スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
スペインって凄い国だ…~その6~
さすがにほんのり書く方も辛くなってきつつあるこのスペイン旅行記ですが…(^^;「だったらやめろよ」なんてイケズ言わずにあともうチョットだけお付き合いのほどお願いしますv
(と言いつつ、3日分を一気に書いたので例のごとくメッチャ長いです。お時間のある方だけお付き合いください)

さよならセビーリャ空港
スペイン三日目、そしてセビーリャとお別れの日です。まだ暗いうちにホテルを出て、セビーリャ空港へ。「またいつか、必ず来るからね!」と心に誓いつつ、再びイベリア航空でバルセロナへと向かいました。

さて、三日前とは違いスムーズに荷物を引き上げ、レンタカーも借りてバルセロナ市内へと参りましたvでも、まだホテルのチェックインには早い時間だったので、中心街をうろつくことに。
駐車場に車を入れたんですが、この駐車場が噂通りで狭いの何の…。運転上手な旦那でさえ四苦八苦してましたタラー友人知人から「バルセロナはスリだらけ」と聞かされていた為、まわりのスペイン人が全部スリに見えるという副作用に見舞われつつ(笑)一番の繁華街ランブラス通りへ。で、次女が「お腹すいた」と騒ぐのでお昼前にもかかわらず、マックで食事…(レストラン探すの面倒くさかった…)その後再びランブラス周辺をうろうろしてたら、こんな場所に出ました。

バルセロナ「サン・ジュゼップ市場」「サン・ジュゼップ市場」です。ここはとにかく活気がありました。日本で言うと築地の魚市場か、アメ横って感じ?海老カニ他魚介類山盛りー!! 新鮮!しかも安ー!!主婦の血が騒ぎましたが、今買ってもドイツに帰ることにゃ腐っちゃってイヤ~な臭い放ち始めること間違いなしなので、我慢しました。悔しかった…!くぅ(悔しがるな)


バルセロナ「蚤の市」そして、こちらは大聖堂前で開かれていた蚤の市です!まさかやってると思わなかったので、見つけたときはまさに狂喜乱舞!ここでは、アンティークフォトスタンドとアンティークキーとクリップをGetしました~3はーと旦那と娘らには「執念だ…ママは執念で蚤の市を見つけ出したんだ…」と呟かれました(笑)しかしこの「蚤の市への執念」は翌日にも恐ろしい力を発揮するのです…ふふふ

 そしてこの後ランブラス通りをずっ~と歩いて、バルセロナ港にある『コロンブスの塔』に。向かうことに。それにしても、このランブラス通りって、彫刻に扮した芸人だかアーティストだかがやたらと多いんですよ~。冗談じゃなくて1メートル間隔くらいで立ってるの。普通の石像スタイルやら、海賊やら、妖精やら沢山いましたが、中にはこんな人も…。

 more...

スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[スペイン旅行記~セビーリャ&バルセロナ編~]  thema:スペイン - genre:旅行
スペインって凄い国だ…~その5~
いったいいつまで続くんだろう、セビーリャ二日目滞在記…(笑)
もはや我が家の記録日記という色合いが濃くなっておりますので、暇で暇でどうしょもない時にでも読んでやってください。
(でも書いてみたら結構短く済んじゃいました…/笑)

 さてー、セビーリャ二日目。観光馬車を降りた後、カテドラル近くの「慈善病院」に。
ここはお年寄りのための病院として1600年代に建てられ、併設された教会にはムリーリョと、バルデス・レアルの絵画があります。
 最初は特に行く気は無かったものの、上の娘に「バルガスの絵が観たい!!」とせがまれたので行ったのですが、なかなかどうして印象に残る場所でした。
慈善病院「つかの間の命」


バルガス作「つかの間の命」

バルガス「世の栄光の終末」

バルガス作「世の栄光の終末」




両方とも死を表現した作品で、リアルな残酷さの中に命の儚さを感じました…。ムリーリョの作品は「慈悲」をテーマとしたものでしたが、写真を撮り忘れてしまいました顔でも、一番印象に「残ってしまった」のは拷問を受け、はり付けにされる直前のキリストと思われるものっすごいリアルな彫像です。ひざまづき、両手を合わせて虚空を見つめているという、よくあるポーズですが、全身を覆う傷や、肉が見えるほど擦り剥けたひじやひざなど、思わず「そこまでリアルに作ること無いじゃんだー」と思ってしまいました…墓ドロドクロmoz(あまりにリアルで気持ち悪かったので写真も撮りませんでした)


 そしてこの後、またしても私は深~く落胆することになるのです… jumee☆Feel Depressed4

 more...

Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[スペイン旅行記~セビーリャ&バルセロナ編~]  thema:スペイン - genre:旅行
スペインって凄い国だ…~その4~
一つ前の記事のコメント欄に「今日中にUPします」とか書いておいて結局すぐにUPできなかった大嘘つきですがゴメンナサイm(__)m

 前回ま(以下略)

 念願のアルカサルをたっぷり午前中いっぱいかけて見学。正直旦那がここまでしっかり見てくれるとは思ってなかったので、嬉しい誤算でした。(その代わりコルドバには行けなくなってしまったんですが…。ま、コルドバとかモンティエルとかはいつか私一人でゆっくりと訪れたいと思います。絶対に)さて、アルカサルを出た後すぐそばに堂々と建つカテドラルへと向かいました。

カテドラルの遠景 このカテドラルはバチカン、ロンドンのカテドラルに並ぶ世界三大カテドラルの一つです。「正気の沙汰とは思えないほどの巨大なカテドラルを建てよう」という宣言の下、イスラム時代のモスクを基礎として1403年から約100年もの歳月をかけて建てられたそうですが、その言葉どおり一種異様とも言える外観と規模には本当に圧倒されました。

カテドラルの中カテドラル内のキリスト像catedral4カテドラル内祭壇
カテドラルの中です。とにかく、ものすごく広くて高くてずっと上を見上げてたおかげで首が痛くなっちゃいました…。 こんなすばらしいカテドラルを持つセビーリャですが、ドン・ペドロ1世は実はキリスト教国の王としては、非常にやんちゃだったようで王座についてから二度もローマ教皇から破門宣告されちゃってます(笑)
その間は王国内でのキリスト教関連の催行は一切禁止されていたそうです。(律儀に守っていたかどうかは分かりませんが)せっかくのカテドラルが…もったいない…(笑)

長いです…↓

 more...

Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[スペイン旅行記~セビーリャ&バルセロナ編~]  thema:スペイン - genre:旅行
スペインって凄い国だ…~その3~
前回までの(以下略)

 2007年12月27日、スペイン二日目の朝です。明日は朝からバルセロナに向かわねばならないため、午前中にアルカサル見学後、近くの小道にある「ドン・ペドロの首」という彫像を見てから午後にはコルドバに向かいメスキータ(スペイン語でモスクの意味)と、ドン・ペドロ1世に仕えたマルティン・ロペス・デ・コルドバという騎士の中の騎士が眠る教会に行く予定でした!
が!!
この日もトラブルの神様はしっかりと私の背中に張り付いていたらしく・・・。まあ、トラブルと言うよりは私の下調べ不足が原因なんですけどね涙アルカサル内部の見学スペースが予想より遙かに広かったこと&予想外に旦那がアルカサルに感動してハマってしまい、予想外にしっかり時間をかけて見られたこと(予想では旦那がすぐに飽きて「もういいから次に行こう」と言い出すと思っていた)&疲労が一日で回復するほど若くないと言うことを忘れていたこと(笑)などの理由により、コルドバ行きはあきらめることになってしまいました…だー
 「ドン・ペドロの首」もちょっと怖い思いをしたため断念。(後ほど詳しく書きます)予定が殆ど実現出来なかったという点ではこの日は踏んだり蹴ったりでしたが、最大の目的はしっかり果たせたので、良しとします・・・落ち込み
 というわけで、この日(12/27)のご報告!!朝7時に起きてホテルで朝食ビュッフェ。普通のコンチネンタル形式でした。味は…値段半額でいいんじゃないの?って感じ。とりあえずおなかを満たしたところで、セビーリャ市内観光に出発~♪今日も空は快晴です!

 

 more...

Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[スペイン旅行記~セビーリャ&バルセロナ編~]  thema:スペイン - genre:旅行
スペインって凄い国だ…~その2~
前回までのあらすじ(笑)
 2007年12月26日午後ドイツからトラブル続きで約8時間、憧れの国スペインはセビーリャに無事たどり着いたう~のすけ一家。スペイン特有の空気と暖かさに誘われてセビーリャの街中探索へと出かけていきましたが…!?

 ホテルの外に出たのはすでに4時過ぎ、カテドラルもアルカサルももうすぐ閉館してしまう時間でしたjumee☆Feel Depressed4でもまあ、とりあえずどこに何があるかを把握しておこうとウロウロすることに。
 んで、まず驚いたのが街路樹がオレンジの樹で、しかもオレンジがモリモリ生ってることでした(笑)だってこんなんですよ!絵文字名を入力してください噂には聞いていましたけど…びっくり。
セビーリャ街中オレンジ

拡大写真↓
セビーリャ街中オレンジUP

で、時々こんなものが落ちてます。
食べてる・・・
・・・・食べとる(笑)
 と、軽くジャブを喰らいつつ(笑)観光の目玉アルカサルやカテドラルのある中心部へ。
それにしても、この時期この時間ドイツはすでに薄闇ですが、さすがスペイン昼間のような明るさです。しかもコートの前をはだけて歩いても平気なくらい暖かいんですよ!ビバ南国。
そんな陽気の中テクテク歩いていると、突然アルカサルの「ライオンの門」が!!アップロードファイル
・・・・・・ぎゃーーー!!アルカサルだーーーー!!
一瞬目の前に現れたものが何か分からず沈黙。直後、思わず絶叫しそうになりました(笑)

アルカサル正門これですよ!これこれこれ!!長いことあこがれ続け、でも実際に見ることは叶わないだろうと思っていた「アルカサル」が目の前に!!おおおおおお!漫画(青池保子作「アルカサル-王城-」 秋田書店)に出てくる風景そのまんまだ~!本当に来ちゃったんだ~~!!!娘たちもさぞかし興奮しているだろうと思ったんですが、「ほらほら!!アルカサルだよ!ライオンの門だよ!!ドンさん(ドン・ペドロ1世)が作ったお城だよ!!」と大はしゃぎする母を非常に冷静になだめすかしてくれました・・・。オノレ今どきのお子様sめ…。
でも、非常に残念なことに、すでに閉館時間が迫っていたため中に入ることは出来ず…(係員は仕事終了間際の入場者を無情にも手で払って追い返してました。スペイン人は就業時間きっちりしか仕事しないって本当だったんだ…)でもまあ、おかげで観光客のいない門の写真を撮ることが出来ましたちな♪きっと、ドンさんが生きていた頃もこんな色の空が広がっていたんだろうなあ…。
 その後、周辺を歩き回ってカテドラルの位置なども確認し、喉が渇いたのでスタバ(・・・)で一休み。
セビーリャ夜の街
6時半過ぎ。ようやく暗くなった街の様子です。でも、人の姿はこれからどんどん増え始めます。小さな子供たちも親に連れられてかなり夜遅くまで出歩いていました。ドイツではあまり見ない光景にちょっとびっくり。

夜のカテドラル暗闇の中、ライトアップされたカテドラルです。手前の街頭がちょっと邪魔ですが、キレイでしょう?

 この後、さすがに疲れたしお腹も空いたのでどこかで食事をしてホテルに帰ろうという事になりました。ところが!!レストランは8時過ぎないと開店しないらしく、軽食を出すカフェも8時までは食事の提供はしないとのこと!半ば唖然としつつ、仕方なくホテルに戻りホテルのレストランで夕食をとりました。・・・・が、凄まじく高い値段とはどう考えても釣り合わない味にがっかり。部屋に戻ると色んな意味で一気に疲れが襲ってきましたが、頑張ってお風呂に入り、明日に期待をかけながらベッドに入りました・・・。
 続く・・・。絵文字名を入力してください
Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[スペイン旅行記~セビーリャ&バルセロナ編~]  thema:スペイン - genre:旅行
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。