ごめんね、Tさん
このB&B、本当に評判通りステキなトコでした~。
とってもフレンドリーに出迎えてくれたオーナー夫妻は
朗らかで人当たりの良い方達で、ご主人はなんとドイツ人!
友人とドイツ語で話してました(笑)
肝心のお部屋もすっごくステキでした!!

P1100733.jpg
ほらほら、とってもロマンチックな雰囲気。

P1100731.jpg
しかもこのお部屋、B&Bにしてはとても広かった!!
窓も大きくて、外にはこのB&Bの売りの一つでもある広大な丘の景色が!
一泊しかしなかったのが惜しいくらい、イイお部屋でした。

そんなステキなお部屋で明日のプランを練り、これまた美味しいと評判の
翌朝のフルブレックファーストを楽しみにしつつ、眠りに就いたのでした

more…をクリックでコッツウォルズ2日目。
お時間のある方は、お付き合い下さい♪

 more...

Posted by Yun*ゆん
comment:2  
[行ってきた♪(イギリス国内)]  thema:イギリス旅行 - genre:旅行
コッツウォルズ アンティーク三昧の女二人旅 前編
はい!お待たせいたしました!え?待ってない?
え…コッツウォルズですよ?!あの有名なコッツウォルズのレポートですよ!?
なになに?だって観光なんかろくにしてないから参考にならないって
断言してたじゃないかって?・・・・・・か、観光もしたもん、ちょっとだけ

というわけで!無理矢理スタートさせます「コッツウォルズ女二人旅」!!
秋のイギリスの二日間、コッツウォルズの北と南を車で走り抜けてまいりました~

あ、そうそう。ワタクシ達、この旅行中に立ち寄った数々の
アンティークセンターやショップの写真を、殆ど撮り忘れておりますので
お店の外観等はあまりご紹介できません。ゴメンナサイ…(ダメダメ)

さて、ロンドン郊外の我が家を朝の9時に出発。
最初に目指したのはチッピング・ノートンという
街の近くにあるアンティークセンターです。
ちなみに、これが当日の実際の行程でございます。
(右から左へと進みました)

30.jpg

大きなモーターウェイを外れ、田舎道を走り続けていると
いちいち可愛くてステキな風景に出会うので、飽きないです
DSC_2460.jpg
道端の家や

DSC_2432.jpg
道の名前を書いた看板すら可愛い~

最初のアンティークショップでは、
とても座り心地の良いヴィクトリアン時代の
椅子を見つけたんですが、座面の布の色と
前部の脚の形がちょっと気に入らなかったのでパス。
結局他にコレ!というものも見つからなかったので、
次なる目的地「シップストン・オン・ストゥール」へと向かいました。

P1100701.jpg
その前に腹ごしらえ。このかわいいお店で
昼食用のパンとリンゴを買いました

最初のアンティークセンターから車を北に向けて走らせること
約30分ほどで「シップストン・オン・ストゥール」に着きました。
小さな街ですが、「LONDON HOUSE」というアンティークセンターが。
写真を撮るのを忘れてしまったんですが、イギリスのアンティークセンター
らしく、入り口からは想像もできないほど奥に長く、その中には
ゴチャゴチャと様々なアイテムが。正直アンティークセンターというよりは
「古物屋さん」といった感じもしましたが、ワタクシちゃっかり
こんなお宝ゲットしました

P1100759.jpg
密かに欲しいと思っていたスクエアのケーキスタンドです!
丸いのはよく見かけますが、このタイプはなかなか出てきません。
上段にちょっと傷がありますが、自分で使うので気になりませんし
おかげでかなり安く買うことができたので、大満足です

次に向かったのは更に西に30分ほどの「チッピング・カムデン」です。
ここは古い茅葺屋根の家が点在することで有名なので、
知ってる方も多いのではないでしょうか。

DSC_2457.jpg
こんなおウチがあちらこちらに。日本の茅葺屋根とは
印象がずいぶんと違いますが、どことなくホッコリと
和むという点では同じかもしれません。

P1100707.jpg
セント・ジェームズ教会の入口。
葉っぱのグラデーションが綺麗でした。

この街ではアンテイークショップ巡り以外に
もう一つ重要なミッションが。

DSC_2447.jpg
はい、アフタヌーンティーでございます
Badgers Hallという結構有名なティールームで、
予約無しで大丈夫かちょっと不安だったんですが、
ラッキーなことにちょうど2人席が空いてました
クリームティー(スコーンと紅茶のセット)もあったんですが
せっかくなので、 トラディショナルアフタヌーンティー
(サンドイッチとスコーンと紅茶のセット)を頼みました。
美味しかった~久しぶりのクロテッドクリームが
めちゃくちゃ美味しくて大変でした(笑)
時々、スコーンについてくるクリームが
生クリームなお店があるんですが、コレは許せません。
やっぱりスコーンにはクロテッドクリームでないと!
ダイエットを始めてからあまり食べてませんが、
やっぱりコレは美味しゅうございます~
このお店、内装もとってもかわいかったですよ。
店の奥にはこんなコーナーが。

P1100714.jpg
P1100715.jpg
なんか可愛いですよねえ~!いっそここに住み着きたいとか思っちゃいました(笑)
で、美味しい物を堪能した後はアンティークショップへ。
また外観写真撮り損ねましたが(ダメダメ)ここでは友人がとても素敵な
ピアッシング加工のされたシルバーのティースプーンセットを購入。
私は何も買いませんでしたが、地下室いっぱいにゴッチャリ並べられた
陶器に圧倒されました。その中にイイ感じのC&Sがあって、
ちょっと迷ったんですが、結局買わず。今思い返すとやっぱり可愛くて
「やっぱり買えばよかった…」と後悔中なのです・・・

この後もモチロンまだ旅は続くんですが、ちょっと長くなったので
続きはまた別の日に。なるべく早めにUPしたいな…と思ってます…
イヤ!ホントに!!本当ですから!!
・・・ってあ、そうだ。ココで出会った可愛い子をご紹介。

P1100725.jpg
あまりのブサ可愛さに(失礼)思わずカメラを構えたら
飼い主さん(隣の女性)がわざわざワンちゃんが
前を向くように仕向けてくれました。ありがとうございました~

それにしても、さーむーいーーーー!!底冷えしてます!いきなりなんなのこの寒さ!?
コッツウォルズ旅行中もその後も暖かかったのに、昨日から急に冷え込んできました。
今朝なんか暖炉に火を入れようかと思ったほど。なんとか火を入れずにしのいでいますが
絶えられなくなるのも時間の問題かも…(寒いの嫌い)

Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[行ってきた♪(イギリス国内)]  thema:イギリス旅行 - genre:旅行
ストーンヘンジ見に行ってきました
先日の月曜日はイギリスはバンクホリデーという休日で、
更に次女の夏休み最後の日ということもあったので、
自宅から車で一時間半ほどで行ける「ストーンヘンジ」に行くことにしました!!
ずっとどんよりとした天気が続いていましたが、この日は久しぶりに一日中晴れてました
ストーンヘンジ日和でした(笑)

このストーンヘンジ、ホントに突然平原の中に現れます。
周りにな~んにもないので、かなり目立ちますが
なんかあまりにあっさり有りすぎて、チョト拍子抜け。
長女は学校の遠足やら課外授業やらで来てるので今回3回目。
ガイド替わりに説明してもらいました(笑)

P1090690.jpg
思ってたより小さいと感じてしまった。なんとなくものすごい巨石が
積み上がっているイメージがあったんですが、実際は大人の背丈の二倍~三倍程度の
大きさでした。(って、十分大きいんですけどね)
でも、ミステリー大好きだった子供の頃に憧れてた場所に行けたので感動でしたよ
一生行けないと思ってたもんなー・・・。
ストーンヘンジの周りはロープが張ってあって、
石に触ったり間近で見ることは出来なかったんですが(残念)
古代のミステリーとロマンに触れることが出来ました
この写真にはたまたま写っていないんですが、休日ということもあって
周りには沢山の観光客がいました。長女が前に来た時は平日だったせいか
殆ど人がいなかったそうでしたが…。あ、そうそう。もしココに行く場合
入場口で音声ガイドを借りた方がいいですよ。
通り一辺倒の説明だけじゃなくて、この地にまつわる伝説や神話なんかを
聞くこともできるので、結構面白いですから。

30分ほど見学した後、更に車で一時間ほどのところにある
Swindonという街に移動しました。ここにはアウトレットモールがあるのです。

アウトレットモールに行く前に、お昼ごはんを。
ネットで調べて評判だった、イタリアンレストラン「Fratello's Restaurant」へ。

P1090703.jpg
ほうれん草のブルスケッタ。美味しかったー

P1090704.jpg
ワタクシの食べたアラビアータです。辛かったけど美味しかったー
量が半端じゃなかったです…。でもダンナの食べたピザがすごく美味しかった~。
このお店はピザが売りらしいので、私もピザを頼めば良かった…。
ちなみに、娘たちはボンゴレを頼んだんですが、コレはイマイチでした…。

P1090705.jpg
んで。このお店、ドルチェがめちゃくちゃ美味しいです!!
またしてもうっかり写真撮るの忘れたんですが、「クレームブリュレ」と
「ティラミス」食べました。両方共涙チョチョ切れるほど美味しかった~~!!
もしこのお店に行ったら、ぜひぜひ食べてみてください!おすすめですよ!

お腹いっぱい食べたあとは、お楽しみのショッピング…のハズだったんですが
この街のアウトレットモール、評判ほどじゃありませんでした…。
入っているブランドも大したことないし(マークス&スペンサーの服なんか
アウトレットでも買わんわい)規模も小さいしでちょっとがっかり…。
でも、ル・クルーゼのショップがあったので、そこで大きくて可愛い
ミキシングジャグを買いました。ま、わざわざまた行くことはないと思います…。
(ル・クルーゼの鍋とかは買っても結局使わないんですよね…。
だって、めちゃくちゃ重いし食洗機に入れられないんだもん~)

この日は一日中快晴だったので、気持よく過ごせました。
朝晩はもう肌寒くて、長袖じゃないといられないですが、
昼間は晴れるとまだ温かいので、嬉しいです~(^^
Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[行ってきた♪(イギリス国内)]  thema:イギリス - genre:海外情報
Henley-on-thamesでショップ巡り…のはずが
ここ数日、お天気に恵まれております。今日も一日お日様ポカポカでした
なので、テストが終わって学校が休みだった長女と、ちょっくらドライブに。
行ってきたのはHenley-on-thamseという小さな街でした。

P1080494.jpg
その名の通り、町の横をテムズ川が流れております。先週まで雨が続いたためか
水量は多め。ゆったりと見えますが、水の流れは結構早いです。

P1080478.jpg
街の中心部にある市役所兼インフォメーションの前から見たメインストリート。
結構な人が出てまして、駐車場もなかなかの混みようでした。
特に何があるわけでも無さそうな街なんですが、
何でもイギリス人には密かに人気のある場所だそうな…。

P1080490.jpg
上の写真の奥に見えるのがこの教会。「お静かに」と書かれた正面のドアから
中に入ってみると聞こえてきたのは賛美歌でもミサの声でもなく、掃除機の爆音…
思わず長女と顔を見合わせて苦笑しつつ、ふと見上げると光に透けたステンドグラスが。

P1080479.jpg
大聖堂などと比べようも無い、こじんまりとした教会ですが、
こういった教会の方が、気持ちが落ち着くので好きなんですよね。

とまあ、いかにもプチ観光に行ったかのようなことを言っておりますが
本来の目的は「アンティークショップ巡り」でございます!(やっぱりな)

P1080492.jpg
この街には何件かのアンティークショップがありまして、出来るなら
沢山見て廻りたかったのですが、グーグルでチェックした店の場所が
違っていて結局2件しか見つけられず…。タイムアウトとなったため
渋々帰宅の途についたわけでございます…うぬう…っ
上の写真は「Tudor house Antiques」という古ーい家をそのまんま使ってる
アンティークショップで、中はもうありとあらゆるアンティーク(というより
古道具)がぎっしり!!置いてある、というより詰め込んであると言った方が
ぴったりな感じ(笑)掘り出し物があるかも…と思って捜してはみたものの
なにせちょっとでも触り方を間違えると全部崩れてきそうで…
オマケに店の中は人一人がやっと通れるくらいのスペースしかないのに
後から後からお客が入ってくるもんだから、結局ゆっくりも見ていられず
諦めて退散いたしました…。今度は人があまりいなさそうな週中に来よう…!
他の一軒は「The Ferret」というショップ。何故か別のアンティークショップの
名前が併記してあって、危うく見逃しかけました…。店の外観写真も
時間が無くてちょっと慌てていたため撮るのを忘れてしまいましたが
ココでは長女がちょっとステキなヴィクトリアンの本立てを発見。
付き合ってくれたご褒美に買ってあげましたワタクシは
シルバープレートのシンプルめなケーキトングを購入~
他に、チャリティショップでオールドパイレックスのデバイテッドプレートを、
インテリアショップでリプロダクトのホウロウの歯ブラシスタンドをそれぞれ
買いました~。いや、結構楽しかったですが、まわれなかったショップに
激しく未練が残っているので、またリベンジしようと思っております!
Posted by Yun*ゆん
comment:8  
[行ってきた♪(イギリス国内)]  thema:イギリス生活 - genre:海外情報
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。