スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yun*ゆん
 
[スポンサー広告
六ヶ月かけて
やたー!!やぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっと直りましたよ!玄関のドアが!!
え~、覚えてる方いらっしゃるでしょうか。コトの起こりは時を遡る事半年前、去年の8月。楽しい旅行から帰ってみたら我が家の玄関ドアが何故か歪んでいたのでございます・・・うひっ(詳細はこちら
 んで、即刻修理会社に連絡をしたけど、実際に見積もりを取りに来たのは約一ヵ月後。それから一ヶ月間連絡無し!催促に催促を重ね、やっと連絡が来たと思ったら「すんませーん。前に取った見積書無くしちゃったんで~、も一回見積もり取りに行きまーす」と言われ、その見積もりも一度ドタキャンされて(詳細はコチラ)、結局南極新年を迎え、それでも来ない修理会社に「も~半分どーでもい~や」状態になってたんですが、私達が転居すると大家に連絡入れたとたんに大慌てで「ドアの交換に伺いますので」と連絡よこしてきやがりました。
しかも日にち指定はアチラから。




私がゴルゴじゃなかったことを幸運に思うがいい! 
もし万が一私がゴルゴなら確実にやっとるぞ!!ゴルゴなら!確実に!!
ぜーっぜーっぜーっ




で。そんなこんなで。
昨日修理屋がやってきたわけです。
約束の時間の4時間後に。





ほほう
もうココまで来るとゴルゴも出ませんわ。何でもいいから早く直してください、って感じで…。
日本じゃ考えられませんけどね。ええ。日本じゃね…。すごい国だよ日本って。いやホントに…(ため息も出ないよ…)
んでまあ、とっとと直るのかと思ったら、持ってきた新しいドアをはめ込む段階になって、なにやら玄関ホールから盛大なため息が。続いて何かを持ち込む物音。そして突如として家中に響き渡る工作機械の爆裂音!!
なにごとーーーー!!??マジですか

慌てて覗きに行った私の目に飛び込んできた光景は

我が家の玄関ホールで新しい玄関ドアの上下を必死に削っとる作業員のおっちゃんの姿でした…。 



絵文字名を入力してください



絵文字名を入力してください

もう・・・なんでもいいけど…頼むからドアだけはちゃんとはめてってください…(泣)

と、いう具合に、半分マジで泣きが入りそうになりましたが、その後どうにか無事ドアははまり、おっちゃんは「いやー、ドアのサイズがちょっと合わなかったけど俺がちゃんと削って直したから大丈夫!ほら、ちゃんと鍵もかかるよ!!」となんだか妙に誇らしげにアピールして帰って行きました…。うん。ありがとう…。ドアに鍵がかかるのは、玄関ドアとしては基本だけどね。うん…。

こうして我が家の玄関ドアは無事直りました。半年振りに。

お母さーん!コレで安心だよー!!(笑)

それにしても、日本以外の国に住むと言う事は、ホントに忍耐力の要ることだなあ…と思ったのでした。
・・・・・どっかにゴルゴ、いないかなあ…(笑)
スポンサーサイト
Posted by Yun*ゆん
comment:0  
[これがドイツだーーー!!
今頃になって
 昨日、ダンナのオフィスに「ドア屋」から「来週行くからちな♪」と連絡があったそうです。





「行くからちな♪
じゃねぇ!おいっ

 そーです!件の玄関は未だに!未だに直っていないんです!!歪んだの去年の8月ですよ!?(「件の玄関」という文字をクリックすると以前の記事が別窓で読めます)
それからずーーーっとずーーーーーっとプッシュしまくってんのに「見積書なくしたからもう一度見積もりに行く」とか「タイヤがパンクしたから行けなかった」とか「担当者が休みに入っちゃったから二週間後じゃないと連絡が取れない」とか「昨日行ったのに居なかったから」(連絡も無しで突然来たらしい)とか、こっちを舐めきってるとしか思えんドふざけた態度でのらりくらりと仕事しなかったくせに、こっちが転居することを大家に伝えた途端(ホントに大家に連絡後30分以内にドア屋から電話があったらしい)慌てて直しにくるってどういうことだ!!
し・か・も、
勝手に「来週」とか決めんなーーーーーー!! 

 まったくもう!他のたいていの事に関してはあまり気に留めないワタクシですが、仕事なのに約束を守らない、責任をとろうとしない、自分たちの都合だけで動くというこの態度にはホトホト愛想が尽きます。マジで。
 でもね、今度行くイギリスはもっとすごいらしいけどね…。実際イギリスに住んでた方、住んでる方、いらっしゃいましたらどんなんだったか教えてくださいませんか?今から心の準備しておきたいので…顔

 本日のアンティークス紹介はこの記事の下です。お時間ある方は読んでやってくださいまし音符
Posted by Yun*ゆん
comment:4  
[これがドイツだーーー!!
アンティークスの大移動 ☆ゲルマン(ドイツ)だけに☆
タイトルの意味ですが…あえて突っ込みは無しの方向でお願いします。てゆーか多分きっと誰も気に留めないね。そーだよね。うんそーだ。(一人芝居)

 と、アホな独り言から始まっておりますが、久しぶりにちゃんとタイムリィに記事書いてます。
昨日、「8月」に壊れた玄関ドアを修理するために、修理屋が「再び」見積もりに来るというので朝からずーーーーっと待っとったんですが、結局来ませんでしたほほう
そもそもですね、既に一度見積もりは取っているんです。玄関ドアが壊れ、修理屋に連絡入れてから一ヶ月くらい経ったころにねっ。んで、その後何度も何度も何度も何度も連絡入れて催促しまくり、先週ようやく連絡が来たかと思ったら

「もう一度見積もりに行きます」




なんだと?絵文字名を入力してください





「前にとった見積もり、どっか行っちゃったんで」





なんだそりゃぁぁぁ!!なにぃ

とにかく、とっととやってもらわん事には年越してしまうので「何でもいいからはよ来いや」と伝え、28日に「29日の昼頃に行く」と連絡が来たので待ってたわけですよ。
 
 んでね、昼過ぎても来なかったけど、2~3時間の遅れなんて普通なので(日本じゃ考えられませんけどね)買い物行きたいのも我慢して待ちましたよ、3時まで。
 で、それでも来ないのでダンナに電話で「今日はもう来そうに無いから、買い物行ってくる」と伝え寒空の下チャリに乗って自宅から数分走ったところに携帯の着信音が。
ダンナ「今業者から電話あって30分以内に行くって。家に戻って待ってて!」

・・・・ぬぅおりゃぁあぁぁっ!!(#ノ`皿´)ノ…━ ┫:・’.:: 

とかなりつつも、ちゃぶ台返してても仕方ないのでUターンして家に戻り待つことに。








 more...

Posted by Yun*ゆん
comment:10  
[これがドイツだーーー!!]  thema:海外生活を楽しもう! - genre:ライフ
理由
蚤の市戦果報告を…(その前にスイス旅行記は!?という突っ込みはナシでお願いします/笑)
と思ったんですが、ちょっとその前にコレはどうしても書いておきたいと思ったことがあったので…。

 今、娘たちが通っている学校では運動会の練習の真っ最中です。その練習の中で「笛(ホイッスル)」を使ってリズムをあわせる、というものがあったのですがある理由で「笛」の使用をやめることになりました。
 ご近所に住むご年配の方から「一生懸命練習しているのに申し訳ないんだけど、笛を使うのは止めてくれないか」という電話があったそうです。その理由とは…

 more...

Posted by Yun*ゆん
comment:6  
[これがドイツだーーー!!
ドイツの中の日本
Germancomic1 問題です。このマンガ、何処の国のものだと思いますか?この絵は日本だろ~。でも、最近は韓国の漫画家も日本人の漫画家とそっくりの絵を描くからな~…なんて思っいました?
 と~こ~ろ~が~。
なんとこれ、Mede in Germany なのです…!ガーンこれ描いてる漫画家もドイツ人の女性で、中身のセリフも当然ながら全部ドイツ語…。

Germancomic2ほらほら。
コレを本屋で見つけた時は驚いてしまいました。時々見かけていた「日本風マンガ」はお世辞にも「上手」とはいえないものが多くて、頑張っているけどまだまだだな~・・なんて偉そうに思ってたんですが…。これ見た瞬間正直「すごいなあ。偉いなあ」と思ってしまった…。だって、最近の日本の若い漫画家(本当なら漫画家とは呼びたくない)よりよほど絵の勉強をしているなぁと思いますもの。デフォルメを効かせたデッサンも、表現方法もとてもよく勉強しているなと。 まあ、それらもまだまだ模倣の域を出てはいないし、肝心の話の中身は展開が唐突だったり説明不足だったりしていて読みにくく、もうちょっと修行して欲しいとも思いますが…。(日本の最近の漫画家にも声を大にして言いたい)

 ドイツの若いコ達の間では日本のマンガをはじめとするサブカルチャーは「とってもCool!」だそうです。なので、休日ともなると街中には日本のアニメキャラやバンドメンバーを意識したコスプレもどきの若いコ達がゾロゾロ歩いています。
 そういうコ達を見るにつけ対象が何であれ、日本に興味を持って、「好きなもの」として受け入れてくれていることをとても嬉しく思うんですが、同時に何故かほんのりとした気恥ずかしさと言うか申し訳なさみたいなものも感じたりしているのです…顔なんなんだろう、コレは…。
 
Posted by Yun*ゆん
comment:0  
[これがドイツだーーー!!
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。