スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
君はアルプスで「クララが立った!」と叫ぶことが出来るか!?~スイス&ちょこっとフランス旅行日記~その8
やっと…やっと終わりますよ!スイス旅行記!!ホント長くて申し訳ないっ!!でも、今回で終わりだから!もうアルプスで叫ばなくていいから!(笑)クララが…え?いいからとっとと始めろ?あそっか。ゴメンゴメン。

 さて、フランスはアルザス地方の小さな町「Colmar(コルマール)」ですが、本当にステキな町でしたv特にものすごい目玉の観光スポットがあるわけでは無いんですが、なんというかのんびりとした雰囲気や、ふんわりと温かな空気が町全体に漂っている感じで、とってものどかで静かな気持ちになれた気がします。
 その原因は…。

コルマール「街角の風景」
 家々の壁のなんとも言えない柔らかな色。そこここに伸びる小さな路地。長い間踏みしめられて丸くなった石畳。そこをゆっくりと歩く人々の表情。
そういう風景全てがこの町の穏やかな空気を作り出しているのかもしれません。
橋からホテル
 川沿いの地区は「Petite Venise(プティット・ヴニーズ/小ヴェニス)」と呼ばれ、ドイツの建築文化の影響を受けた木組みの家が立ち並ぶステキな地域です。私達の泊まったホテルもここにあります。写真中ほど、ピンク色の壁の可愛らしい建物がそれです。
コルマールのホテル私達の泊まった部屋です。ホテルは500年以上の歴史を持つ古いものですが、建物内部は清潔で可愛らしく整えられていました。部屋にはクーラーも付いてて、とっても快適でした~。夕食はホテル1階の雰囲気のあるレストランを予約したんですが、スタッフの対応は洒落てて気が利いてるし、お料理もとても美味しくいただけましたはーと3つソムリエが選んでくれたワインが余りに美味で、普段飲めないのにグイグイ飲んでたら酔っ払っちゃって部屋に付くなりトイレに直行するハメに…がっくりせっかく美味しいフランス料理食べたのに…も、もったいない…っ(さいてー)

 とまあ、ステキなロマンティックホテルでもおっぺけぶりをいかんなく発揮しつつ、就寝。そして翌朝、酔っ払った勢いでガーッと寝たためか、すっきり爽やかにお目覚め(笑)事前に情報を得ていた蚤の市に向かうべく、人影もまばらな早朝の町へ出発~。極度の方向音痴であるワタクシを心配してか、ダンナも一緒についてきてくれましたえへっ

 ところが!!


 more...

スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[スイス旅行記]  thema:ヨーロッパ旅行記 - genre:旅行
君はアルプスで「クララが立った!」と叫ぶことが出来るか!?~スイス&ちょこっとフランス旅行日記~その7
さて、いい加減そろそろどうでもよくなってきたのではないでしょうか?(笑)え?そんなことない?続けてもいいですか?あそ?ホントに?んじゃ、遠慮なくスイス旅行5日目でございます~ちな♪

 この日も朝からよく晴れておりました~。ホテルのチェックアウトを済ませ、(このホテルはサービスで手作りジャムや果物などを袋に入れてお土産として持たせてくれるんですv)まず向かったのは「Lauterbrunnenラウターブルンネン」という小さな観光地。街自体は氷河に削られたというU字型の谷底にあるホントに小さい街です。

シュタウプバッハの滝ココでの目当てはヨーロッパ第二位の落差を誇るという「シュタウプバッハの滝」。スイスの旗の左側、崖の岩肌から噴き出すように水が流れ落ちているのが分かるでしょうか。すごいですよね。このスケール!街のどこからでも見えるんですよ~。この周辺には大小あわせてなんと70以上の滝があるそうで、だからこの街の名前も「Lauter(音の大きな)brunnen(泉)」というのだそうです。

 次に行ったのはシュタウプバッハの滝から車で少し行った所にある「トリュンメルバッハの滝」。
ココはホントに凄かったですよ~!まあ、とにかく写真見てください。

 more...

Posted by Yun*ゆん
comment:2  
[スイス旅行記]  thema:ヨーロッパ旅行記 - genre:旅行
君はアルプスで「クララが立った!」と叫ぶことが出来るか!?~スイス&ちょこっとフランス旅行日記~その6
 え~…気がついたらスイス旅行の続き…全くUPしていないことに気付きまして~…いえ!決して決して忘れていたわけでは…っ!





 ごめんなさい

 いやまあ、別に誰も心待ちになんかしてないとは思いますが…。ブツブツブツ…(卑屈)

 なんだかもう既にずいぶん薄れてきてる記憶をなんとか呼び覚まし、続き書きます!頑張れ自分!!(笑)ではでは、スイス旅行4日目の後半(前半は9月15日分に)スタート~jumee☆DaNcE2

Gruntからの可愛い電車これはGrundで乗り換えた可愛い電車です。逆光になってしまってよく分からないんですが、この電車のカラーリングってばワタクシの大好きなクリーム×グリーンなんですよぉうキラキラ

すれ違った観光登山電車この電車も登山電車でして、のどかながらもかなりの急勾配をズンドコと登ったり降りたりした…と思います…(き、記憶が…っ)写真は途中ですれ違った観光電車。手を振ったらおじいちゃんとかおばあちゃんが手を振り返してくれました~おーい

さて、そんなこんなでグリンデルワルトに到着。ちょうどお腹も空いたので駅前のレストランに入ることに。ここで食べた白身魚のフリットがメチャクチャ美味しかったです!!ホント!湖で捕れる淡水魚で「スズキ」によく似た魚らしいんですが妙な生臭さもなく、ペロッと平らげてしまいましたちな♪もしグリンデルワルトに行くことがあったら、是非寄ってみてください!ホントに駅の目の前(というかホームから直接入れる)のレストランです。日本語メニューも置いてありました。
 そうそう、日本語メニューといえば…。ここのウェイターさんが私達の顔を見るなり何の躊躇もなく日本語メニューを持ってきてくれたので不思議に思い、「なんで日本人って分かったの?中国人とか韓国人とは思わないの?」と聞いてみたところこんな答えが。
 「ん~、実はちゃんと見分けてるわけじゃなくて、アジアからのお客さんが来たらとりあえず日本語メニューを出してみるんだ。それで、読めないよって言われたら英語メニューを出すわけ。」
 Ah so~(笑)思わず納得して笑っちゃいました。そりゃそうだよね、見分けなんかつかないよね~(笑)

 お食事後、ホントはこのグリンデルワルトでちょっとのんびりしたかったんですが、あまり時間が無かったため断念。再び電車に乗ってインターラーケンオストに戻り、そこからトゥーン湖を渡る定期連絡船(とは言っても船内でディナーも食べられます)に乗ってホテルのあるSpiezへ。
 この船、次女が大の船嫌いで「揺れるからイヤだ!絶対酔う!沈んだらどうする!(・・・)とにかくイヤだ!!」と言い張るのを「せっかくスイスに来たんだから」と無理矢理説得して乗ったんですが、出発した直後から暗雲にわかに掻き曇り、あれよあれよという間に大雨&強風、更には雷まで鳴り出す始末…。船もこれまた揺れる揺れる…。
 「ほらね…だから言ったじゃんよ~…鬼火」酔っちゃって怒鳴る気力もない次女の、腹の底から搾り出すような怒りの言葉に到着するまでの約1時間半、ひたすら謝り続けた父と母と姉でありました…顔

 ホテル到着後、まだまだ明るかったので周辺をお散歩。ここでも凄まじくでっかいナメ野郎に遭遇して飛び上がったり、草っぱらにポツンとたたずむでっかい黒猫に驚かされたりと落ち着きのないリゾートライフを楽しみつつ、これで4日目は終わりでございます~。 
 でもなあ…なんか忘れてる気がするんだよなあ…。なんだっけなあ…。お、思い出せない…。まあ、思い出したら追記します。なんだっけなあ…絵文字名を入力してください

 さあ、明日はSpiezを後にフランスのコルマールへと向かいます!なるべくちゃっちゃと(記憶が飛び切る前に/笑)更新しますので乞うご期待!!
Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[スイス旅行記]  thema:ヨーロッパ旅行記 - genre:旅行
君はアルプスで「クララが立った!」と叫ぶことが出来るか!?~スイス&ちょこっとフランス旅行日記~その5
さてさて、ダラダラ~と続いておりますが皆様いい加減飽きてこられたのではないでしょうか(笑)でもまだ続きます(ハイそこブーイングしない)
 スイス4日目は車ではなく電車&船を使って観光してまいりました音符今日の目的地は「山」でございます。せっかく大自然豊かな国、スイスに来たわけですから、山に登らないわけには参りません!スイスと言えば山。山と言えばアルプス。アルプスと言えばアイガー!そう、多くの登山家を魅了して止まないアイガー北壁!!命知らずのう~のすけ一家は今まさに、その壁に挑む・・・!・・・わけもなく(なんなんだ)、その隣のメンヒ(標高4099m)…の隣のユングフラウ(標高4158m)…の麓(おーい)メンリッヒェン(標高2239m)に電車と登山鉄道使ってハイホーハイホー行って参りました~。
 この日は朝からよく晴れてて、「おお!登山日和じゃんね~jumee☆DaNcE1」なんて浮かれてたんですが、出発点のSpiez駅で初っ端からプチアクシデンツ!待てど暮らせど電車が来ない~!!電車は予定時刻を大幅に遅れて(約30分)到着しましたが、ホームには「遅れます」と言う簡単なアナウンス以外説明も何もありませんでした…。ドイチェ鉄道同様スイス鉄道、お前もか…ほほう

メンリッヒェン途上 世界の車窓からこちらSpiezからインターラーケン・オストInterlakenOstに向かう途中の景色です。「世界の車窓から」みたいな風景ですね(笑)インターラーケン・オストの駅から一路「登山電車」でヴェンゲンWengenに向かうのですが、この電車が凄いんですわ。

登山電車 歯車線路これ、レールの真ん中にギザギザの歯が並んでおります。モノっすごい急勾配を上っていくので途中で滑り落ちたりしないよう、歯車式になってるんですね。私達が乗った時、ものすごい混んでてドア付近のステップにずっと立っていたんですが、体、ずっと斜めになっておりました(笑)
さてさて、そんな状態でも窓の外の絶景を楽しみつつ、30分ほどでヴェンゲンに到着。そこから更に「下見たら泣きたくなる」くらいの高所を行くロープウェイに乗って最初の目的地メンリッヒェンに到着!ここがね、そりゃもうね。凄かったんですよ!!

どうすごいか見たい?見たくない…あっそ。そんなコト言わずに見て!!ホラホラ!!

 more...

Posted by Yun*ゆん
comment:2  
[スイス旅行記]  thema:ヨーロッパ旅行記 - genre:旅行
君はアルプスで「クララが立った!」と叫ぶことが出来るか!?~スイス&ちょこっとフランス旅行日記~その4
ホテル窓から湖Spiezのホテルのバルコニーから見た湖。ちょっぴり遠い感じですが、歩いて5分くらいで畔まで行けます。

Spiezホテル部屋私達が泊まったお部屋です~。なんかすっごいモダ~ンな作りで、この洗面台とベットの間にはなんと仕切りがありません。顔洗う時とか気をつけないとベットまでしぶきが飛んできます…その他にもトイレのドアが全面曇りガラスだったり、上下が開いてるので音とか筒抜けだったり…(なので、私はエレベーター使って地下のトイレまで行ってました…)絵文字名を入力してください
お洒落と言えばお洒落でしたが、なんとな~く落ち着かなかったです…顔


 このSpiezという町ですが、場所的に言うとスイス中央部辺りにあるThuner-see(トゥーナーゼー)という湖のほとりの、こじんまりとしたのどかな町です。ホテルから歩いて5分くらいで遊覧船の船着場まで行けるんですが、このすぐ傍のイタリアンレストランのピッツァ・マルゲリータと、グレープフルーツシャーベットが無茶苦茶美味しかったです!ウエイターさんのてきぱきさ加減も素晴らしかったわ。
ここのレストランには結局3日間の滞在中、2回も夕食食べちゃいましたちな♪うまうま。
 
 Spiezでの初めての朝はのっけから快晴で、起きてカーテン開けたら目の前に広がるのは山と湖!朝食はそれらが見渡せる大きな窓のあるカフェテリアで。おほほほほ。
 ・・・ギャー!!優雅ーー!!セレブな気分だわーー!!jumee☆LoVe1←こんな風に小躍りしてる時点でセレブ失格。てゆーか、あくまで「気分」だけなとこが所詮庶民オブ庶民。
 と、朝から庶民パワー大爆発させつつ、一路本日の目的地「ルツェルン」へ。
そうそう、ルツェルンに向かう前にこの町の薬局でシップを買ったんですが(Bernのホテルのベッドが合わなかったらしく首の後ろをいためてしまったのです…)、ここの髭のジェントルなおじ様がとても親切に相談に乗ってくれて、とてもよく効くシップを選んでくれました
ドイツには売ってないシップなんですが、その効きの良さたるや、この町を離れる日に再度このシップをまとめ買いに行ったほど(笑)で、その時またこのジェントルなおじ様とお話したんですが、なんとこの方数年前に日本に行った事があって、バイクで日本縦断をしたんだとか!!日本のどこが好きだとか、何を食べたとかそんな話でひとしきり盛り上がり、「今度Spiezに来たらまたシップ買いに来てね!」だって(笑)うん!また来るからね!覚えといてね~!!ってお別れしましたよ。楽しかったちな♪

 そんなこんなで元気にルツェルンへ。
やぎさん途中のドライブインの敷地内で飼われてたヤギさんズ…。何故ドライブインにヤギ…(笑)写真を撮ろうと近づいたら寄ってきて「エサくれ」て見つめられてしまいました(笑)
ヤギの目は怖いです。だって瞳孔四角いんだもん…ひいっ。

四森州湖遠景山道の途中にあるビューポイントからVierwald-staetter-see(四森州湖)を望む。この時はチョット雲が出てしまっていたんですが、それはそれでまた幻想的な雰囲気が漂ってて良かったです3はーと
娘らと「あの雲の間からドラゴンとか舞い降りてきたら最高だよね~!!」とかはしゃいでました(笑)母娘揃って中世ファンタジー大好きなので、こんな景色はもうたまりません。


なんてコトしてるうちに到着です。ルツェルンはVierwald-staetter-see(四森州湖)の北西にある古い街で、ルツェルン州の州都でもあります。この町で特に有名なのが、湖から流れ出るロイス川にかかる二つの屋根つき木橋「カペル橋」と「シュプロイヤー橋」です。
カペル橋この写真は「カペル橋」です。三角屋根の一見可愛らしい塔は過去には拷問塔として使われていたこともあったのだとか…。こわこわ…。マジですか
曇っていたのでイマイチ色が綺麗に出ていませんが、橋の外側には可愛らしい色とりどりのお花がF☆Cultivation・さくら2

ルツェルン シュプロイヤー橋そしてこちらがもう一つの橋「シュプロイヤー橋」です。下のほうのモザイクは気にしないで下さい。ウチの子ザルと子ブタでございます(笑)


シュプロイヤー橋絵2で、上の方にずっと連作になっている板絵がかかっているんですが、これは17世紀、ペストが流行った時に描かれたもので死を題材としているそうです。その名も「死の舞踏」。骸骨の姿をした死神なのですが、どことなくユーモラスな印象も受けました。

 お昼ごはんもこの街で。ガイドブックに乗ってたレストランを選んだんですが、お味は可もなく不可もなく…。量だけは相変わらず多くて、食べきれず残してしまいました…。ごめんなさい(反省)
 ルツェルンの観光は橋だけじゃなくて中世時代の要塞壁の一部や殉死したスイス傭兵の追悼碑である「死に瀕したライオン」などもあるのですが、あまり食指が動かず。
 お昼食べた後に「イエズス教会」を見に行ったんですが、何故かこの日は閉まってて中に入ることができませんでした…うううjumee☆Feel Depressed4で、このあと少し街を散策。セール中のお店が多かったので、ちょっと服とか帽子とか買っちゃいまして、3時ごろに街を出ました。

滝1戻る途中で見つけた景色。真ん中に写ってる白い筋のようなものは断崖絶壁を流れ落ちる滝です。そのすぐ近くには普通に小さな集落が。他にもこういった滝がアチコチにあるようですが、日本じゃなかなか無いですよねえ~。
 ちなみにウチの旦那、何故か昔から滝と名の付くものが大好きでございまして…。結婚前からよく滝を見につれてってくれましたっけ…。今回の旅行でもスイス最終日にでっかい滝を見に行っております。コレはホントに凄かったので、プチお楽しみに~絵

 この日はホテルに戻った後、街のスーパーで湯沸しポットを購入。え?なんで旅先でポットだ?いえね、外食に飽きたりあまりお腹が空いていない時のためにカップラーメンを持ってってたんですが、ホテルで湯沸しポットを貸してもらえず。でももう家族全員完全に「カップラーメンモード」だったため、勢いあまって買っちゃったんです…。でも結局使ったのは一度だけ。しかもプラグの形がスイス仕様…(他の国では使えません)結構高かったのに…。がくー落ち込み
 皆さんも旅先でポット買う時はよく考えて買いましょう。・・・・え?旅先でポットなんか買わないってーの…?そうですよね…。あはははは…。(ちゃんちゃんふるーつ☆Cultivation・笑(小)


Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[スイス旅行記]  thema:ヨーロッパ旅行記 - genre:旅行
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。